逢坂誠二は再婚?嫁と子供は?UFOの見解は?家族はニセコ?

2019年2月19日

政治家として活躍の逢坂誠二氏。

 

 

正確な「逢」の漢字は、部首が「⻍」ではなく「⻌」なんですって。

 

多くのパソコンで、変換文字がでてこないということで、仕方なく(!?)「逢」を使っているもようです…。

 

 

<ads by google>

 

 

では、本題です。

 

逢坂誠二再婚してる

 

逢坂誠二氏はなぜか「再婚」ワードで検索されているのですが、再婚はされていないようです。

 

女性の再婚にはこれまでは離婚後、半年・6ヶ月以上経過しないと再婚できないという決まりがありました。

 

その後、離婚後100日以上短縮されました。

 

これには縛りが一つあり、「離婚時に妊娠していないことを医師が証明した場合」という一文がつきます。

 

離婚後すぐに結婚が許可されると、どちらの旦那の子供かわからないという事からこれまで半年という期間を設けていました。

 

しかしながら、近年はDNA判定もありますので、それほど日数にこだわる必要がないのでは?と個人的に思います。

 

結婚期間内でもすでに関係が破たんしていて、他の異性とという話も多かれ少なかれではないでしょうか?

 

逢坂氏はこの再婚に関する法案について答弁に立ったことがあったようで、そのために再婚ワードでも検索されているようですね。

 

 

<ads by google>

 

 

嫁や子供はどんな人?

 

逢坂氏のとの結婚時期や子供がいるのか?などいろいろな方面から調べたのですが、「皆無」といっていいほど、情報が見当たりませんでした。

 

逢坂氏自身は世襲ではないので、自身の地盤を引き継ぐのは必ずしも、自身の子供というわけではなさそうですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

UFOの見解は?

 

逢坂氏は、2018年2月27日に以下の内容の質問主意書を出しました。

 

未確認飛行物体(UFO)の襲来に対し、「武力攻撃事態」や「存立危機事態」と認定して自衛権を発動する可能性は?と。

 

与党側も「既読スルー」というわけにはいきませんので以下のように回答しています。

 

「わが国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」と。

 

これまでUFOに対する見解を出している政治家というと、故)町村信孝氏石破茂氏が「絶対いないとは言えない」という趣旨のコメントをされています。

 

何事にも準備は大切と思いますが、もっと他に議題なかったのでしょうか?

 

 

<ads by google>

 

 

家族ニセコ

 

逢坂氏はニセコ生まれ。

 

元々はニセコの役場にお勤めされていました。

 

ご両親は全くニセコとは無縁だったそうで、逢坂氏がニセコ町長選に出馬した時には当初票集めに奔走したようです。

 

1994年11月から2005年8月までニセコ町長(3期)を務めていますが、2期以降は無投票で当選されています。

 

町民本意の政治をされたので、人気があるのでしょうね。

 

今回はここまでです。

次の記事もおたのしみに!