中山泰秀議員イスラム対応は?夫人は?母親は?ハーフなの?身長は?

日本の政治家として活躍の中山泰秀さん。

1

2015年には、外務副大臣としての活躍もされています。

父親は、元衆議院議員の中山正暉さん。

2

祖父、父親ともに三代に渡る衆議院議員に就任している家系です。

では、本題です。

中山泰秀議員イスラム対応は?についてです。

2015年1月、「イスラム国」を名乗るグループが、日本人2人を人質に、身代金や捕虜との交換など要求をしています。

2015/1/26より、「イスラム国」ではなく、「ISIL(アイシル)(イラク・レバントのイスラム国)」という呼称を使うよう自民党内では決めたようです。

「イスラム国」という呼び方では、日本が国として認めている印象を与えてしまうためなのだそうです。

事の発端は、安倍首相が2億ドルの支援をしたこととも言われていますが、使途は「ISIL(アイシル)」によって迫害された人・地域の人道的支援にと言う話が理解されていないようです。

副大臣という立場ですが、現地入りし、人質となっている日本人の近いところから指揮を執るという重要な立場です。

なんとしても、人質の無事の帰還を願うばかりです。

地盤の安定した世襲議員といわれがちでしたが、それを払拭できるような指揮と結果がでることを望みます。

続いては、夫人は?についてです。

中山議員は、2003年9月に結婚。

夫人は、大手ゼネコンの大林組に勤めていた方なのだそうです。

出会いは、中山さんの初出馬の際に電話番をしていたそうですが、特にその時はお互い意識することはなかったようです。

たまたま、それから8年後の父親の叙勲祝賀会でであったことで、結婚に至ったそうです。

入籍の翌月の10月末に披露宴予定でしたが、28日に衆議院が解散となり、選挙活動のため延期となりました。

夫人の大きな支えもあり、その選挙では無事当選でき、良い船出となったようですね。

<Ads by Rakuten>

母親は?についてです。

母親は英字新聞の記者だったそうです。

母親の影響で、幼いころから英語には慣れ親しんでいたそうです。

今どきの政治家は、英語ぐらい話せる方でなくては・・・ですよね。

続いては、ハーフなの?についてです。

まず、結果からお伝えしますと、ハーフではありません。

中山議員のひいおじいさまが、イギリス人なのだそうです。

 ハーフで1/2、クォーターで1/4なので、ワンエイス1/8(one eighth)というのかな?

少々英国紳士の混血なのですね。

続いては、身長は?についてです。

身長は、探しましたが、不明でした。

2

安倍首相の身長が175cmと言われていますので、165cmぐらいでしょうか?

やや小柄ですね。

今回はここまでです。

これからも、中山泰秀さんが国民のために活躍してくれることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!