高須克弥のツイッター・資産は?何の癌?西原恵理子は嫁?昔の顔は?

医師として活躍の高須克弥医師。

ツイッターのアカウントは「@katsuyatakasu」。

フォロワー数はなんと40万人をこえています。

ツイッターのプロフィール画像には、チベット仏教にて一番高位にある、ダライ・ラマ14世と仲睦まじく写る画像が使われているのが印象的です。

様々なジャンルに、数多くの人脈があるのは、やはり高須克弥医師の人望の厚さを感じます。

では、本題です。

高須克弥氏の資産は?

様々、寄付やスポンサーになられていることから、下世話ですが「資産額」も気になるところ。

34歳の時にはすでに全国13か所にクリニックを設立されていたそうです。

主な収入源としては、この美容整形のクリニックからの収入の他、介護保険施設の運営、メディアへの出演、美容関連・生き方のヒントなどの書籍などの印税など多方面にわたります。

しかし、人生においてすべてが順風満帆だったわけではありませんでした。

バブルがはじけてしまった時には、およそ100億もの借金を抱えることとなりました。

また、1998年には「所得税法違反」で起訴され、国内での医療行為を1年間禁止されてしまいました。

しかしそんな逆境を跳ね返すかのように、この間、最新の美容技術を習得・研究のために世界を巡ります。

「ヒアルロン酸」「ボトックス」などのプチ整形も高須医師が海外で勉強し、日本に持ち込んだそうです。

その努力の結果、美容業界で大成功をおさめ、先ほどお伝えしたバブルがはじけた時の借金もなんと10年で返済したといいます。

明確な資料はないのですが、ご自身の発言などから年間、50~60億の収入があり、総資産額はおよそ150億円?といわれています。

高須克弥医師には、息子が3人いますが、遺産分与は行わず、生きている間に人のためになることにお金を使ったり、寄付することで使いきるのだそう。

息子さん3人とも、それぞれ活躍されているので、親の遺産をあてにはせず、父親同様自身で努力し、しっかり稼がれているので、遺産でもめることは一切なさそうですね。

何の

2018年9月に自身が「全身ガン」であることを公表しました。

しかし、2014年にすでにガンが見つかっていたのだそうです。

人間ドックで血尿であることがわかったことから、細胞診の検査へ。

自分の病気を「膀胱がん」か「尿管がん」か「腎臓がん」だろう…と推測。

結果、全部だったそうです(泣)。

同じく全身ガンと闘病していることを公表しいた女優の樹木希林さんの活躍に心を動かされたそうです。

高須医師の「全身ガン」に対する考え方は、楽観的に感じました。

日本ではガンは二人に一人が罹る特別な病気ではないこと、心筋梗塞や脳卒中と違い突然命を落とすわけではないこと。

現在の治療は、まだ厚生省に認められていないいわゆる「治験」の段階の治療を行っているのだそう。

自身の血液からがん細胞を攻撃する成分を培養し、再び自身の体内に戻すという治療。

美容だけでなく、がん治療に関しても自身が実験台になるという潔さ。

高須克弥医師一人で、日本における複数の医療技術・治療法が向上しているのですね。

<Ads by Rakuten>

西原恵理子入籍は?

高須克弥さんのパートナーというと、マンガ家として活躍の西原理恵子さん。

代表作の一つに「毎日かあさん」があります。

個人的な感想としては、主婦業務、子育てにやや疲れ気味の時に拝見しますと、共感して笑ってしまい、元気になれる本だと思います。

半面、時として舞台となる学校(当時長男が通っていたという小学校)側からは書かないで欲しいといわれたことがあったそうです。

文化庁や手塚治虫文化賞などの数々の受賞歴があることから、アニメと言えども内容・完成度の高い作品であると一般的にも評価されているといえます。

高須さんのSNSに時折仲の良い二人の画像がUPされます。

二人が出会ったのは、2012年頃の事。

出会いのきっかけは西原理恵子さんが週刊誌に執筆していたエッセイに以下のように掲載。

高須クリニックのCMのなんと下品なことか。でも好きだ。あなたのお友達になってやってもいい。

なんとこの取りようによっては、やや誹謗中傷的な内容のエッセイを高須医師が読み、西原さんにファンレターを送ったのだそう。

お互いの人柄の良さ(!?)が人並みではありませんね。

その後、「毎日かあさん」に主治医として高須医師が登場しています。

当時は、お互いに結婚しており、高須医師の妻も西原さんのファンだったのだそう。

西原さんの方は、世界をめぐるカメラマンと結婚していましたが、旦那のアルコール依存症とDVを理由に離婚。

西原さんの元旦那は2007年頃にガンで亡くなりました。

高須医師の奥様は2010年にこの世を去り、母親も愛犬も亡くなったことから鬱になってしまいました。

→次ページ 西原氏に相続してもらいたいものとは!?昔の顔は? についてです。

error: Content is protected !!