畑岡奈紗の母は何者?高校や英語力は?身長やWikiは?韓国人がうらやむ事とは?

スポーツ

プロゴルファーとして鵜活躍の畑岡奈紗(はたおかなさ)選手。

 

1999年生まれで、出身地は茨城県笠間市 。

 

 

学歴ですが、岩間第二小学校、岩間中学校、高校は翔洋学園に入学。

 

通信制・単位制の高校ですが、課外活動として部活動もあり、畑岡奈紗さんはゴルフ部に所属。

 

しかし、高校2年生の頃に日本女子オープンで優勝。

 

それまで宮里藍選手が20歳の頃に優勝したのが最年少だったので、最年少優勝記録を大幅に塗り替えました。

 

この優勝をきっかけに2016年10月にプロに転向。

 

高校3年生からは全米女子プロゴルフ協会が管轄の「USLPGAツアー」をメインとしてプレー参戦のため、同じく通信制のルネサンス高校へ転校し、高校卒業。

 

 

一時帰国中に出場した「2017年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で優勝したという資格で日本女子プロゴルフ会に入会。

 

2021年には全米女子オープンで史上初の日本人対決で、世界中のゴルフファンを楽しませてくれました。

 

 

残念ながら、19歳の笹生優花選手に敗北しましたが、最終日は首位との6打差という状況からのプレーオフ進出にジャンボ尾崎さんも「素晴らしい2位」と絶賛のコメント。

 

まだ20歳代になったばかりの畑岡奈紗選手。まだまだ活躍が期待されますね。

 

こちらの記事もどうぞ!

宮里藍の引退理由の「イップス」とは?「スランプ」とは違う?

宮里藍引退の理由は!現在の彼氏と結婚?お風呂でピース画像!

 

 

畑岡奈紗の母は何者?

 

最年少記録を塗り替えるほどの高いゴルフの才能を持つ畑岡奈紗選手。

 

お母さまはプロゴルファー?もしくはゴルフのインストラクターなのでしょうか?

 

調べてみますと、畑岡奈紗選手の母親はゴルフクラブに勤務。

 

畑岡奈紗さんの出産により一度退職されましたが、奈紗さんが1歳3ヶ月になった時に復職。

 

母が勤務していたゴルフクラブでは森ビルカップなどが行われており、すでに幼稚園くらいの頃からゴルフの観戦をし、遊び場がゴルフ場だったという環境で育ちました。

 

ある意味、この幼少期の環境が英才教育となっていたのですね。

 

7歳の頃からクラブを握り、11歳の時にフルセットをそろえてもらいました。

 

当時は宮里愛選手の活躍の影響で中高のジュニアからゴルフを始める人も増え、大会も充実し始めていた頃だったそう。

 

でもまだまだプロを意識した猛特訓をしていたわけではなく、ボールにクラブがあたった!ボールがまっすぐ遠くにとんだ!それだけでうれし・楽しだったそうです(笑)。

 

楽しいと思いながら練習を積み重ねることができる人は、成長が目覚ましいですね。

 

 

英語力は?

 

「畑岡奈紗さん、キャディさんと普通に英語でペラペラ会話をしていてかっこいい~」と同じくプロゴルファーとして活躍の渋野日向子選手が答えているインタビュー記事がネットで見られました。

 

 

それに対し、畑岡奈紗選手は3年間アメリカのツアーに参加していたので、最低限の会話ができるようになりましたと返答。

 

まだ17、8歳という若い選手の登場に、韓国系アメリカ人のダニエル・カン選手は色々気にかけていたそう。

 

そのことについてダニエル・カン選手は「ずっとアメリカで育ってきた自分でさえ、アメリカ国内でツアーを渡り歩く生活が過酷で辛いと思う事があるのに、母国を離れた18歳のルーキーならなおさら辛いだろうと思っていた。」そう。

 

畑岡奈紗さんを食事に誘ったり、健康管理が十分か確認するなど色々気にかけてくれたようです。

 

「個人競技なのでお互いみんなライバルだけど、年間・時に複数年ともにツアーを通じて一緒に過ごす仲間だからサポートしあうのは当然。」

 

現在、日本では渋野日向子選手とともにトップクラスの選手として活躍されている畑岡奈紗さん。

 

 

活躍の裏では、素敵な先輩の支えもあったのですね。

 

<ads by Rakuten>

 

身長やWikiは?

 

畑岡奈紗選手の身長は、158cm。

 

同年代と比較しますと、やや小柄な身長でしょうか?

 

しかしながらパワフルなショットを打ちますよね。

 

そしてWikiについてですが、結構最近まで畑岡奈紗選手のWikiがありませんでした。

 

本当に彗星のごとく現れた、大物プロゴルファーですね。

 

 

韓国人もうらやむ事とは?

 

韓国でもゴルフ熱が熱く、日本人選手ともデッドヒートを繰り広げることが多いのですが、著名な韓国人選手も多い中、日本に対しうらやむ事とは何なのでしょうか?

 

まずは、畑岡奈紗選手が最年少記録を塗り替える形で日本女子オープンで優勝を飾ったニュースは韓国でも大きくとりあげられたのだそうです。

 

他には「日本女子オープン」の内容のすばらしさ。

 

2016年は、参加者約25%がアマチュアであり、10代の参加者も多いことから、若手選手にとってはチャンスであり、ゴルフ協会としては有望株を発見、育てる大きなきっかけになるといいます。

 

日本女子オープンが大会特設サイトを独自に運営していることも高く評価しているそうで、韓国では選手個人のSNSはあるそうですが大会独自のサイトは後れを取っていました。

 

あと、大会開催時には歴代のチャンピオンがディナーに招待されており、歴史と伝統を大切にしていることが伝わると賞賛されています。

 

選手同士も、大会を企画する側もお互い切磋琢磨して、いっそうゴルフ界を盛り上げて欲しいですね。

今回はここまでです。
これからも、畑岡奈採さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)