細田博之の父親は?嫁と子供は?カジノ好き?秘書とは?ピアノが上手?

政治家として活躍の細田博之(ほそだひろゆき)氏。

ホソダヒロユキ

東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現在の経済産業省)に、入省されました。

その後、1990年の衆議院総選挙に島根県より立候補し、2015年現在まで、9回の当選をされています。

長期にわたり存続した、小泉純一郎氏が総理大臣を務めている頃は、内閣官房長官を2代にわたって務めました。

コイズミジュンイチロウ

その他にも、沖縄及び北方対策担当大臣、科学技術政策担当大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、個人情報保護担当大臣を小泉内閣時代に任命されています。

小泉さんのお気に入りだったようですね。

ニックネームは「クリオネお父さん」です(笑)。

では、本題です。

細田博之父親は?についてです。

博之氏の父親も、政治家として活躍されていた、細田吉蔵(きちぞう)氏です。

2

ということで、博之氏も俗にいう2世議員ということです。

さらに博之氏の祖父の代までさかのぼると、油卸問屋と薬屋を営んでいたそうです。

通商産業省を退職した後、4年ほど父親秘書を務めています。

続いては、子供は?についてです。

細田氏のおさんは、神戸製鋼所にて取締役及び常務・神鋼造機にて会長を務めた加藤昌一氏の長女と結婚されています。

お嫁さんとなった方が、どんな方なのかは全く情報が見つかりませんでした。

子供は、2人のようです。

一男一女ということですので、どちらかの子供が、お父様の地盤を引き継ぐの可能性が高そうですね。

<Ads by Rakuten>

続いては、カジノ好き?についてです。

細田氏と合わせて、現在「カジノ」という言葉と一番多く検索されているようです。

現在日本では、カジノは禁止されていますが、いったいどのような関係なのでしょうか?

ここで気になるのが、細田氏の趣味の一つである「コントラクトブリッジ」。

「コントラクトブリッジ」とは、トランプゲームの一つです。

細田氏は「日本コントラクトブリッジ連盟」の会長を務めています。

そして、経済活性化を図るため政策の一つに、日本にもカジノを導入しようという動きをする、「国際観光産業振興議員連盟」いわゆる「カジノ議連」あります。

確かにお隣の香港マカオでは、世界各国から人が集まり、経済効果があるように思えます。

しかし、賭け事はお金が入る人もいれば、失う人もいます。

スタッフの給料や施設維持費など、もろもろの経費を考えると、入る人よりも大半はお金を失う方が多いわけです。

一つの提案として、北海道小樽に停泊する船内で、外国の方を対象として行うという話もありました。

外貨の獲得は確かに、多額の借金を抱える日本にとっては魅力的な話です。

しかし、外国の方なら、お金を失う方が出てもいいのか・・・とも疑問に思います。

外貨を狙うなら、観光環境をさらに向上させるなどもっと違った考え方もあるのではないでしょうか?

あくまで、個人的な意見ですが、皆さんはどう思うでしょうか(笑)。

続いては、秘書とは?についてです。

多くの政治家には、スキャンダルがつきもので、多くは「秘書が…」という言い逃れをするわけですが(笑)、細田氏にも何かスキャンダル的な話は、過去にあったでしょうか?

色々と調べましたが、秘書に逮捕者が出てしまうようなスキャンダルは、見当たりませんでした。

これからも、特にお金に関してはクリーンに活躍してほしいものですね。

続いては、ピアノが上手?についてです。

細田氏は、小学校3年ぐらいから「バイエル」などをはじめていたそうです。

しかしそれほど長くは続けず、本格的にピアノを再び始めたのは40歳を過ぎてからなのだそうです。

2

ピアノは、ピアニストの中村紘子さんからも、男らしさを感じるというコメントをいただくほどの、なかなかの腕前という評判です!

ナカムラ

気になる方は、動画サイトで探してみてくださいね。

今回はここまでです。

細田博之さんが、国民のために活躍してくれることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!