石垣のりこ参議院議員の夫と子供は?ツイッターや学歴は?かわいい画像!

政治家・財界人・実業家

政治家として活躍の石垣のりこ議員。

 

1974年生まれ、出身地は宮城県仙台市宮城野区。

 

 

「エフエム仙台(Date fm)」で、21年アナウンサーとして活躍されていた経歴があります。

 

その間、なんと約100番組に登場していたといいますから、地元での人気がうかがえます。

 

2019年の参議院議員選挙にて、自民党現職で3期目の愛知治郎氏を見事破り、初当選を果たしています。

 

 

石垣のりこ参議院議員の夫と子供は?

 

2009年9月に突然当時担当していたラジオ番組「ジェイサイドステーション」にて「産休に入ります」と報告。

 

この報告により、多くのリスナーたちは石垣のり子議員がすでに結婚していたことを知ったようです。

 

そして、女の子が誕生しています。

 

しかし、2014年に離婚。

 

 

選挙の際には、仙台市青葉区の自宅で娘さんと二人暮らしであることを公表されています。

 

元夫の職業や出会いなど詳細については不明。

 

なぜ離婚に至ったのかも不明で、残念な話ですが、政治家となるにあたって、ママ目線を持つことができることは少子化の日本の未来を考えるうえで、強味だと思います。

 

 

ツイッター

 

石垣のり子議員は、ツイッターを開設しています。

 

ツイッターのアカウントは「@norinotes」。

 

「のりノート」…ノートというと事務的な印象もありますが、のり子の「のり」がつくと、かわいいアカウント名になりましたね。

 

自己紹介欄に「小娘」とかいているのも目を引きます。

 

自分自身にヤジをとばしているかのような自虐的な印象を受けました(笑)。

 

<ads by Rakuten>

 

学歴は?

 

石垣のり子議員の学歴は、仙台市立岩切小・中学校を卒業。

 

高校は、宮城県第二女子高校で、大学は宮城教育大学を卒業されています。

 

そして1998年4月、株式会社エフエム仙台(Date fm)入社しています。

 

中学、高校時代は、生徒会長を務めていたということで、学生時代から志高い責任感のあるしっかり者だったのですね。

 

大学は教育大学卒で、小学校教諭一種免許を取得されています。

 

他の資格として、「防災士」の資格を取得されています。

 

2011年の東日本大震災後に取得したそうです。

 

FM仙台の震災復興応援プロジェクト「Hope for MIYAGI」の活動の一つとして「Hope for MIYAGI」という番組を担当したり、FM仙台発行の「サバ・メシ防災ハンドブック」の企画にもかかわっていました。

 

防災についてリスナーたちにわかりやすく、興味をもちやすく取り組んでもらえるよう尽力されていたのですね。

 

 

かわいい画像!

 

石垣のり子さん、1974年生まれということで、年齢的には40歳代半ばを過ぎているのですが、名前を検索すると「かわいい」という関連ワードが見られます。

 

では、どれほどかわいいのか(?笑)画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

確かにかわいいですね~。

 

まして60~70歳代の多い政治たちに囲まれていると、荒野に咲く一凛のお花的な存在なのでしょうね。

 

褒めすぎかな(笑)。

 

今回はここまでです。
これからも、石垣のり子さんが国民のためになる
活躍をしてくれることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)