神田潤一は陸上・箱根駅伝出場?バドミントンのトレーナー?父親や嫁と子供は?

政治家・財界人・実業家

元日本銀行職員で、その後IT関連会社の役員となった神田潤一氏。

 

1970年生まれで、出身地は青森県八戸市。

 

 

青森県立八戸高校を卒業後、東京大学経済学部を卒業。

 

その後、米エール大学で学び、大学院を修了しています。

 

東京大学卒業した1994年には日本銀行に入行し、2017年に退社。

 

日本銀行時代の2011年~2012年には、日本生命へ出向しています。

 

2015年から2年ほどは、金融庁に出向されています。

 

 2017年9月、株式会社マネーフォワードに参画し、現在に至ります。

 

 

2021年8月、次期衆議院議員選挙に出馬表明しました。

 

自民党推薦で、選挙区は青森2区。自民党の青森2区というと、重鎮大島理森(ただもり)氏の選挙区。

 

 

74歳という年齢でになり、そろそろ後進に道を譲るのが最善と判断したということです。

 

世襲職の強い自民党という印象がありますが、大島理森氏も息子が二人いるような話がネットで見られますが、息子たちには地盤を引き継がなかったのですね。

 

神田潤一氏は政治経験こそありませんが、だからこそ新しい現代にあった発想で、活躍してくれることを期待しています。

 

 

神田潤一は陸上・箱根駅伝出場?

 

神田潤一氏の名前を検索すると「陸上・箱根駅伝」という関連ワードが見られます。

 

過去に陸上選手として活躍し、箱根駅伝にも出場した経験があるのでしょうか?

 

小学生のころは、合唱部に入っていて、全国大会で2回優勝した経験があるそうです。

 

中学から大学時代は陸上部に所属し、大学3年生のとき、1500m走で大学陸上競技選手権の全国3位に。

 

学生時代に青東駅伝に出場されていたのだそう。

 

 

青東駅伝とは、1951年に「青森東京駅伝」として第1回大会が開催され、2002年度を最後に大会は消滅しています。

 

努力家な性格が伺えますね。

 

 

バドミントンのトレーナー?

 

同じく、神田潤一氏の名前を検索すると「バドミントン」という関連ワードが見られますが、こちらは別人の話のようです。

 

日本バドミントン協会ナショナルチーム担当のトレーナーとしても活躍されていた、同姓同名の別の方。

 

 

神田潤一という名前の方は、スポーツマンで努力家が多いのですね(笑)。

 

<ads by Rakuten>

 

父親は?

 

神田潤一氏の父親は、八戸市議や共産党三八地区委員長などを務めた神田洋一氏。

 

すでにご存命ではないそうです。

 

ちなみに、曽祖父は2代目八戸市長であった神田重雄です。

 

自身は政治経験はないとコメントされていましたが、父親の話をきいていると、政治家としての考えに触れる機会は普通の家庭よりも多かったことでしょう。

 

父親は父親、自分は自分として、しっかり政策を持って欲しいものです。

 

 

嫁と子供は?

 

神田潤一氏の奥様は、同じく日本銀行にお勤めの方なのだそう。

 

日銀を辞め、マネーフォワードへ転身する時には、安定した収入を捨て、新たなことに挑戦することに奥様は当初猛反対されたのだそう。

 

 

当時はまだ子供も小さかったこともあり…とあるので、お子さんもいらっしゃるようです。

 

女性キャリアの旦那として、子供を持つ親として、共働き家族として、色々現状の政治に改革点をすでに見出していると思います。

 

次世代が明るい未来を迎えることができるように、国民目線の政治家になってもらいたいものです。

 

今回はここまでです。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)