下地幹郎議員もIR逮捕?嫁と娘は?事務所は?安室奈美恵との関係は!

政治家・財界人・実業家

政治家として活躍の下地幹郎(しもじみきお)議員。

 

日本維新の会所属の衆議院議員です。

 

 

沖縄県出身。学歴は宮古高校を卒業後、中央学院大学の商学部へ入学・卒業されています。

 

父親は「株式会社宮古交通」(1988年から「株式会社大米建設」に社名変更)の創業者。

 

大学卒業後は、父親の会社へ入社。

 

政治家としては、1996年に自民党公認で出馬し、初当選。

 

普天間基地の移設に関して党が掲げる辺野古への移転に反対、嘉手納飛行場に統合する案を提唱し、自民党から離党。

 

2003年の選挙は落選、2005年民主党(現在は解党)の推薦を受け再び当選、2012年の選挙は落選、2014年の選挙で再び当選。

 

選挙には億単位の税金が使われるといいます。

 

下地幹郎さんの当落の多さをみると、税金使ってこんなに多くの回数選挙が行われて日本は良くなったのかな?と疑問に思います。

 

 

下地幹郎議員もIR逮捕?

 

2019年秋頃からIR・統合型リゾートの誘致に関して、中国企業と政治家やその関係者の間で金銭授受や接待があったことが話題となりました。

 

始めに逮捕、事情聴取を受けることになった議員は、双子の父親である自民党の秋元司衆議院議員です。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

秋元司議員と東レを文春が?秘書逮捕?嫁と子供は双子!派閥や評判は?

【維新】室井邦彦の息子、紺野昌彦が逮捕!嫁は?統一協会なの?

 

秋元司議員は、紺野昌彦氏とともに中国へ渡ったことがわかっていますが、旅費及び滞在費についての出費が帳簿に見られませんでした。

 

このため、中国企業が旅費や接待、滞在費を支払い、他、金銭授受があったのでは?と、疑われています。

 

紺野昌彦氏、中国からの多額の現金を飛行機で持ち込み、外国為替法違反の疑いで逮捕状が出されています。

 

このお金が少なくとも5人の政治家に流れたのでは?という話まで操作が進んでいます。

 

その中の一人として下地幹郎さんも浮上しました。

 

この紺野昌彦氏、日本維新の会所属の室井邦彦氏の私生児であることが2019年年末わかりました。

 

 

父親の名をかたり、多くの人脈を広げたのでは?といわれています。

 

同じく日本維新の会所属の下地幹郎氏、2017年に行われた選挙の際に紺野昌彦容疑者から、現金100万円をうけとっていたことを認めました。

 

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は、「裏金をもらっていたのなら議員辞職でけじめを」とコメントしています。

 

大阪IR誘致に、手を挙げている日本維新の会にマイナスの風となりそうです。

 

IR誘致自体一度見直す必要があるのでは?という世間の声も多く見られるようになりました。

 

経済の起爆剤が欲しい日本ですが、あらためて慎重に話し合って欲しいものです。

 

 

嫁と娘は?

 

下地幹郎さんは、1993年頃結婚されたようです。

 

 

さんとなった方は、元客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)として勤務されていた志緒さん。

 

 

子供は一人で、性別は娘。

 

 

娘さんはすでに成人されているのですね。

 

<ads by Rakuten>

 

事務所は?

 

選挙区は沖縄県一区。

 

事務所は、沖縄県那覇市おもろまちにあります。

 

 

安室奈美恵との関係は!

 

2019年10月31日、世界遺産首里城の主要部分の大半を消失する火災がありました。

 

再建に要する費用は100億円以上といわれ、集まった支援金は5億を超えるといわれていますが再建費用に程遠い金額。

 

これについて安室奈美恵さんに楽曲提供を募りたいという下地幹郎さんのツイートが炎上。

 

 

ネットでは、「引退したのだからそっとしておいてほしい」、「政治利用しないで欲しい。」という声が多数見られました。

 

もちろん、「復活して欲しいけど…」と願うツイートも見られますが、こういったことは本人の意思での行動を待ちたいものだと思いました。

 

今回はここまでです。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)