額賀福志郎の選挙区や派閥は?娘は?何の会長?韓国人・反日?

2019年9月19日政治家・財界人・実業家

政治家として活躍の額賀福志郎氏。

 

苗字は「ぬかが」と読みます。

 

額賀姓は全国には3700人ほどということで、そこそこ珍しい苗字ですね。

 

自民党の衆議院委議員として、1983年から12回の当選を果たしています。

 

年齢は1944年生まれなので、70歳代半ばとなっています。

 

そろそろ世代交代して欲しい年齢ですね。

 

 

額賀福志郎の選挙区や派閥は?

 

額賀福志郎氏の選挙区は「茨城2区」。

 

これまで、衆議院議員を12期も務めているので、選挙区では盤石の人気なのかと思いきや、2009年の選挙では当時新人で立候補の石津政雄氏に敗れ、比例当選したことがあったのですね。

 

派閥は、竹下亘派。

 

竹下派という言い方は通称で、「平成研究会」本来の派閥名で、竹下登派→小渕派→橋本派→ 津島派→額賀派→竹下亘派という流れとなっています。

 

額賀派時代は2009年から2018年のこと。

 

現在は、竹下亘派となっていますが、2019年1月に竹下亘氏が食道がんであることが分かり、実質の運営は額賀氏が派閥の最高顧問となっています。

 

 

娘は?

 

額賀氏にはが3人いらっしゃるそうです。

 

子供はこの娘3人のみのようです。

 

2015年の終戦記念日の時に、40歳代くらいの女性との不倫報道がありました。

 

その際、「これまでの活動を支えてくれた奥様と30~40歳代の3人の娘がいるのに…」という話が見られました。

 

自分の娘と同じくらいの年齢の女性と、キングベッドしかないフロアーで一夜を過ごしておきながら、相談を受けていたというコメントでは言い訳にもなっていませんね。。。

 

<ads by Rakuten>

 

何の会長?

 

額賀氏は「日韓議員連盟」の会長を務めています。

 

韓国人・反日?

 

その「日韓議員連盟」の会長を務めていることから派生しているのか、額賀氏の関連ワードに「韓国人」・「反日」というフレーズが見られます。

 

2018年に徴用工判決が出た際には、韓国側にもある議連の会長へ「日韓請求権・経済協力協定に明白に反するものであり容認できない」と、電話で抗議しています。

 

 

2019年7月頃には日韓関係の悪化から、アメリカも関係改善の仲介するかのコメントがみられ、その後日韓両国の議連が話し合いを持ちました。

 

徴用工判決の際には、きちんと抗議をいれていますので、売国的な行動はないと信じたいですが、今後の対応によっては、今後も「反日」という関連ワードが残るかもしれません。

 

ニュースでは若者の日本製品不買運動が連日報道されていますが、実はそれは一部のことで、多くの居酒屋では普通に日本のビールは多く飲まれているという話も見られます。

 

韓国に限らず、日本には日本人と外国の方とのハーフ、クォーター…の方がたくさんいらっしゃいます。

 

過去の歴史認識も大切ですが、未来志向の友好関係を築く方がそろそろ韓国にとってよいのでは?と思いますよ。

 

今回はここまでです。
これからも、額賀福太志郎さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!