黒田勇樹の若い頃・子役画像!道枝と似てる?ハーフ?現在弁護士?嫁と子供は?

2022年4月12日俳優

俳優として活躍の黒田勇樹さん。

 

1982年生まれで、出身地は東京都世田谷区。

 

 

学歴ですが、不明。

 

これほどの著名人ですのに、わからないなんて不思議なのですが、1歳の頃から子役として活躍されていることを思うと、芸能界に理解のある高校までは進学されているのでは?と思います。

 

中学校では、バスケットボール部に所属。

 

演劇をやりたいと思ったきっかけは、5歳の頃に陣内孝則さん出演の舞台「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」を観たことでした。

 

陣内孝則さんと黒田勇樹さんの母親が友人だったというつながりがあったそうです。

 

そして、劇団ひまわりに入団。

 

みるみる演技力を発揮し、8歳の時にミュージカル「オリバー!」で帝国劇場最年少で主役という記録を作りました。

 

そして1994年にTBS系列で放送されたドラマ「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」に出演。

 

 

イジメられる側からいじめる側の主犯格となっていく役柄で、黒田勇樹さんの演技に引き込まれすぎたのか、すれ違う子供に怖がられたり、事務所にカミソリが送られてくることもあったそうです。

 

演技力の高さからどんどんお仕事が舞い込みますが、黒田勇樹さんの心の中では何かズレを感じるようになっていきました。

 

続きは後ほどの話題とともにお伝えしますね。

 

 

 

黒田勇樹の若い頃・子役画像!

 

子役時代には、「絶世の美少年」という言葉で紹介されていたり、中性的な美貌で性別問わず人気を集めている黒田勇樹さん。

 

早速、画像をご覧ください。

 

黒田勇樹さんの若い頃・子役画像!←こちらから

 

1998年に公開の山田洋二監督の映画「学校Ⅲ」に出演した際には「日本アカデミー賞新人俳優賞」、「キネマ旬報新人男優賞」、「日本映画批評家大賞」、「全国映連賞男優賞」など数々の映画賞を受賞されました。

 

当時16歳だった黒田勇樹さん。子役から実力派俳優としてステッアップとなる受賞で嬉しい話だったと思いましたが、当時の気持ちは…

 

「1歳からデビューして常に仕事があった。その環境が当たり前すぎて、“がんばる”という感覚がわからなかった。周りはがんばれているのに、オレだけががんばれていない。そんな他人にはなかなか分かりづらいコンプレックスをずっと抱えていました。」

 

失敗してもうまくいってもそれは監督や周囲のスタッフの頑張りなので、自分の事ではないように感じていたそうです。

 

2008年、自身が26歳の頃、様々なストレスからか体調不良となり、決まっていた舞台公演の3日前に降板。

 

急に流れを変えたかのように、黒田勇樹さんへのバッシング報道が流れました。

 

そして、2010年から俳優業からいったん完全に離れることを決めました。

 

始めは行きつけの居酒屋さんにアルバイトさせて欲しいと頼み、他にも引っ越しやのバイト、コールセンター、映画館のフード担当などなど…。

 

その頃週刊誌は天才子役の転落人生的な書き方をしましたが、本人はそんな気持ちはさらさらなく、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、「辞めても元気ですけど、なにか?」という前向きな気持ちで頑張っていたそうです。

 

それまでの自分はあまり頑張ったという気持ちになったことがなかったそうです。

 

その中で自分の気持ちとかけ離れた周囲からの評価の高さのギャップのストレスから、このままでは自らこの世を去ってしまうのでは?という不安もあったようです。

 

いっさいの芸能活動をやめて、始めたアルバイト、頑張る面白さを知ったといいます。

 

自分の結果次第では、当時はあまり実例がなかったという「子役の子たちも、将来仕事を辞めても全然楽しくやれるんだよ。」という事を身をもって知らせることができるのではと思ったそうです。

 

ポジティブに考えていると、色々執筆のお仕事依頼が入ってきたそうです。

 

紆余曲折はありましたが、2013年に再び演劇の世界に復帰されています。

 

 

復帰作は映画監督として制作側でした。

 

出演してくれた役者の方から今度は逆オファーされる形で俳優復帰。

 

そんな感じで現在に至っているようです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

道枝と似てる?

 

黒田勇樹さんの名前を検索すると「道枝」という関連ワードが見られます。

 

今回の話題の道枝というと、ジャニーズ所属の「なにわ男子」のメンバーの一人である道枝駿佑(みちえだしゅんすけ)さんの事で、黒田勇樹さんと道枝駿佑さんが似てるという話が見られました。

 

 

どことなく似てる雰囲気あるかな…?

 

道枝駿佑さんも、この先演劇に本気で向き合っていくと、黒田勇樹さんのように味わい深い整った顔立ちになっていくかもしれませんね。

 

<ads by Rakuten>

 

ハーフなの?

 

黒田勇樹さん、整った、目鼻立ちのはっきりしたきれいな顔立ちなのですが、ハーフなの?と思う方も多いようです。

 

ご本人からのコメントが見られないので、確証には至りませんでしたが、ネットではおおかたハーフではないという意見が多く見られました。

 

どちらにしても、毎回、作品を観た人に印象深い演技を見せてくれますね。

 

現在弁護士?

 

同じく黒田勇樹さんの名前を検索すると「弁護士」という関連ワードも見られます。

 

現在弁護士としての活躍もあるのか?と思いましたら、同姓同名の別人の方でした。

 

黒田勇樹という名前で他にも専門分野で大活躍をされていらっしゃる方がいるのですね。

 

 

 

嫁と子供は?

 

黒田勇樹さんは、2020年に結婚されています。

 

お嫁さんとなった方は、アイドル・女優として活躍の珠居ちづるさん。

 

二人の出会いは、2017年に公演された舞台「こと~築地寿司物語~」での共演でした。

 

黒田勇樹さん主宰の劇団「令和反戦楽団」に所属していたことでさらに距離が縮まっていったそうです。

 

劇団員に手を出したとのことを自虐的に話す記事もみられましたが、2020年に息子も誕生していることを結婚と同時に公表。

 

 

交際期間が3年あったので、授かり婚でも自然な流れだったようです。

 

しかし、妊娠に気づいたタイミングが2020年7月で、黒田勇樹さん脚本・演出の舞台「首領(ドン)ちゃん騒ぎ」の稽古が始まる1週前。

 

胎動を感じ、病院へ行ったところ、なんと妊娠8ヶ月にもなっていたことが判明。

 

舞台の初日に入籍。ドクターのアドバイスを受けながら、無事に舞台公演を終え、その二日後に出産。

 

予定よりも1ヶ月早い出産でしたが、無事に元気に育っている様子がお二人の公式ツイッターで見られます。

 

 

 

黒田勇樹さんは、1歳からモデルとしてCMや雑誌などで活躍されていましたが、息子はその記録を超え、生まれる前から舞台に立っていたという事になりますね(笑)。

 

現在、とっても幸せそうで何よりですが、黒田勇樹さん再婚だったのですね。

 

2012年に元歌手として活躍の中村瑠衣(なかむらるい)さん結婚しましたが、2013年に離婚されています。

 

離婚理由はDVという話があったようですが、お互いに結婚生活を送るにはまだ未熟な部分があったのかもしれませんね。

 

中村瑠衣さんの方は黒田勇樹さんとの結婚が2度目で、現在は3度目の結婚をし、2人の子供のお母さんとなっています。

 

子供は1度目と3度目の結婚の旦那様との間に誕生しており、黒田勇樹さんとの間には子供は授かっていません。

 

離婚は辛かったでしょうが、現在はそれを乗り越える幸せな家庭をお互い築いているのでしょうね。

 

今回はここまでです。
これからも、黒田勇樹さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)