神部冬馬の子供は双子?大学は?嫁と離婚?母親はイルカ?

2020年7月27日歌手・音楽家

歌手、タレントとして活躍の神部冬馬(かんべとうま)さん。

 

1978年生まれで、出身地は東京都。

 

 

ラジオパーソナリティーやイベントMCなど、山梨県ではレギュラー番組が7~8本あるそうで、トークにも定評があります。

 

Jリーグの「ヴァンフォーレ甲府」のサポーターとして観戦していたところ、チームの応援歌作成を依頼されたそうです。

 

そして2009年、「ヴァンフォーレ甲府」のイメージソング「君は青い風 泥だらけの靴」を作詞・作曲。

 

 

そして、自ら応援歌を歌っています。

 

素敵なお仕事と出会いましたね。

 

 

神部冬馬の子供は双子?

 

神部冬馬さんは、2019年に子供が誕生しています。

 

ネットで注目されている通り、子供は双子。

 

 

性別は男の子と女の子です。

 

しばらく、仕事も子育ても忙しそうですね~。

 

 

大学は?

 

神部冬馬さんの大学について注目されているのですが、どこなのでしょうか?

 

調べてみますと…

 

 

厚木の大学というと…!?

 

 

荒木大吾選手は青山学院大学なので、神部冬馬さんの大学が判明。

 

文学部の教育学科で学びましたが、先のツイートの通り、在学2年で中退されたそうなので、最終学歴は高卒となっています。

 

将来かけてやるべきことが見つかったのなら、必ずしも大学へ行く必要はないと思います。

 

社会に出たら、学歴・マニュアル人間よりも、冬馬さんのように考え方の柔軟性と人間関係がうまくできる人物であることが大切と思います。

 

<ads by Rakuten>

 

嫁と離婚?

 

先ほど、双子ちゃんの話をお伝えしましたが、先に前妻との間に長女が誕生しています。

 

1998年頃で大学在学中に授かり婚だったという話です。

 

しかし、結婚生活は1年ほどで破綻。

 

ということで、神部冬馬さん離婚歴があったのですね。

 

長女はどのようないきさつがあったのかはわかりませんが、神部さん側で育てることになりました。

 

現在の奥様とは2012年に結婚。

 

仕事先で奥様と出会ったそうですが、交際期間は6年間も持ったのだそう。

 

前妻との子供の気持ちも大切にしつつ、再婚には慎重だった感じが伝わりますね。

 

現在は、お嫁さんが、神部冬馬さんのマネージャー業も担っているそうです。

 

娘はほぼ成人していますが、幼い双子のお世話と旦那のマネージメントもしているなんて、素晴らしい奥様の支えがあって活躍されているのですね。

 

 

母親はイルカ?

 

神部冬馬さんの母親はというとフォークシンガーの「イルカ」さんです。

 

 

父親は、元シュリークスで、音楽プロデューサーの神部和夫さん。

 

イルカさんと神部和夫さんを含め4人メンバーだった「シュリークス」でしたが、2人が脱退したことにより、後に解散。

 

イルカさん自身は音楽界の裏方をやりたかったそうですが、神部和夫さんの方がイルカを全面的にプロデュースして支えたいと熱望され、イルカさんはソロシンガーになりました。

 

残念ながら父親である神部和夫さんは、2007年3月に急性肝不全でこの世を去っています。

 

それまでは、作詞作曲などは片手間で、イルカさんの運転手としているのが、楽でいいと考えていたそうですが、父親の死をきっかけに神部冬馬さんは一念発起。

 

そこからお仕事が入るようになり、現在は山梨を拠点都市活躍されています。

 

親の七光りといわれそうですが、イルカさんが山梨県へ行くと「冬馬君のお母さんですよね。」と言われるのだそう。

 

しっかり地に足がついて、ご自身で活躍されているのですね。

 

今回はここまでです。
これからも、神部冬馬さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)