岸部一徳と岸部シローの兄弟仲は?現在体調不良?嫁と息子は?内田家と?

俳優

俳優として活躍の岸部一徳さん。

 

本名は、岸部修三(きしべしゅうぞう)さんといいます。

 

「ザ・タイガース」として沢田研二さんとともにバンドブームの一時代を築いています

 

 

前身である「ファニーズ」は、京都・大阪で人気を博していましたが、内田裕也さんにスカウトされ上京。

 

名前の「修三」を「おさみ」という呼び方にかえます。

 

そして、人気も冷めやらぬ中、タイガースは解散。

 

俳優の道に進む際に、樹木希林さん所属の小さな事務所に入ります。

 

その時樹木希林さんに「岸部一徳」と命名されています。

 

岸部一徳さんは、内田家にゆかりのある俳優さんだったのですね。

 

 

では、本題です。

 

岸部一徳と岸部シローの兄弟仲は

 

岸部一徳さんには兄弟が9人いるのだそう。

 

一徳さんは、9人兄弟の3番目で、4番目に誕生したのが同じく「タイガース」でも活躍されていた岸部シローさんです。

 

父親が遊び人で、4畳半の部屋に一家9人、妾と妾の子供も同居していたというので、母親違いの兄弟もいらっしゃることでしょう。

 

岸部一徳さんとシローさんの兄弟仲は絶縁状態といわれる時期もありました。

 

先ほどもお伝えした通り、一徳さんは歌手活動を休止した後、俳優業に転身。

 

シローさんは、俳優業の他に司会業などタレント活動で大成功を収めていました。

 

しかし、多額の収入があったでしょうに浪費癖につながり、1998年に負債額4億円といわれる自己破産しています。

 

一方の一徳さんは、はじめはすぐに俳優としての地位は確立できませんでしたが、1990年には映画「死の棘」で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞やカンヌ映画祭でも受賞。

 

その後、俳優として不動の人気を誇りつつ、歌手活動も続けます。

 

シローさんが自己破産した当初は「自業自得」と突き放したという話も見られますが、2003年にシローさんが脳梗塞で倒れたころから兄の歩み寄りが見えたといわれています。

 

お金に困る弟に一徳さんは、まとまったお金を「返済無用」と、マネージャーを介して渡したというエピソードも見られます。

 

そして、2013年には「ザ・タイガース」復活ライブが開催され、兄弟そろってのステージ演奏となりました。

 

人として、兄として弟に厳しく接する時期もありましたが、最後の最後にはしっかり手を差し伸べるところは、一徳さんの弟に対する深い愛情を感じます。

 

 

 

現在体調不良

 

2018年5月、東京都内の大学病院の脳神経外科に緊急入院していたというニュースが流れました。

 

俳優の水谷豊さんが監督を務める映画の撮影終了後に激しい腹痛を訴え、入院となったのだそう。

 

 

テレビ朝日系列で放送の人気刑事ドラマシリーズ「相棒」でも、長らく共演していた名コンビ。

 

5月いっぱい入院で、その後お仕事に復帰されたようで良かったですね。

 

ちなみに弟の岸部シローさんは、2003年に脳内出血、2009年には救急車で搬送され入院し、2012年からは老人ホームに暮らしていることを明らかにされています。

 

費用の大方を一徳さんが負担しているという話も。

 

自身のケアだけではなく、弟のお世話も引き続きされているようですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

嫁と別居・離婚は

 

岸部一徳さんはいつ、結婚されたのかは不明なのですが、一般の方と結婚されています。

 

出会いは、六本木のバーといわれています。

 

結婚時期としては、俳優になる前という話ですので、1975年よりも前と思われます。

 

結婚後、俳優としても大成功した岸部さんの安定した活躍をみると、内助の功も大きいものと思いましたが、2010~2011年頃に一度週刊誌をにぎわせる出来事がありました。

 

それは、不倫の話ではなく、なんと奥様のご近所トラブルでした。

 

ことの発端は同じマンションに住んでいる住人から、娘が泊まるので、来客用スペースに止めてあった一徳さんの奥様の車を移動してほしいとお願いしたことでした。

 

その時は何事もなく、すぐに移動の対応をしてくれたそうですが、翌日娘さんの車はひっかいたような傷がつけられていたり、暴言が書かれた張り紙がいくつも貼られていたそうです。

 

その後、廊下やエレベーターなど、聞いてもいないのに「私はやっていない」と弁明。

 

さらにその後も顔を合わせるたびに「出ていけ~!」とののしられるようになり、子供や孫に今後危害を加えられてはと考え、話し合いを持とうと声を掛けましたが無視。

 

車を前進させたところ、住人の膝に一徳さんの妻の車のバンパーがぶつかり接触事故に。

 

しかし、誤ることもなく、部屋にもどってしまいました。

 

普通で考えても、こんな行動や言動考えられませんが、もとより岸部家の夫婦喧嘩が起こったとき、奥さんの暴言はひどかったとご近所で噂になっていたそうです。

 

警察の事情聴取にも応じないことから、民事裁判に。

 

2013年4月に裁判を起こした方の主張は認められますが、治療費と慰謝料あわせて約500万円を求めた裁判の判決は23万円をしはらうという賠償命令で、その後の控訴も取り下げられてしまいました。

 

岸部さんの奥様に何があったのでしょう?更年期障害なども考えられますが、信じられない行動ですね。

 

岸部さんが俳優としてまだ売れない頃も、子供3人を育て家計を支えてきた奥様。

 

裁判となった頃、一徳さんはマンションを出て、別居を始めたといわれています。

 

その後、離婚されたのかどうかは不明。

 

子供たちは成人しているとはいえ、残念な話ですね。

 

 

 

 

息子と親子共演!

 

岸部さんの息子である岸部大輔さん。

 

ロックバンド「パウンチホイール」のベース兼ボーカルとして活躍されています。

 

岸部大輔さんは、2007年フジテレビ系列で放送された「医龍2 ~Team Medical Dragon~」に岸部一徳さんが演じている「野口賢雄」の若い頃を演じました。

 

2014年「医龍4」にも再び登場。

 

 

この時には、平幹二朗さんが演じていた「桜井修三」の若き日を演じ、二世俳優二人が親子共演ということでも注目を集めました。

 

二世タレントで不祥事を起こしてしまう人もいますが、この二人に限っては今後のさらなる活躍が期待されますね。

 

今回はここまでです。

これからも、岸部一徳さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!