片桐仁の手作り作品がスゴい!嫁は片桐はいり?息子は?髪型は天パ?

2019年3月30日お笑いタレントスマホケース, 作品, 天パ, , 息子, 片桐はいり, 片桐仁, 髪型

お笑いタレント、俳優として活躍の片桐仁さん。

 

お笑いユニット「ラーメンズ」として、小林賢太郎さんとコンビを組んでいます。

 

他にも、学歴は多摩美術大学卒業ということもあり、芸術家としての活躍も多く見られます。

 

NHK Eテレの「シャキーン!」(ジュモクさんの声)や「ピタゴラスイッチ」など子供向け番組にも登場しています。

 

幅広い年齢層にファンがいらっしゃいますね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

片桐仁の手作り作品がスゴい!

 

TBS系列で放送のドラマ「99.9」にレギュラー出演している片桐仁さん。

 

主人公を演じる松本潤さんの弁護士業務の補助をしつつ、弁護士の夢をあきらめないという役柄。

 

時折、すごくインパクトのあるスマホケースが出てきます。

 

その名も「カレイPhone」。

 

これまでも、何かに粘土を盛るという作品を生み出し続けていました。

 

多くのメディアや舞台で活躍されているのに、これほどの手の込んだ作品をつくる創作時間なんていつあるのでしょうか?

 

寝る間も惜しんで創作活動という感じなのでしょうね。

 

 

 

 

片桐はいり

 

片桐さんは、2003年に入籍されました。

 

片桐仁さんを検索すると「片桐はいり」さんの名前が検索ワードで出てきます。

 

しかし、片桐はいりさんはおさんではありません。

 

片桐仁さんのおさんとなった方は、元モデルでタレントの村山ゆき(現:片桐ゆき)さん。

 

女性誌のモデルや、CM出演などの活躍をされていましたが、結婚を機に引退されています。

 

出会いは、まず同じ事務所に所属していたこと。

 

そして、奥様がラーメンズのライブに来てくれたことから、だんだんと距離がちかづいていったそうです。

 

スタイル抜群で、とっても美人なのですが…

 

ネットには水中眼鏡をかけて、よくよく鼻のあたりをみると、ティッシュをつめて玉ねぎをきっている!?なんて画像も。

 

夫婦ともにユーモアあふれる家庭の雰囲気を感じますね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

息子は?

 

子供息子が二人のようです。

 

長男は「太朗」という名前で、太陽の塔などの作品で有名な巨匠「岡本太郎」氏の名前が由来なのだそうです。

 

太朗君とは、「ピタゴラスイッチ」のお父さんスイッチで、親子共演しています。

 

片桐仁さんのお父さんスイッチ画像←こちらから。

 

その時のリモコンも、ここまでしなくても…と思う、恐ろしいほどのクォリティーの高さを感じます。

 

長男は現在中学生ということで、先ほどの画像の4歳の頃のかわいい面影を残しつつの、超イケメン君に成長しております。

 

 

 

 

髪型天パ

 

片桐さんのチャームポイントというと、ちりちりしたパーマヘアー。

 

小学校5年くらいまでは、さらさらだったそうなのですが、中学生の頃は坊主頭にしており、

 

そして、高校生になって伸ばしてみると、現在のような髪質だったそうです。

 

当時は髪型に強いコンプレックスを持ち、短めの髪型にし、外出時には帽子をかぶりっぱなしのことが多かったそうです。

 

しかし、極貧の下積み時代、お金がない為、のばし放題にしていたら、かたまで伸びてしまっていたそうです。

 

そのまま舞台に出ると、お客さんや芸人仲間に強いインパクトがあると、高評価(!?)をいただいたそうです。

 

当時のことを以下のようにコメントされています。

「ひきょうですね、その顔でその髪形で」と言われた。ああ、俺の髪形はこれだ!と。個性ってたぶん、人が見つけてくれるもの。

 

髪型の他にも、白目が多く目つきが悪いので、下を向いて歩くことが多かったといいますが、とってもイケメンだと思います。

 

メガネを外すとさらに、イケメン度が高まる感じがします。

 

抱えていたコンプレックスは、自身の思い込みが強すぎたようで、周囲の人はそれほど気にしていなかったみたい…という趣旨のコメントされています。

 

「コンプレックスに思っていた事を個性に。」

 

同じことで悩んでいる方への励ましにもなりますね。

 

今回は以上です。

これからも片桐仁さんの活躍を期待しています。

次の記事もお楽しみに!