椎名誠の現在は?本名別姓?嫁と息子と娘は?不眠症は?

2019年4月24日ジャーナリスト・教育者

作家、写真家、映画監督として活躍の椎名誠さん。

 

兄弟はなんと9人なんだそうです。

 

椎名誠さんは9人兄弟の8番目。

 

兄弟の先の4人は前妻との間に生まれた兄弟で、椎名さんは父親にとって後妻の子供。

 

後からわかったそうですが、椎名さんの母親は父親と戸籍上のつながりはありませんでした。

 

父親は椎名さんが小学6年生の頃に亡くなりました。

 

それまで椎名さんは5人兄弟だと思っていたそうですが、葬儀の場に3人の父親と似たような男性が参列。

 

「誠はこの子か。」と頭をなでて行ったそうです。

 

その時、他に異母兄弟が4人(兄3人・姉1人)いることが判明。

 

自身のご兄弟について「どこからどこまでがどの人の子供なのか…」とコメントされています(笑)。

 

 

 

 

では、本題です。

 

椎名誠の現在は?

 

執筆活動以外のプライベートでは旅行をするのが趣味という椎名誠さん。

 

現在も冒険旅行に備えてか、毎日ヒンズースクワットを300、腹筋200、腕立て100回を日課としているそうです。

 

そのため、年齢が70歳を過ぎた現在も体脂肪率は一ケタを維持されています。

 

執筆活動には定年がないということで、現在も書くことを続けていますが、将来は飲食店を開いてお客さんをもてなす仕事もしたいのだそう。

 

 

世界中の食べものを食べて回ったことや、キャンプで自炊などもされたこともあって料理の腕前に自信があるそうです。

 

お料理も、話も面白いマスターがいるお店なら、大繁盛でしょうね。

 

 

 

 

嫁はどんな人

 

椎名誠さんのおさんとなった方は、エッセイスト・写真家として活躍の渡辺一枝さん。

 

物書きとなる前は20年近く、保母さんをされていたそうです。

 

夫婦別姓なのかと思いましたら、結婚の際、椎名誠さんが渡辺姓となっています。

 

なので、椎名誠さんの本名は「渡辺誠」さんです。

 

お嫁さんとの出会いのきっかけはスウェーデンの探検家スヴェン・ヘディン氏著の「さまよえる湖」でした。

 

中国タクラマカン砂漠にある遺跡「楼蘭」近くで発見された塩湖のロプ湖のお話。

 

1990年頃、小学校の教科書に載っている時代もありましたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、当時はこの本を知っている人は椎名さんの周りでは皆無だったそう。

 

冒険の書ともいうべく内容ですが、友人の紹介で奥様と出会った時、この愛読書について語ったところ、「私も好きです」と言われたそうです。

 

その後さらに親しくなり、渡辺一枝さん宅へ伺うと、同作家が執筆された「西域探検紀行全集」24巻が本棚に収まっていたのだそう。

 

椎名さんは元より、その本を読みたいと思っていましたが高価で買えなかったその本を見て、結婚すればこの本の半分は自分のもの…と思ったそう。

 

結婚の決め手の一番がこの本だったわけではないと思いますが(笑)、これほど価値観が同じ相手と結婚に至らないわけがありません。

 

ご縁があったのですね。

 

奥様はチベットについて研究もされており、チベットの奥地に頻繁にいっているそうです。

 

また、チベットに関する書籍も地下室にたくさんあるそうで、椎名誠さんは時折、その書物を読むことが至福のひと時となっているそうです。

 

お互いがやりたいことを尊重し合えるなんて、素敵なご夫婦ですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

息子と娘は

 

椎名誠さんと渡辺一枝さんには、子供が二人。

 

息子と娘がいます。

 

息子さんは写真家の渡辺岳さん。

 

渡辺岳さんはプロボクサーとして活躍されていた経歴やアメリカのサンフランシスコに住んでいたそうです。

 

椎名誠さんの「岳物語」は、もちろん息子の岳さんの話。

 

「毎日6回ご飯を食べ、6回トイレへ行く」という趣旨の内容があったため、こんな本は世の中から消してくれ!とかなりの反抗にあったそうです。

 

そのこともあったのか、椎名誠の息子であるとわからない遠い国に長く住んだのでは?とおっしゃっていますが(2011年頃?)、現在は日本に戻り椎名さんの自宅の近くに住んでいるそうです。

 

息子にはすでに中学生と小学生の子供が3人おり、椎名さんにとって孫が父親のことを書いてある「岳物語」を読んでいるそうです。

 

現在は、その孫が遊び相手で、できる限り長生きしたいなと思える活力となっているそうです。

 

そして娘さんは、エッセイスト・通訳・翻訳家として活躍の渡辺葉さん。

 

さらには、米国弁護士としても活躍されています。

 

娘も既婚者で、イタリア系のアメリカ人と結婚されています。

 

子供達は、才能豊かな国際人に育ったのですね。

 

 

 

 

不眠症を克服したの?

 

椎名さんは強迫性障害うつ病をもっているそうです。

 

2014年に出版した「ぼくは眠れない」には、約35年もの間「不眠症」だったことが書かれています。

 

しかし、現在も不眠症を克服されていないそうです。

 

不眠症や睡眠薬の知識を深めることで精神的な負担が減ったそうです。

 

椎名誠さんが不眠症となったきっかけはやはりお仕事でした。

 

執筆活動に夢中になり、生活リズムが昼夜逆転

 

そこから「不眠症」に、寝られないストレスから「うつ病」になってしまいました。

 

現在は元気にお孫さんと遊んでいるようで良かったですね。

 

今回はここまでです。

これからも、椎名誠さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!