黒田東彦の息子に逮捕歴?現在は?天才総裁の年収は?自宅や家族は?

 

日本銀行総裁として活躍の黒田東彦(くろだはるひこ)氏。

 

 

 

くろだはるひこ

 

 

 

 

2016年1月29日、「マイナス金利」を発表。

 

 

 

2016年年明けの株価が下がり続けるという日本経済の下落に歯止めをかける大きな起爆剤となるのでしょうか?

 

 

 

マイナス金利とは、一般的な銀行が日銀にお金を預けると普通は利子がつくところを、逆に利子を取られる。

 

 

 

このため、一般的な銀行は企業への貸し渋りを一転するといういことで、企業投資が進み、経済が大きく回り始めるという狙いと思います。

 

 

 

ヨーロッパの方では、過去にこの「マイナス金利」を導入したことがあるようですが、多くはその結果について「もろはの剣」という表現が多く見られました。

 

 

 

「アベノミクス」の経済効果が期待できない今となっては、日本経済にとって最後の手段となってしまうのでしょうか?

 

 

 

参議院選の票集めの最後の手段として、消費税10%を見送るという話が出てくるのでは?という噂もあります。

 

 

 

目先の利益に騙される・・・そんな国民にはなりたくないと思います。

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

 

黒田東彦息子逮捕歴?現在は?についてです。

 

 

 

黒田総裁には、息子が二人います。

 

 

 

その息子のうち、長男のなのか次男なのかはわからないのですが、逮捕歴があるのだそうです。

 

 

 

1997年に薬物所持で逮捕されました。




Ads by google


 

 

 

他にもエリートの2世の問題児の話は多く見られます。

 

 

 

元総理大臣だった森喜朗氏も息子が不祥事を起こしています。

 

 

 

もりよしろう

 

 

 

 

お金がたくさんあっても、幸せにはなれないみたいですね・・・。

 

 

 

逮捕されたときは、年齢が20代前半だったそうですので、2016年には40歳代となっているでしょうか?

 

 

 

現在息子はどうしているのでしょうか?

 

 

 

問題が問題だっただけに、父親の跡継ぎにはスムーズになりそうになさそうですね。

 

 

 

 

 

続いては、天才 総裁年収は?についてです。

 

 

 

個人的には「天才」は努力の賜物とおもっているので、安易に使いたくないワードなのですが、黒田氏は例外で、本当に天才気質のようです。

 

 

 

まず、学歴を見ますと、中・高は東京教育大学附属を卒業されており、大学は東京大学の法学部を卒業。




Ads by google


 

 

 

大学在学中に司法試験をパスしています。

 

 

 

卒業後は、大蔵省(現在の財務省と金融庁の役割を担う)に入省しています。

 

 

 

人事院の留学制度を利用し、1969年にオックスフォード大学へ留学。

 

 

 

2年後の1971年、同大学の経済学研究科修士課程修了しています。

 

 

 

今回の「マイナス金利」の発案にあたっても天才黒田氏の発案でなければ、かなわなかった話なのかもしれません。

 

 

 

そして、年収についてですが、2014年には年収が3422万円だったそうです。

 

 

 

多いと感じるでしょうか?思ったより少ないと感じたでしょうか?

 

 

 

しかしながら、省庁任期中の収入や退職金、アジア開発銀行総裁時の給料に鑑みると、黒田氏の生涯収入は10億を超えるともいわれています。

 

 

 

スゴイ!

 

 

 

 

私も富裕層へ入れるよう、日本経済の発展を期待します・・・(泣)。




 
Ads by rakuten


 

 

 

 

 

続いては、自宅家族は?についてです。

 

 

 

黒田総裁の自宅は、日本にないという噂があります。

 

 

 

噂の発端は、アジア開発銀行総裁としての任期中、フィリピンのマニラを自宅としていたそうです。

 

 

 

2013年にアジア開発銀行総裁を退任し、日銀総裁として2018年まで任期がありますが、さすがに拠点は日本へ移していると思われます。

 

 

 

 

そして家族についてです。

 

 

 

家族は先ほどお伝えした通り、息子二人に妻の4人家族ということです。

 

 

 

息子たちが結婚されているのかどうなのかは不明でした。

 

今回はここまでです。

黒田東彦さんが国民のためになる発案をされることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!

Ads by google


Leave a Reply