田中眞紀子が死去?現在の自宅や旦那は?子供は息子・娘?田中京が出馬?

2019年5月2日政治家・財界人・実業家

政治家として活躍の田中眞紀子氏。

 

たなかまきこ

 

父親は、ご存知、第64・65代の総理大臣を務めた田中角榮氏です。

 

3

 

田中眞紀子氏は、1993年自身が49歳となる年に、自民党の衆議院議員として初当選を果たし、その後6度当選されています。

 

その後、自民党から離れるきっかけとなったのは、2002年頃、秘書給与を他目的に流用したのではという疑惑が告発されたことでした。

 

結果的には不起訴となりましたが、党員資格を失い、かつ議員辞職をしています。

 

2003年11月に行われた衆議院選挙にて、当選し、議員として返り咲きました。

 

始めは民主党公認という立場をとっていましたが、その後入党されています。

 

2012年の衆議院選挙では比例でも復活の当選を図ることができず、落選。

 

2014年の衆議院選挙では立候補が注目されていましたが、出馬を見送りました。

 

年齢はなんと70歳を超えていたのですね。

 

いつか、小泉純一郎元首相が話していた自民党議員73歳定年制。

 

個人的な意見としては、議員全員70歳で、辞めてほしいです。

 

65歳でもいいかもと思うぐらいです。

 

65歳を過ぎた議員は、私利私欲、権利ばかりを誇示されている人物ばかりと思います。

 

若い世代が日本の未来を考えなければ、本当に日本に明るい未来は来ない気がします。

 

 

 

 

では、本題です。

 

田中眞紀子死去

 

2017年9月現在、田中眞紀子氏の名前を検索すると、ナゼか「死去」というワードが見られます。

 

もちろん現在死去されたという事実はなく、ご健在です。

 

ご安心(!?)ください。

 

政治家として、閣僚として前線で活躍されていることは毎日のように眞紀子節を聞かされていたので、あまりの静けさにこんなワードが躍ってしまったのかもしれませんね。

 

2018年は、父親である田中角栄氏の生誕100年を祝った祝典を5月に行いました。

 

その時の田中眞紀子さんがこちら!

 

 

仰っていることはごもっとも!現在も眞紀子節は健在ですね(笑)。

 

→次ページ 現在の自宅や旦那は?子供は息子・娘?田中京氏が出馬? についてです。