船越英一郎と松居一代が離婚?投資の失敗?母親は?妹が自ら絶命?

2017年10月12日俳優

俳優として活躍の船越英一郎さん。

 

 

ふなこし

 

 

2時間物のサスペンスにも多く出演されており、刑事の役をされているのを多く見かける気がします。

 

 

船越さん出演のCMでも歌われているように、「走る俳優」としても名を打っています。

 

 

2

 

 

2017年の7月には、年齢が57歳となります。

 

 

いつまでも若々しい船越さんですね。

 

 

では、本題です。

 

 

船越英一郎松居一代離婚?についてです。

 

 

2001年にタレント・エッセイストとして活躍の松居一代さんと結婚。

 

 

まついか

 

 

二人のなれそめは、松居一代さんからの猛アプローチだったそうです。

 

 

船越さんの撮影現場へ手作りのお弁当の差し入れや、部屋の掃除など、プライベートな部分で大きく支えることで、心をつかんだようですね。

 

 

一部のメディアでは、二人の書き出しに、「芸能界きってのおしどり夫婦」と掲載されています。

 

 

しかし時折、離婚の話が噂されていました。

 

 

松居さんの船越さんに対する、過度の干渉や束縛、他にも、船越さんが自宅と別にマンションを持ったことなどから、そのような噂となったようです。

 

 

別宅を持ったことは、その時はセリフ覚えなど仕事に集中するためとコメントされています。

 

 

その後もオフにはハワイやアジア圏などへ旅行に出かけていたようですので、噂に過ぎなかったようです。

 

 

しかし、2015年末より「やはり離婚?」と、真実味を帯びた話が湧き、情報番組をにぎわせました。

 

 

その発端は、2015年に川島なお美さんが54歳という若さで亡くなった際、

 

 

松居さんが「夫と川島なお美さんが過去にお付き合いしていた」ということを記者に話したことが問題となったようです。

 

 

記者からの質問に答える形ではありましたが、それにしても正直すぎた気がします。

 

 

無くなる前の川島さんは、2009年にパティシエの鎧塚俊彦さんとご結婚し、短い結婚期間でしたが本当におしどり夫婦という幸せな過ごし方をされていたと思います。

 

 

最後まで女優として輝き続けた川島さんの人生に水を差すようなコメント、必要なかったですよね。

 

 

その後、船越さんは別宅であるマンションへ多くの私物を運んだという話があります。

 

 

年明けの記者からの質問には「離婚話はないです。」と答えられていた松居さん。

 

 

果たして、二人にドラマのような展開はあるのでしょうか?

 

 

続いては、投資失敗?についてです。

 

 

20代より、投資家としての活躍もされている松居さん。

 

 

普段のお仕事からの収入のほか、投資による莫大な収益により、現在では資産が100億を超えるという話があります。

 

 

投資を始めて30年来、損益を出したことがないそうです。

 

 

しかしながら、2016年年明けの日経平均株価は、戦後初といわれる「続落」という動きを見せました。

 

 

2014年ころ、投資の中心は外国債などの債券やファンドという話をされていました。

 

 

世界同時株安は、中国経済の不安定さが影響の一つといわれています。

 

 

投資ですから、プラスもありマイナスになることもあると思いますが、松居さんに限っては、マイナスよりもプラスが勝っているようです。

 

 

家事もばっちり、お金もがっちり稼ぐという奥様、素晴らしいですね!

 

<ads by Rakuten>

 

続いては、母親は?についてです。

 

 

船越さんの母親は、女優の長谷川裕見子さん。

 

 

父親は、同じく俳優をされていた船越英二さん。

 

 

2

 

 

松居さんの方が、再婚で子連れということもあったためか、船越さんのご両親は二人の結婚に猛反対だったそうです。

 

 

英一郎さんが船越家の資産を放棄し、その後船越家とは絶縁状態という話もネットには見られます。

 

 

しかし、実際にはそうでもないようです。

 

 

2010年に船越さんの母親は、85歳で亡くなられましたが、生前「松居一代はわが娘同然である」と語られていました。

 

 

松居さんは船越さんの出演が決まると、必ずご両親へメールで伝え、ご高齢となった母親にも毎日のように身体を気遣う内容のメールを送っていたそうです。

 

 

松居さんの優しい人柄が伺えますね。

 

 

続いては、が自ら絶命?についてです。

 

 

船越さんには、がいました。

 

 

は1990年より、父親が創業した会員制の旅館の経営とおかみとして働いていたそうですが、「うつ病」を発症。

 

 

2010年に46歳という若さで自ら命を絶ってしまいました。

 

 

それから5か月後に母親を亡くされているので、この年の船越さんの心痛は計り知れません。

 

 

船越さんのこれまでの実生活もひとつの名作となりそうです。

 

 

こちらの動画もどうぞ!

 

今回はここまでです。

これからも、船越英一郎さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!