森山良子・寺島毅医師コロナ現状訴える「つたえたいこの場所から」歌詞

2021年2月25日歌手・音楽家

2021年に入り、新型コロナウイルスの猛威も落ち着いてきた感があります。

 

何より、医療従事者のこれまでの血の汗滲む苦労と活躍のおかげと思います。

 

自身も過酷な現場で仲間と患者の命を救うために戦い、見守ってきた医師であり教授として活躍の寺島毅医師。

 

 

寺島毅医師はニッポン放送に、2021年2月にいまだ変わらぬ医療現場の状況を伝えるメッセージとともに…

 

「今回の緊急事態宣言は、前回ほどの緊張感を持って受け止めてもらえていない気がします。ふと、思いついて、メッセージが伝わるきっかけにと作詞してみました。この詞を使って、リスナーの皆さんに病院で起こっていること、またコロナの怖さをわかっていただければ幸いです」

 

新型コロナウイルスの流行、落ち着いてきたと思っていましたが、まだまだ毎日感染者が報告され、患者がいる限り医療従事者の命を削る戦いが続きます。

 

そして、思わぬ形で永遠の別れとなってしまう家族がいます。

 

 

ニッポン放送で月曜日にオールナイトニッポンゴールドのパーソナリティを務めている森山良子キャプテン(ほかの担当曜日のパーソナリティも森山良子さんのことを「キャプテン」づけて呼んでいます)。

 

番組内で寺島毅医師の詞を朗読しました。

 

 

リスナーからの反響は大きく、スタッフと話すうちに森山良子さんが曲を付けたいと考え、メッセージ性の高い一つの曲が完成しました。

 

曲の音源が今のところ見つからなく、残念ですが、詞を心に刻みつつ、引き続き「感染しない、感染させない」行動をとりたいですね。

 

では、寺島毅医師作詞、森山良子さん作曲の「つたえたい この場所から」の歌詞をご覧ください。

 

<ads by Rakuten>

 

「つたえたい この場所から」

今愛する人から一つの命が別れを告げた。
僕らは忘れないスマホの向こうで手を振る顔

そう、あなたに守りたい家族がいるから
伝えたい今日はおうちで

そう、あなたに大切な仲間がいるから
伝えたい 今は一人でも

そう みんなにこれまでのきせきがあるから
伝えたいみんなで辛抱を

自分はかからないって強がりはやめて
つたえたいみんなで辛抱を

今朝静かな部屋から最後のリズムがぽつんと消えた
僕らは忘れないスマホの向こうで励ます声を

そう あなたもあの頃の家族の思い出
忘れずに今日の気持ちを

そうあなたが会いたくて会えない毎日
伝えたい 一人ではないこと

そう世界にこれからの明日があるから
伝えたい しばしの辛抱を

怖くはないなんて強がりはやめて
伝えたい しばしの辛抱を

ラララララ…
みんなで辛抱を
ラララララ…
伝えたい、しばしの辛抱を

 

今回はここまでです。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)