声優大塚芳忠代表作ワンピース・鬼滅の刃!ナレーションはバンキシャ?嫁は?

クリエイター・声優・キャラクター

声優として活躍の大塚芳忠(おおつかほうちゅう)さん。

 

1954年生まれで、出身地は岡山県津山市。

 

 

本名は「ほうちゅう」ではなく、「よしただ」さんと読みます。

 

みんな「ほうちゅう」と呼ぶことから、呼び名を変えたそうです。

 

学歴は岡山県立津山高等学校を卒業後、あてもなく東京へ。

 

とりあえずアルバイトをしていると、お店の常連さんと仲良くなり、「ずっとこんな生活するの?」という話をされたそうです。

 

その方の職業はテレビ局の外画のプロデューサーで、色々仕事の話を聞いているうちにメディア業界の仕事をしたいと思い始め、仕事を紹介してくださいとお願いしたところ、1週間後に声の仕事をいただいたそうです。

 

あてもなく東京へ行っていなかったら、アルバイト先が違うところだったら、全く違った人生となっていたかもしれません。

 

偶然の出会いから、人生が決まってしまったのですね。

 

 

声優大塚芳忠代表作「ワンピース」・「鬼滅の刃」誰役?

 

大塚芳忠さんの名前を検索すると、「ワンピース」・「鬼滅の刃」という関連ワードが見られています。

 

「ONE PIECE(ワンピース)」では、「モンブラン・ノーランド」と「ゼット」の声を担当。

 

 

「鬼滅の刃」では、鱗滝左近次役を担当。

 

 

関連ワードとなっているから、この2作品が代表作というわけではありません。

 

大塚芳忠さんのお誕生日近くには、ファンが選ぶ大塚芳忠さん担当の大好きキャラ投票的な企画が行われています。

 

数多くの作品を担当されているので、このキャラも大塚芳忠さんなんだ!という役もありそうですね。

 

 

ナレーションはバンキシャ?

 

日本テレビ系列で日曜日に放送の報道番組「バンキシャ!」。

 

大塚芳忠さんは、バンキシャ!でナレーターを務めています。

 

 

2020年10月25日に放送された「バンキシャ!」は、神回となりました。

 

番組ではアニメ「鬼滅の刃」を特集。

 

先ほどもお伝えしましたが、鱗滝左近次の声を担当しているということもあり、ナレーターだけではなく、声あてや、インタビューされる側にもなりました。

 

見逃してしまったファンからは、「悔しい~」とか、見ていたファンも「録画しておきたかった…」というツイートが数多く見られました。

 

人気の高さがうかがえますね。

 

<ads by Rakuten>

 

嫁は?

 

大塚芳忠さんは同じく声優として活躍の弥永和子(やながかずこ)さんと結婚されました。

 

しかし、2014年に67歳という若さで「肺血症」によりこの世を去っています。

 

 

NHK教育(現在のEテレ)で放送されたアメリカのドラマ「フルハウス」など、吹替でご夫婦共演された作品がいくつかあります。

 

もっと数多くの作品で楽しませて欲しかったですね。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

今回はここまでです。
これからも、大塚芳忠さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)