冨士眞奈美の年齢は?仲良し3人とは?若い頃画像!娘と旦那は?

女優

女優として活躍の冨士眞奈美さん。

 

本名は岩崎真奈美さんといいます。

 

「冨士」という芸名の由来は、静岡県の出身なので富士山が好きだったためだそうです。

 

父親が新聞記者として勤めていた影響もあり、読書が大好きで将来は作家もしくは編集者になりたかったそうです。

 

しかし、高校卒業後女優になりたいと決意し、親の反対を押し切っての上京をしました。

 

そして、1958年ドラマ「この瞳」で主演デビューをされ、現在の活躍に至ります。

 

 

冨士眞奈美の年齢は?

 

冨士眞奈美さんは1938年生まれですので、年齢が80歳代となりました。

 

現在も、年齢を感じさせない美しさがあります。

 

私生活では、中日ドラゴンズファンであることもあり、趣味に野球観戦とあります。

 

他にもオペラ鑑賞や相撲観戦とあるので、現在も変わらず行動範囲が広いようです。

 

 

仲良し3人とは?

 

1959年にNHKで放送のドラマ『輪唱』で三姉妹役で共演した馬渕晴子さん、小林千登勢さんと共に「NHK三人娘」と呼ばれ、大人気となった冨士眞奈美さん。

 

撮影後も仲が良かったという馬渕晴子さんと小林千登勢さんには先立たれてしまいました。

 

その後の冨士眞奈美さんの仲良し3人とは、吉行和子さんと岸田今日子さん。

 

しかし、岸田今日子さんも2006年に享年76歳でお亡くなりになりました。

 

吉行和子さんも年齢が80歳を過ぎましたが、冨士さんに負けず劣らず若々しいですね。

 

<ads by Rakuten>

 

若い頃画像!

 

芸歴60年以上という冨士さん。

 

現在も変わらず、輝いていますが若い頃はさらに素敵だったことでしょう。

 

では、ご覧ください。

 

冨士眞奈美さんの若い頃画像!←こちらから。

 

若い頃はとってもキュートですね。

 

 

娘と旦那は?

 

冨士さんは1974年に結婚されました。

 

旦那様となった方は放送作家として活躍の林秀彦さん。

 

交際期間はなんと7年間。

 

結婚後は女優業をやめ、家に入りました。

 

結婚期間は、およそ10年で、1984年に離婚しています。

 

離婚理由は、お互い自由に仕事をするためということだそうで、慰謝料養育費は発生しませんでした。

 

離婚後も友人としての交流が続いたそうです。

 

子供についてですが、結婚から2年後の1976年に娘が誕生しています。

 

当時、冨士さんは37歳だったそうです。

 

娘は小説家、脚本家(アニメ)、ロック歌手として活躍の岩崎里鶴(岩崎リズ)さんです。

 

 

数多くの分野で活躍されているのですね。

 

冨士さんは娘を過保護に育てていたそうで、娘が忘れ物をすると、車で学校に先回りして渡していたそうです。

 

優しいお母さんですね。

今回はここまでです。
これからも、冨士眞奈美さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!