八千草薫死去!若い頃・宝塚画像!現在病気は?旦那と子供は?

2019年10月28日元宝塚女優

 

女優として活躍の八千草薫さん。

 

本名は谷口瞳さんと言います。

 

 

身長は154cmと小柄ながらも、存在感が光るチャーミングなオーラをいつも感じます。

 

 

では、本題です。

 

八千草薫さんが死去!

 

昭和・平成・そして令和と数多くの作品に出演し、幅広い世代に愛されてきた八千草薫さんが、2019年10月末ご逝去されました。

 

ご逝去される2時間前まで普通の会話をされていたそうです。

 

最後の最後まで名女優…それ以上に言葉が見つかりません。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

若い頃宝塚画像!

 

八千草薫さんは、元宝塚女優さんだったのですね。

 

八千草薫さんの若い頃・宝塚画像!←こちらから。

 

八千草薫さんは宝塚の34期生。

 

ちなみに、真矢みきさんは67期生、檀れいさんは78期生です。

 

これほどまでに清楚で美しい方に、若い頃の画像なんて表現も申し訳ないのですが、若い頃は一層お綺麗ですね。

 

 

病気は?

 

八千草薫さんは、なんと年齢が88歳にもなっていたのですね。

 

まさか年齢が80代後半とは驚きです!

 

奇跡の80代ですね!

 

これまで、見ない日はないといえるほど、活躍を続けていた八千草さん。

 

これほどのハードスケジュールを続けてきて、あまり病気の話を聞いたことがありませんでした。

 

それでも何かしらの病気で舞台降板などはないのか?と調べてみますと…

 

2010年に「右ひざ膝蓋骨負傷」により、映画の授賞式を欠席。

 

3月のドラマ撮影中に転倒し打撲したそうで、その後お仕事で渡米していましたが、状態が悪化してしまったそう。

 

ひざに水がたまってしまい、水を抜きながら、お仕事を続けていたようです。

 

授賞式も痛み止めを打ち、本人は参加を楽しみにしていましたが、関係者に止められてしまったそうです。

 

他に、2016年2月にインフルエンザに感染。

 

舞台「かあちゃん」の大阪公演を休演。

 

予防接種を2度もしましたが、舞台前日に発症、無念の休演となってしまったそうです。

 

ケガ・病気でお仕事に影響があったのはこの2つだけ。

 

<ads by Rakuten>

 

しかし、その後2017年に乳がんであることが分かり同年に手術。

 

2018年にはすい臓がんとなり、全摘手術をうけました。

 

そして、2019年肝臓にガンが転移していることが判明。

 

その後、自身初めてともいえる長期療養となりました。

 

80歳代後半まで長期休むことなく活躍を続けてきたとは…!?

 

自己管理の徹底ぶり、並々ならぬ「女優魂」を感じます。

 

 

旦那には女性問題が?

 

八千草薫さんは1957年、自身の年齢が26歳の頃に結婚。

 

旦那様は映画監督として活躍された谷口千吉さん。

 

八千草さんはもちろん初婚でしたが、谷口千吉さんの方は結婚が3度目でした。

 

一人目は脚本家の水木洋子さん。

 

結婚期間1938-39年と、わずか1年。

 

二人目は女優の若山セツコさん。

 

結婚期間は1949年-1956年。

 

1956年公開の映画「乱菊物語」は谷口千吉さんが監督。

 

八千草さんがその作品に出演したことが二人の出会いでした。

 

1961年に若山セツコさんは、病気により一時芸能界を離れました。

 

略奪婚ともいえる、結婚の結末に若山セツコさんは深く心が傷ついてしまったようです。

 

その後も精神の不安定が続き、精神病院に入院中、自ら命を絶ちました。

 

八千草さんと谷口さんは年齢差が19歳。

 

個人的には、八千草さんは引く手あまただったでしょうに、なぜ当初妻帯者であった谷口氏を生涯の伴侶として選んだのでしょうか?

 

八千草さんは父親を2歳の頃に無くしたという話もありますから、旦那だけど父親のような存在も必要としていたのかもしれませんね。

 

 

子供は?

 

オフの日は一緒に登山を楽しんだり、おしどり夫婦といわれた八千草さんと谷口さんですが、子供はいないそうです。

 

谷口さんの前妻、前前妻との間にも子供の話題は見当たりませんでした。

 

最近聞かれる「男性不妊」だったのでしょうか?

 

この話についてはデリケートな話題でもあるので、この辺で。

 

今回はここまでです。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)