小日向文世若い頃誰の付き人?息子は俳優に!嫁は?本名や出身地は?

俳優として活躍の小日向文世(こひなたふみよ)さん。

虫もつぶすことが出来なさそうな柔和な笑顔。

しかし一転、悪役を演じることもあります。

同じ人物とは思えないくらい違ったオーラを感じますね。

では、本題です。

小日向文世は若い頃誰の付き人だったの?

この話、もう結構有名な話なので、ご存知の方も多いと思います。

小日向文世さんは、若い頃、歌手・俳優として活躍の中村雅俊さんの付き人をされていたのですよね。

当時の二人の画像がコチラ!

ちょっと下を向いていますが、向かって左の方が小日向文世さんですね。

ひと昔前は、このようなヘアースタイルがトレンド俳優の定番だったようです(笑)。

当時バイトをしていた社長から、中村雅俊さんのコンサートを手伝わないか?と聞かれ、

中村雅俊さんに気に入れられれば、「文学座」に入れるかも!?と考え、引き受けたそうです。

それがきっかけで付き人になれるとは、他にもスタッフは大勢いたでしょうに、とても運がよかったですね。

さらに若い頃の小日向さんの画像を続けます。

ズボンの裾の長さの違いは、流行りだったのでしょうか?

今、見ると面白く思えますね。

中村雅俊さんの付き人の後に、「オンシアター自由劇場」に入団。

その時には、笹野高史さんが大道具のチーフ、小日向さんは美術のチーフを務めていたそうです。

今や大御所俳優といわれる立場となっていますが、やはりつらい下積みの過去があったのですね。

息子は俳優に!

小日向さんには、息子が2人います。

娘はいないようですので、子供は息子2人のようです。

2017年4月には、長男さんが21歳の大学4年生、次男が18歳で大学入学となったそうです。

長男は演劇サークルに入っており、将来俳優となると決めたということです。

同じ道を進むことを決めた息子に対し、父親としてどんな言葉をかけたのでしょうか…?

文世さん自身、俳優業は面白いと考えているということで、反対はできなかったそうです。

しかし、ずっとアルバイトをしながら芝居をやっている人がたくさんいるという現実を伝え、その覚悟をしなくてはならないと伝えたそうです。

テレビで多く見かける俳優になるのは、本当に一握りなんですね。

2018年あたり息子が俳優デビューとなるでしょうか?

2世俳優といっても近年は風当たりが強いこともありますが、始めのうちは温かく応援したいですね。

<Ads by Rakuten>

嫁との意外な習慣とは?

小日向さんが39歳となる年に結婚。

さんとなった方は、11歳年下なのだそうです。

さんとの出会いは、同じ劇団に所属していたこと。

劇団仲間に内緒で3年間お付き合いし、結婚に至りました。

結婚から25年ほど経過しましたが、現在も行ってきますのキスをしているそうで、

子供たちとも、ハグやぐータッチなど、家族とのスキンシップを大切にされているそうです。

海外ドラマや映画などで見られるような、素敵な習慣ですね。

人生いつどこで終焉を迎えることとなるかわからない、ということも家族とのスキンシップを大切にしたいと考えた理由の一つなのだそうです。

本名や出身地は?

本名は、そのまま「小日向文世」さんなんですって!

「文世」と名付けた由来は「文章で世のためになる」ということからなのだそうです。

文世さんには上に兄と姉がいるそうで、二人の名前にも「世」という文字が使われているそうです。

出身地は北海道三笠市。

北海道は夏が短いので、震えながらオタモイ海岸で海水浴をしていた記憶があるそうです。

現在は自宅は都内のようで、自身の苗字と同じ東京都文京区の小日向市に住んでいるという面白い噂があります。

今回はここまでです。

これからも、小日向文世さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

error: Content is protected !!