前原誠司が落選?北朝鮮美女とは?嫁と子供は?かつらなの?

2019年2月22日

政治家として活躍の前原誠司氏。

 

 

2017年9月1日、前党首の蓮舫氏が退任したことで行われた民進党代表選挙。

 

立候補したのは、この二人。

 

前原誠司氏と枝野幸男氏。

 

 

党員・サポータ、地方議員までの時点では、事前評価とおり前原誠司氏が252Pと64Pも枝野幸男氏よりも優位にありました。

 

選挙の争点はやはり「野党との連携」でしょうか?

 

野党第一党として、他野党との連携は大きなポイントとなったようです。

 

結果、502P-332Pと、前原誠司氏が民進党の新しい党首となりました。

 

民主党時代では43歳という若さで一度党首を経験されています。

 

前党首時代の反省を生かすことができるのか?と見守っていましたが…!?

 

 

<ads by google>

 

 

では、本題です。

前原誠司落選

 

民進党党首として就任直後の臨時国会にて、衆議院解散となりました。

 

その際、党首である前原氏が一番初めにとった選挙対策は民進党ではなく、「希望の党もしくは無所属で出馬すること。」でした。

 

 

前原氏自身は無所属での出馬を決めました。

 

民進党はそのまま新党である「希望の党」吸収合併されるのかと思いきや、小池百合子氏は、

 

「民進党員すべてを受け入れるという考えはさらさらない。政策面など一致を確認する」ことを表明。

 

確かに、小池百合子氏のおっしゃっていることはごもっとも。

 

上層部だけ立派で、ほかは人数厚めの「~ボーイズ、~ガールズ」たちでは、「魔の2期生」なんて言葉が示すような出来事が繰り返されます。

 

これまで民進党で中心的に活動してきた議員でも、小池氏にはじかれたとの話も聞こえ始めた時…

 

枝野幸男氏が「立憲民主党」を結党。

 

 

立憲に続くのは「民進党」ではなく、前前身の「民主党」という名前ですね。

 

ここまでくると、無所属で出馬を決めた前原氏の存在が、う・す・く・・な・・って・・いく…

 

無所属では、投票してもその立候補者の意見が国政に行かされるかどうか?

 

となると、これまで安定基盤を持っていた前原氏でも落選の可能性が出てきたのでは?と考える人も出てきたようです。

 

とりあえずは、2017年の選挙では当選しますが、党員たちが落選。

 

野党第一党は、枝野氏率いる立憲民主党となりました。

 

これらの責任を取る形で、前原氏は代表を辞任。

 

無所属で当選後、希望の党に入党が認められますが、その後、希望の党は民主党と合流した国民民主党として始動。

 

ダメだった同士が結局合流することに。

 

こうなるならはじめっから…なんて、後の祭りでしたね。

 

 

<ads by google>

 

 

北朝鮮美女とは?

 

前原氏が北朝鮮へ渡った際に「ハニートラップ」にかかったのでは?という噂があります。

 

その画像がこちら。

 

前原誠司氏と北朝鮮美女画像←こちらから。

 

映画「タイタニック」にあった船先で鳥のように空を飛ぶシーンをまねしたような画像まで…!?

 

他にも、この北朝鮮美女と仲睦まじく写真に納まる様子がネットで見られます。

 

明らかにどれも自撮りの写真ではなかったので「二人っきりではなかった」ことは間違いないようです。

 

写真に写っていない時間については、この二人がどうしていたのかは知りえませんが…ね。

 

どうして政治家って、人の振り見て我が振り直さないんでしょうね?

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

子供は?

 

前原氏のというと前原愛里さんというそうです。

 

奥様は人材派遣会社の社長秘書をされていた方なのだそうです。

 

綺麗なおさんです。

 

出会いは知人の紹介ということです。

 

子供についてですが、いらっしゃらないようです。

 

自身も世襲議員ではないので、もし子供がいても必ずしも政治家にすると考える人物ではなさそうな感じです。

 

前原氏の父親は京都家庭裁判所職員として勤務されていました。

 

前原氏が中学2年のころに、父親は自らの命を絶ちこの世を去っています。

 

苦労人だったようですね。

 

 

<ads by google>

 

 

かつらなの?

 

こればかりは、ご本人からのカミングアウトがなければ、かつらかどうかはわかりません。

 

特に、薄毛を感じる時期もなかったので、かつらではないと思います。

 

年齢の割に、濃い髪なので、かつら疑惑が浮上したのかもしれませんね。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。