上沼恵美子の旦那は?息子が逮捕?夫源病の病気で離婚?若い頃画像!

2018年7月25日お笑いタレント

お笑いタレント、歌手、司会者として活躍中の上沼恵美子さん。

 

かみぬまえみこ

 

テレビ朝日系列で放送中の「おしゃべりクッキング」。

 

放送開始は、1995年4月からですので、2015年には、なんと20年という大きな節目を迎えています。

 

 

現在と比べて、かなりほっそりとしていますね(笑)。

 

上沼恵美子さんの軽快なトークで大笑いするとともに、毎回、晩御飯のおかずの大きなヒントになりますね。

 

 

 

 

では、本題です。

上沼恵美子旦那の仕事は?【画像あり】

 

上沼さんは1977年に、元、関西テレビ所属のプロデューサーである、上沼真平さんと結婚します。

 

2

 

 

旦那様は、昭和のおやじそのもので、家事は全て恵美子さんが行っているそうです。

 

靴下すら自分で用意することなく、恵美子さん頼りなのだそうです。

 

また、旦那様の要望により、恵美子さんの仕事をする範囲は、「西は姫路、東は京都まで」と決めているそうです。

 

レギュラー番組も多く、全国放送にも出演されているので、拠点が関西圏のみ、という風には感じませんでした。

 

 

 

 

息子が逮捕はガセ!

 

上沼さんの子供は、息子が二人。

 

1979年と1984年に誕生しているので、上の息子さんは40歳過ぎなんですね。

 

下の子供も30歳代後半の年齢になるのですね。

 

長男の方は、上沼さんの個人事務所に勤務されています。

 

次男さんは放送作家ということです。

 

子育ても終わり、フル回転で活躍していますね。

 

一つ気になるのが、上沼さんの名前を検索するとみられる「息子 逮捕」のキーワード。

 

結果からお伝えしますと、まったくそのような事実はありませんでした。

 

こちらは、みのもんたさんの息子が逮捕されたときに有能な弁護士を頼んだことで不起訴となったという話から、飛び火したといわれています。

 

上沼さんも子供が罪を犯しても不起訴にする力がありそう~という勝手な想像からつながったようです。

 

とんだ、悲しいとばっちりでしたね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

「夫源病」の病気で離婚の危機!?

 

2014年2月に突然の入院で、様々なレギュラー番組をお休みしました。

 

心配された病気は「A型肝炎」と言われています。

 

病気の原因はなんと「生ガキ」。

 

「出産以来、初めての入院…。」と、仕事を休まなければならない状況に、かなりショックを受けていたようです。

 

しかし、すでに独立した息子たちがお見舞いに来てくれたことは、大変うれしかったようです。

 

普段の存在感があまりにも大きいので、見ているほうもかなり驚いた話でした。

 

そして2018年上沼さんは新たな病気を診断されたようです。

 

その病名とは「夫源病」。

 

医学的に正式な名称ではまだないのだそうですが、どんな病気なのかというと、字のとおり夫の行動・言動などが原因で妻が不調になる病気を指すのだそう。

 

上沼さんもこれまで昭和のおやじともいうべく亭主関白な旦那につくしに尽くしてきました。

 

しかし、結婚41年目にしておしどり夫婦と長年言われてきた間柄にも「離婚」の二文字がネットに踊るようになりました。

 

気丈な上沼さんを追い込んだといわれるエピソードがいくつかあります。

 

 

 

 

2008年に旦那が退職。別荘へいったり、ハワイへ行ったりとゆうゆう自適な生活を送るが、一切家事は手伝わず。

 

自身が高熱を出した時、「先に横になるわ~」といったら、旦那から「俺の晩飯はどうなるねん」といわれた。

 

2015年には恵美子さんは実の母親を亡くしました。

 

その時も、夫が恵美子さんの心の支えとなることはなかったのだそう。

 

他にも積もり積もったストレスの影響で、上沼さんは自律神経を患い、めまいや動悸・不眠などに悩まされます。

 

その時、医師に「夫源病」と診断されたのです。

 

その後、上沼さんは適度に夫との距離を持つために、ホテル暮らしを時折しているようです。

 

しかし、周囲から恵美子さんの稼ぎで好き勝手旦那が遊び暮らしているといわれるのは嫌な様子。

 

惚れた弱みなのでしょうか?

 

離婚について記者から問われると、面倒だから離婚はしない~とコメントされたそう。

 

自虐的に離婚裁判となると泥沼恵美子や~と過去に言っていたそうですが、そうならないことを願います・・・。

 

→次ページ 自宅はどこ?若い頃の画像! についてです。