村上龍の出身校と事件とは?息子は?ツイッター!お勧め作品は?

小説家・映画監督として活躍中の村上龍さん。

4

テレビ司会者、解説者としても活躍し、現代の若者に対しても、問題を投げかけてくれています。

1

では、本題です。

村上龍出身高校事件とは?

2014年8月現在、村上龍さんは「高校」、「出身校」というワードとともに多く検索されています。

2014年7月に佐世保で、同級生殺人事件が起こりました。

事件の起こった高校佐世保の県立高校ということでニュースが流れましたが、どうやら村上龍さんの出身校であるようです。

どんな思いで、この佐世保の事件を聞いたのでしょうか?

こんなにも悲しい・恐ろしい事件が、しかも母校で起こるなんて、本当に残念ですね。

続いては、息子は?についてです。

1976年は村上さんにとって、小説家デビューの年でした。

武蔵野美術大学造形学部に在学中、「限りなく透明に近いブルー」で第19回群像新人文学賞と、第75回芥川龍之介賞を受賞されました。

処女作で、2つもの大賞を受賞したことで、一気に小説界で注目を集めます。

その後、小説家としての一筋を選択されたのか、大学は中退されました。

そして同年、エレクトーン奏者の奥様との間に息子をもうけます。

2014年には息子さんは38歳くらいになっていますね。

何をされている方なのかはわかりませんが、父親同様、世間に流されることなく、自分の意見を持った人物となっているのではないでしょうか?

<Ads by Rakuten>

続いては、ツイッターについてです。

村上さん自身のツイッターは存在しないようです。

村上さんの電子書籍関連スタッフによるツイッターは見られました。

そして、多く見られるのが、ファンによるツイッターです。

数多くの村上さんの格言・名言をまとめた、つぶやきをされています。

どれも、こころに響く、しみる、言葉ばかりです。

ぜひ、ご覧くださいね。

続いては、お勧め作品は?についてです。

こちらも多くの村上ファンが、自己流で作品お勧めランキングを伝えたり、お勧めを質問したりしている方がいます。

村上さん自身も他作者の作品をお勧めしたりもしています。

数多くある村上作品を、これから読んでみようと思う方は、ぜひ参考にされるといいですね。

今回はここまでです。

これからも、村上龍さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!