和田毅とフットサル?プロスピは?年俸と成績!弟と嫁と子供は?ブログ!

2017年10月9日スポーツ

プロ野球選手として活躍中の和田毅さん。

 

 

5

 

 

早稲田大学在学中の2002年、東京六大学野球にて江川卓氏が保持していた、奪三振記録443の記録を更新、446まで記録を伸ばしました。

 

 

各球団が和田毅さんの獲得に奔走しますが、ドラフトでは福岡ソフトバンクホークス(当時:ダイエーホークス)の自由獲得枠で入団をきめます。

 

 

入団の理由に、現ホークス監督の秋山幸二さんの引退試合の時の、ファンの温かさに感動したことを挙げています。

 

1

 

 

和田毅さんの活躍はファンの大きな応援があってこそ、なんですね。

 

 

では、本題です。

 

 

 和田毅とフットサル?についてです。

 

 

 和田さんはご存じのとおりプロ野球選手ですが、なぜか検索ワードの上位に「フットサル」を含めて検索されています。

 

 

 これは、石川県にあるフットサルチームに同姓同名で「和田毅」さんがいらっしゃるからなんですね。

 

 

 和田毅という名前は、姓名判断的に将来スポーツで活躍される人になる運勢があるのでしょうか(笑)??

 

 

続いては、プロスピは?についてです。

 

 

 野球は好きですが、プロスピと言われてもピーンときませんでした。

 

 

 これは、「プロ野球スピリッツ」というゲームの名前の略を「プロスピ」と言ってるようです。

 

 

 私もゲーム好きですが、どうしても許せないのが、野球場で試合中にずっとゲームをしている子供がいること。

 

 

 最近は子供に限らず、大人もゲームをする姿がみられる始末。

 

 

 野球場でリアルの野球が見られるのに、ゲームに没頭する人がいるなんて、悲しい・・・。

 

 

 話はプロスピに戻りまして、ゲームの和田さんを攻略するために、ネットでは情報交換が行われているため、合わせて検索されているのですね。

 

 

ちなみに、「巨人」と検索されているのは、メジャーから帰国する場合、巨人が和田選手どりに動くのでは?ということで「巨人」というワードを絡めて検索している方が多いようです。

 

<ads by Rakuten>

 

 続いては、年俸成績!についてです。

 

 

 2012年の年俸が$370万といわれ、このころは1$=80円ぐらいですので、約3億円ですね。

 

 

2013年の年俸は日本円で4億700万円と言われています。

 

 

大活躍の証ですね。

 

 

 2014年の成績については、7月29日にメジャー初勝利を収めました。

 

 

2012年、和田さんが30歳の頃、FAを行使し、メジャーへ挑戦し、渡米します。

 

 

しかし、残念ながら故障のため、手術をし、試合出場は見送られました。

 

 

2013年はマイナーリーグでの調整となり、メジャーでの試合はありませんでした。

 

 

そして、満を持しての2014年。

 

 

前半戦は1試合の出場で、投球回数5、打者19人に対し、被安打5

 

 

三振3、ファーボール1、失点1という成績でした。

 

 

そして後半戦、待ちに待ったメジャー初勝利が見られました。

 

 

 残りの後半戦も活躍が期待できそうですね!

 

 

 続いては、子供は?についてです。

 

 

 和田選手にはが一人いるようです。

 

 

 弟は立教大学へ進学し、同じく野球で活躍されていたようです。

 

 

 嫁は元グラビアアイドルとして活躍されていた、仲根かすみさんです。

 

 

 2005年に結婚

 

 

さんの仲根かすみさんは結婚を機に芸能界は引退されています。

 

 

仲根かすみさんって、元ねずみっこくらぶだったんですね。

 

 

なつかしい・・・。

 

 

子供は一人のようです。

 

 

2006年の9月に女の子どもが誕生しています。

 

 

 

続いては、ブログ!についてです。

 

 

和田選手はアメブロにブログを開設しています。

 

 

ブログの題名は「Tsuyoshi Wada」と言います。

 

 

写真は少ないのですが、時折活躍上場などUPされているので、ぜひご覧くださいね。

 

 

また、検索ワードに「最新速報」というワードも上位にあります。

 

 

これは、和田さんのファンの方が、ブログに最新の活躍状況や、試合の速報を伝えています。

 

 

アメリカへ渡っても、変わらず人気者ですね。

 

今回はここまでです。

これからも、和田毅さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!