白城あやか結婚式画像!何期?十文字とは?中山秀征と馴れ初めは?真彩希帆と現在は?

元宝塚女優

元宝塚歌劇団星組トップ娘役として活躍された白城あやかさん。

 

1967年生まれで、出身地は東京都足立区。

 

 

学歴は、東京都豊島区にある女子校の十文字高校を卒業後、1986年宝塚音楽学校へ入学(74期生)。

 

同期には、和央ようかさん、森奈みはるさん、麻乃佳世さん、渚あきらさんなどがいらっしゃいます。

 

1988年に宝塚歌劇団入団し、当初は花組に所属しました。

 

1992年に紫苑ゆうさんの相手役として星組トップ娘役に選ばれます。

 

そして、1997年「エリザベート-愛と死の輪舞-」の舞台を最後に宝塚歌劇団を退団。

 

 

現在は、宝塚OGとのトークショーや、オイルソムリエとして講演会や美容イベントなどに登場されています。

 

 

 

白城あやか結婚式画像!

 

白城あやかさんは1998年に結婚されています。

 

旦那様となった方は、俳優・タレント、司会者として活躍の中山秀征(なかやまひでゆき)さん。

 

 

結婚式は明治神宮で行われ、当時の星組生54人含む450名ほどが参列するという大きな結婚式となりました。

 

では、ご覧ください。

 

白城あやかさんの結婚式画像!←こちらから

 

多くの方に祝福されていたのですね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

中山秀征と馴れ初めは?

 

白城あやかさんと中山秀征さんの馴れ初めは、同じく元宝塚歌劇団に所属していた朝香じゅんさんの紹介だったそうです。

 

中山秀征さんの所属事務所であるワタナベエンターテインメントの当時のデスクマネージャー(クライアントの依頼を受け、事務所に所属している芸能人から適した人を紹介するお仕事をしている人)が、大の宝塚ファンでした。

 

その方が朝香じゅんさんと友人関係であったつながりもあり、朝香じゅんさんが中山秀征さんを宝塚に招待。

 

舞台にいた白城あやかさんを見て、一目惚れしてしまいました。

 

その後、朝香じゅんさんが、中山秀征さん、白城あやかさんと3人で帝国ホテルで食事をする機会をつくってくれ、初対面。

 

白城あやかさんも中山秀征さんに会って、将来結婚する人だと直感したそうです。

 

お互いに一目ぼれ状態だったようですね。

 

宝塚を退団すると決まった時には、 「なんで?君の舞台をもっと見たいよ。」といっていたそうです。

 

現在もおしどり夫婦といわれているお二人には、4人の男の子がいます。

 

長男の中山翔貴クンは、2022年に俳優として芸能界デビューしました。

 

 

https://twitter.com/SportsHochi/status/1508278370810822663?s=20&t=Lg4thvz8LrUrSvaInh2gHQ

 

息子たちは、1999年、2003年、2005年、2007年に誕生しています。

 

結婚後は子育て中心の生活をされていたようですね。

 

 

 

 

真彩希帆と現在は?

 

同じく元宝塚歌劇団に所属(98期)されていた真彩希帆(まあやきほ)さん。

 

 

白城あやかさんの名前を検索すると真彩希帆さんの名前が見られたのですが、どういったつながりなのでしょうか?

 

調べてみますと、真彩希帆さんのあこがれの人が白城あやかさんなんだそう。

 

可愛さもあり、恰好よくもあり、やさしさや包容力も感じ、白城あやかさんのように役どころにより七変化できる役者になりたいと思っていたそうです。

 

音楽学校時代には、白城あやかさんがヒロインだった「うたかたの恋」を毎朝見てから授業に行っていたというほどの熱烈ファン。

 

 

2017年の白城あやかさんのブログには、真彩希帆さんが出演した舞台を観劇された話も見られ、

 

相手役さんの真彩希帆さんも初々しく、歌もお上手でワイルド ホーン氏の曲にのせたお二人の歌声はとても聴き応えがあって素晴らしかったです。

 

と、コメントされていました。

 

憧れの先輩からのコメント、嬉しかったでしょうね。

 

今回はここまでです。
これからも、白城あやかさんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)