釜萢敏医師の読み方は?かまやつひろしと親戚?高校・嘘つき?髪型ハゲ・カッパ?

ジャーナリスト・教育者・コメンテーター

医師として活躍の釜萢敏氏。

 

1953年生まれで、出身地は群馬県。

 

 

1978年に日本医科大学を卒業し、1984年に同大学院を修了されています。

 

1980年より小児科の勤務医となり、1988年には高崎市に「小泉小児科」を開業。

 

現在まで小児科医として活躍されているんですね。

 

2005年から2010年の間、群馬県の高崎市医師会会長を3期6年務めました。

 

14年6月より日本医師会常任理事となっています。

 

地域医療の発展にも尽力されており、群馬県や高崎市より数々の表彰を受けています。

 

2018年には藍綬褒章を受章されるほど、医療の発展に寄与されています。

 

 

釜萢敏医師の読み方は?

 

「釜萢」という苗字、かなり珍しい名前と思います。

 

関連ワードに「読み方」というのがみられたので、多くの人が釜萢医師の苗字の読み方を検索されているようです。

 

先生の名前は「かまやち さとし」さんといいます。

 

「釜萢」で「かまやち」と読むのですね。

 

青森県に多く見られる苗字なのですが、全国でもおよそ450人というので、かなり少なめの苗字のようです。

 

 

かまやつひろしと親戚?

 

ミュージシャンとして活躍された「ムッシュかまやつ」さん。

 

ムッシュかまやつさんの本名が「釜萢 弘(かまやつ ひろし)」というのですね。

 

 

「釜萢」姓で、トップを行く有名人であり、この世をさって尚、多くの人に慕われ続けている人物でもあります。

 

ほかにも「釜萢」という方には、かまやつひろしさんのお父様である「ディープ釜萢」さんがいます。

 

 

そして、元高校球児にも「釜萢」君がいました。

 

 

ほかにも大活躍の「釜萢さん」がいましたら、随時追加しますね(笑)。

 

これらの方々が親戚なのかどうかは、ご本人たちからのコメントがみつからず確証に至らなかったのですが、希少な名前なのでずっとたどると個人的な考えですが、つながりがありそうな気がします。

 

 

<ads by Rakuten>

 

嘘つき?

 

2020年、2021年の東京オリンピックイヤーは、新型コロナウイルスにより翻弄されています。

 

釜萢医師も新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の一員としてコロナ対策について内閣へ助言されています。

 

これまでの呼吸器系症候群と違い、新型コロナウイルスは医療崩壊を招き、変異型ウイルスがでるなどで1年以上経過しても終息せず、いまだ混乱を招いています。

 

「噓つき」という関連ワードもみられるのですが、発生当初誰しもが予測できないほどの感染力や時に急速に重篤化するという症状にこれまでの統計学が生かされないことが多かったように感じます。

 

はじめに発言し、呼びかけた内容と違う場合「嘘つき」という人もいるでしょうが、今回は本当に前例のないものだったと思います。

 

はじめの発言を覆すことがあったとしても、根本的な考えはコロナ患者を増やさないこと、医療崩壊を招かないように医療従事者たちを守ることなど、気持ちは同じと思います。

 

匿名性が高いということでSNSを利用して、著名人をターゲットとした必要以上の反論や口撃が見られます。

 

どんな相手にだって心があります。心を傷つけてもいい人なんていません。

 

投稿する前に今一度、文章を読み返して、必要なコメントなのか心を落ち着かせて発言を拡散するようになるといいですね。

 

 

髪型ハゲ・カッパ?

 

釜萢医師について、もう一つ注目が集まっている話が「髪型」です。

 

釜萢医師の名前を検索すると「髪型」「ハゲ」「カッパ」という聞くに悲しい関連ワードが見られます。

 

 

そんな言葉でも多く検索されているようですが、「明日は我が身」「いずれ行く道」かも!?ね…(笑)。

 

今回はここまでです。
これからも、釜萢敏さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)