真田ナオキの恵比寿!ブログや身長・中卒?嫁や吉幾三は?父親は韓国歌手?

歌手・音楽家

演歌歌手として活躍の真田ナオキさん。

 

1989年生まれで、出身地は埼玉県さいたま市。

 

 

学歴についてですが、どこの学校を卒業されているのかは不明です。

 

小学生の頃は「浦和リトルシニア」に所属し、野球に打ち込んでおり、小学校5年生の頃に、野球のU-12日本選抜に選出されるほどの実力があり、将来はプロ野球選手になりたいという夢を持っていました。

 

しかし、中学校に上がってすぐ、右肘じん帯損傷という致命的なケガに見舞われ、野球人生を断念。

 

学歴は、中卒ということです。

 

僕、中学卒業して働き始めたんです。両親が離婚して母も大変だったので…。

(スポーツ報知「スペシャルインタビュー」2021年2月13日 より引用)

中学を卒業して建設会社に勤めるかたわら空手やボクシング、ゴルフ、水泳で体を鍛えてきた。 空手は現在、初段。(国際空手道連盟極真会館)

産経デジタル iZa 2016.4.25 より引用 )

 

中学時代は「大華飯店」という地元のお店によく食べに行っていたという話ですので、その近辺にある中学校なのでしょう。

 

早くして社会人として働いていましたが、東日本大震災後に歌で被災者を勇気づける歌手たちの姿に感動し、自分もあのような歌手になりたいと強く心を動かされたそうです。

 

その後仕事を辞め、歌手になるための道を歩み始めました…。

 

 

真田ナオキの父親は韓国人?

 

真田ナオキさんの父親は、歌手の桂竜士さんで、本名を松谷東秀さんといいます。

 

桂竜士さんのブログを拝見すると、桂竜士さんの母親が7歳の頃に韓国から日本にいる祖母を頼って日本に来たという記事が見られました。

 

 

母親の祖母が日本ということなので、母親の親が、日本から一度韓国に渡っているのか、韓国の方とご結婚されているのかは不明。

 

ということで、真田ナオキさんの父親が韓国にルーツがあるのかはわかりませんでした。

 

10代の頃に父親から「声がいいから歌手になるといい」といわれていたそうですが、その頃は華やかな世界で活躍するのは向いていないと思い、頑なに拒んでいたそうです。

 

真田ナオキさんもデビュー前は、本名の松谷大介という名前でカラオケ店やスナックで歌回りをされていました。

 

真田ナオキという名前の由来は、当時のマネジャーが戦国武将「真田信繁」の家来の末裔だったことと、真田ナオキさん自身も真田信繁が好きだったことから「真田」姓としたそうです。

 

 

恵比寿と吉幾三!

 

デビューまでは長い下積み時代がありました。

 

演歌歌手になるために民謡教室に通いますが「歌手は無理だよ」と言われ、4回目以降のレッスンでは歌ではなく「三味線」を弾くことしかさせてもらえませんでした。

 

これまで、野球でも空手でもボクシングいずれも褒められたことしかなかったのに、はじめて「向いていない」という出来事に向き合うことになりましたが、めげることはありませんでした。

 

CDショップに行ったとき、自分ならどんな人のCDを買いたいと思うだろうと考え、たどり着いたのが吉幾三さん。

 

「吉幾三って、泥臭くて切ない歌が歌えるんだろう。やっぱり声だな。」

 

と思い、どちらにしても今のままでは歌手デビューは無理だろうと、声をつぶし、吉幾三さんのような声を目指し始めます。

 

同じく演歌歌手として活躍の村田英雄さんが、海で浪曲を歌って喉をつぶしたという話を聞き、自身も実践。

 

他にもお酒やトウガラシを摂取したり、朝から昼過ぎまで埼玉から湘南に出向き、海辺で叫ぶなどし、時に血痰が出ることもあったそうですが、5・6年かけてようやく現在の声になりました。

 

そしてある日、千載一遇のチャンスが巡ってきます。

 

所属事務所「夢レコード」のマネージャーから演歌歌手として活躍の吉幾三さんとお食事をする機会をいただきました。

 

デビューする時に吉幾三さんに楽曲提供をお願いしたいという願いを秘め食事をしていたところ、この後カラオケ屋で歌を聞かせてといわれ、吉幾三さんに歌を聴いてもらいました。

 

すると楽曲提供のみならず、即座に「弟子になれ」といわれました。

 

その時吉幾三さんは酔い気味だったそうですが、ちゃんと翌日連絡が来たそうです(笑)。

 

そして2016年に、吉幾三さんが作詞作曲した「れい子」という曲でインディーズデビュー。

 

2020年に「恵比寿」という題名の曲でメジャーデビューし、「第62回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞。

 

 

 

華々しいデビューを飾っています。

 

吉幾三さんからは「ファミリーを持てるぐらいのアーティストになりなさい」といわれているそうで、東日本大震災のことも胸に止め、自身も人を勇気づけられるような歌手を目指し頑張っているそうです。

 

こちらの記事もどうぞ!

保科有里結婚は?夢グループCM?若い頃・すっぴん画像!インスタや歌は?

 

<ads by Rakuten>

 

ブログや身長は?

 

真田ナオキさんはアメブロに公式ブログを開設されています。

 

ブログの題名は、真田ナオキ オフィシャルブログ「Appreciation」。

 

このほかにも、真田ナオキさんのスタッフが更新されているブログが見られました。

 

ブログの他にも、同じく自身のツイッター(アカウント名は「@naoki12sanada22」)とスタッフによるツイッターがありました。

 

出演情報や画像満載で、ファンにはうれしい話ですね。

 

そして、身長についてですが、真田ナオキさんの身長は177cmだそうです。

 

小学校6年生まで身長が145cmと小柄でした。

 

ゲームセンターで競馬のコインゲームにはまったことから、騎手を目指した時期がありましたが、中学に入り一気に30cm身長が伸び、騎手になるための基準値を超えてしまい断念したそうです。

 

 

結婚してるの?嫁は?

 

年齢が30歳代となっている真田ナオキさん。

 

まだご結婚はされていないようです。

 

まだしばらくは歌手活動に専念の日々が続くのでしょうか?

 

それともすでに陰ながらしっかり支えてくれるパートナーがいらっしゃるのでしょうか?

 

ご本人からの報告があるまで、温かく見守りましょう。

 

結婚に関する何かわかりましたら、すぐに追記しますね(笑)。

 

今回はここまでです。
これからも、さんの真田ナオキさんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)