吉田日出子は今アルツハイマー?高橋克典とは?若い頃画像!夫は?

女優

女優として活躍の吉田日出子さん。

 

本名は、平松日出子さんと言います。

 

1966年、自身が22歳の頃に劇団「自由劇場」の旗揚げに参加。

 

旗揚げに必要な資金のうち、600万円を母親の友人が無利子で貸してくれたそうです。

 

当時の600万円というといまではさらに価値のあるものとなりますが、実母も医者であり、貸してくれた友人も医師やだったそう。

 

父親は彫刻家でしたが、徴兵制度により、まだ吉田日出子さんが生後1ヶ月の頃に出征。

 

そのまま戦死してしまったのだそうです。

 

母親はその後再婚相手との間に女の子が誕生しているので、父親違いの妹と、先に誕生している姉がいます。

 

三姉妹の真ん中として育ったのですね。

 

 

吉田日出子は今アルツハイマー?

 

2014年に、著書「私の記憶が消えないうちに」を出版。

 

その本の中で、2007年に主演舞台を降板した理由が「高次脳機能障害」であったことを告白されています。

 

脳卒中や外的障害を受けたことが原因で起こる高次脳機能障害と、脳に老人斑や「神経原線維変化」という繊維のもつれのような状態がみられるアルツハイマーは別もの。

 

現時点ではアルツハイマーは月日が経つにつれ症状が悪くなる傾向にありますが、高次脳機能障害はリハビリーにより回復することもあるそうです。

 

以前よりセリフが頭に入らなくなってきたことや、同じ人に同じ内容の電話をしてしまったり、普段慣れている道なのに、迷ってしまったり…。

 

 

不安にかられ検査をしたところ、脳の部位の前頭葉に傷が見つかりました。

 

なぜ、脳に傷ができたのか思い返すと、愛犬の散歩中に猫が現れ、猫を追いかける犬の力に負け、公衆トイレの壁に顔面を強打したことがあったそうです。

 

残念な話ですね。

 

しかし、吉田日出子さんは著書出版の際に

 

「障害や認知症を恐れているばかりではつまらないでしょう。障害や認知症のある、なしで境界線を引かずに、ありのままの自分、相手を受け入れてやっていきませんか。」

 

と語られています。

 

確かに、思い煩って生きるのか、前向きに生きるのか、どちらにしても同じ時間が流れるのであれば、現状を受け入れ、前向きに生きることを選択されたのですね。

 

現在、年齢は70歳代半ばですから、まだまだ回復めざしてリハビリーをし、舞台に戻ってくると信じております…。

 

 

高橋克典とは?

 

俳優として活躍の高橋克典さん。

 

 

吉田日出子さんと高橋克典さんは交際を噂され、1995年頃に4年間同棲していたと週刊誌にスクープされます。

 

どちらも当時フリーでしたので交際は問題ありませんでしたが、年齢差が21歳ということで注目を集めたようです。

 

スクープがきっかけで破局してしまったのか、高橋克典さんは2004年にモデルの中西ハンナさんと結婚。

 

高橋克典さんが将来俳優として輝くことを見出し、下積み時代を支えていただけなのかもしれませんね。

 

<ads by Rakuten>

 

若い頃画像!

 

1960年代から活躍されている吉田日出子さん。

 

近年は、舞台や映画、メディアで見かけることがなくなってしまい、ちょっと寂しいですね。

 

では、若い頃の活躍を振り返ってみましょう。

 

吉田日出子さんの若い頃画像!←こちらから。

 

ステキな笑顔が懐かしいですね。

 

 

夫は?

 

吉田日出子さん、以外にも結婚歴がないのですね。

 

吉田日出子さんが過去に噂となったのは高橋克典さんの他に俳優の小日向文世(こひなたふみよ)さんと歌手の岡林信康(おかばやしのぶやす)さん。

 

小日向文世さんも、劇団「自由劇場」に所属しており、吉田日出子さんの相手役を多く務めていたのだそう。

 

当時、同棲するまで交際は発展していたようですが、破局されたのですね。

 

こちらの記事もどうぞ!

 「小日向文世若い頃誰の付き人?息子とCM共演!嫁は?本名や出身地は?

 

そしてもう一方、歌手の岡林信康さん。

 

 

交際を始めた当初、すでに岡林信康さんには婚約者がいました。

 

婚約不履行としてまで吉田日出子さんに惹かれてしまったのですね。

 

しかし、岡林さんとも結婚には至りませんでした。

 

役者として数多くの夫がおり、多くのファンに愛されているので結婚にこだわる必要がなかったのかもしれませんね。

 

今回はここまでです。
これからも、吉田日出子さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)