中井貴一の父親の死因は?嫁と子供と姉は?ミキプルーンになぜ?

俳優

俳優として活躍の中井貴一さん。

 

時代物からコミカルな作品まで幅広い演技で見ている人を魅了します。

 

役作りはかなりストイック。

 

2004年に公開の映画「ヘブン・アンド・アース 天地英雄」の出演の際、中国語のセリフを要求され、猛特訓。

 

今では日常会話ができるほど中国語は堪能なのだそう。

 

そして、2008年にフジテレビ系列で放送されたドラマ「風のガーデン」では、末期癌の医者を演じるために、半年で9kg減量されています。

 

元々がぽっちゃり系ではないだけに、さらに9kg体重を落とすことは大変だったことでしょう。

 

役作りをとことん追求されているから、出演作品の多くが後に名作となるのでしょうね。

 

 

では、本題です。

 

中井貴一の父親の死因は?

 

父親は俳優として活躍された佐田啓二さん。

 

本名は「中井寛一」さん。

 

1953年公開の映画「君の名は」出演で、爆発的な人気を集めることになりました。

 

 

(佐田啓二さん出演の「君の名は」は、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」とはまったく別内容です。)

 

しかし、享年37歳という若さで他界されています。

 

死因は、自動車事故でした。

 

このため、中井貴一さんは、父親の記憶が全くありません。

 

 

当時、貴一さんはまだ2歳であったことから、父親の葬式にたくさんの人や花が集まったことが嬉しくて庭を走り回っていたそうです。

 

参列した人は、父が亡くなった事を理解できていない楽しそうな貴一さんの様子を、胸が締め付けられる気持ちで見ていたことでしょうね。

 

 

嫁と子供は?

 

中井貴一さんは、2000年に結婚しています。

 

結婚した時の年齢は39歳でした。

 

中井家の男系は短命で父もそうであったことから、自身もあまり長生きできないだろうと考えていましたが、父親の年齢を越えたことで、結婚を決めたそうです。

 

お嫁さんとなった方は、一般人で外資系のスポーツメーカーに勤務。

 

アメリカに6年留学し、大学もアメリカの大学を卒業しています。

 

その由縁から挙式はアメリカのオレゴン州ポートランド郊外にある「聖アグネス教会」で行いました。

 

出会いは共通の友人を介して知り合い、2年間の交際期間を経て結婚に至ったそうです。

 

奥様の経歴も輝かしいものがあり、お金持ちのお嬢様の印象を持ちましたが、やはり奥様の父親は開業歯科医なんだそうです。

 

ステキな奥様と巡り合いましたね。

 

子供についてですが、子供はいらっしゃらないということです。

 

子供のようにかわいいワンちゃんと暮らしており、中井さんの公式ブログにも時折画像が見られますので、ぜひご覧くださいね。

 

<ads by Rakuten>

 

 

姉は?

 

中井貴一さんの姉は女優の中井貴惠さんです。

 

父親は、松竹の人気俳優となってから約10年ほど活躍されていたこともあり、遺産は多額にあったと思われます。

しかし、姉のおさがりを母親がリメイクして貴一さんに着せていたそうです。

 

芸能界デビューは、姉の方が先でした。

 

現在の本名は「中沢貴恵子」さんといいます。

 

読み聞かせの活動も多くされており、その際には本名を使うことが多いようです。

 

 

ミキプルーンになぜ?

 

長年、ミキプルーンのイメージキャラクターに採用されています。

 

「ミキプルーン」を検索してみると関連ワードとして、「効果」・「宗教」・「cm」・「ねずみ講」と見られます。

 

ミキプルーンは、近所のスーパーなどでは販売しておらず、口コミ販売いわゆるマルチマーケティングという手法をとっているそうです。

 

その業界ではアム…に次ぐ、2番目の売り上げなのだそう。

 

口コミで、紹介者が出た場合、収入を得られるということもあり「ねずみ講」という表現も見られます。

 

あまりに熱心に勧める会員もいることから、「なにかの宗教っぽい」というイメージを抱く方もいらっしゃるのでしょうね。

 

買う買わない、効果のほどは個人の責任でご判断を・・・。

 

今回はここまでです。

これからも、中井貴一さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!