小籔千豊が肉を食べない理由は?オーベルジーヌって?ドラムが上手!

お笑いタレントとして活躍の小籔千豊(こやぶかずとよ)さん。

インスタグラムでは、140万人以上のフォロワーを持つなど、人気を誇っています。

近年ではお笑いのみならず、TBS系列で放送されたドラマ「陸王」でレギュラー出演するなど、俳優としての活躍の場も広げています。

吉本新喜劇の座長に所属後最速で就任するなど、多くの人から厚い信頼・支持を受けているようですね。

では、本題です。

小籔千豊肉を食べない理由は?

小籔一豊さんは、おを一切食べないという話が見られます。

実際におは食べないのだそうで、これは小籔千豊さんのおじいさんの教えなのだそうです。

「祖父は医者みたいなことをしていた」という小籔さんのコメントが見られましたが、医者ではなく、自然食品・健康食品に詳しい方だったそうです。

お肉は食べませんでしたが、お魚は食べるということで、ベジタリアンではありません。

健康のためにと、お水を毎日1.8リットルも飲まされていたそうです。

ご飯は毎回玄米ご飯でしたが、祖父が亡くなってから初めて白米のご飯を食べたそうです。

健康について指南していた祖父は60歳代で亡くなられたという話ですから、指示されていた食生活が適切だったのかは疑問が残りますね…。

オーベルジーヌって?

小籔千豊さんの名前を検索すると、「オーベルジーヌ」というワードが見られました。

「オーベルジーヌ」とは、東京都内にある欧風カレーのお店の名前なのだそうです。

宅配もされていて、会社はもちろん、ロケ弁に使われるなど芸能界御用達のお店の一つです。

雑誌やテレビなどのメディアに300回以上登場しているそうで、美味しさもお墨付きのようです。

小籔千豊さんもこの「オーベルジーヌ」カレーのファンの一人ということで、自身のインスタにも登場しています。

 

✨オーベルジーヌ😘キャワワ💚💜 #ぬんで?

小籔千豊(吉本新喜劇)さん(@koyabukazutoyo_shinkigeki)がシェアした投稿 –

オーベルジーヌが注目される元となった話は、2018年の1月にフジテレビ系列で放送された「松本人志のすべらない話」でのことでした。

小籔さんがオーベルジーヌのカレーが好きなので、楽屋のお弁当はここのお店のカレーの回数を増やしてほしいとADさんに依頼したところ…

<Ads by Rakuten>

逆に数か月食べることができなかったそうです(泣)。

その理由は特に明かされなかったようですが、頼まれたのにADさんが忘れてしまったなどの不手際と思われますが、

中には、「そのAD小籔さんが嫌いだったのでは?」と考える方もいらっしゃるようですが、人望熱い小籔さんですから、そんなことはないですよね(笑)。

ドラムが上手!

子供の頃はエレクトーンとクラシックギターを習っていたという小籔千豊さん。

音楽に関しても才があったようです。

2008年から開催された「コヤブソニック」。

「コヤブソニック2012」では、チャットモンチーのドラマーとして共演。

「コヤブソニック2012」にチャットモンチーの出演が決まったものの、ドラムの方が脱退するという話が浮上。

ならば僕が…と、同年7月からコヤブソニック開催までのたった3ヶ月、ドラムの技術を学んだそうです。

本番ではスティックを飛ばしてしまうというアクシデントもありましたが、見事な演奏に会場は大いに湧きました。

小籔さんって本当に努力家なんですね。

こちらの記事もどうぞ!

小籔千豊のインスタグラムが可愛い!謎のポーズとは?モテる理由は?

今回はここまでです。

これからも、小籔千豊さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

error: Content is protected !!