菅直人現在は?ブログで離党表明?罪とは?息子は?女子アナと不倫?

2019年2月20日

政治家の菅直人氏。

 

 

2010年から鳩山由紀夫氏から引き継ぐ形で内閣総理大臣の職に就きましたが、約1年3か月ほどで終了。

 

 

政権交代から国民の期待も大きくあった中、二人目も無能さを露呈した形の退任となりました。

このことが現在の「他に支持政党がないから仕方なく自民党で」と考える国民が増えるきっかけとなっています。

 

 

<ads by google>

 

菅直人の現在は?

2017年現在、衆議院議員として13期つとめています。

 

最近のお姿がこちら。

 

 

まぁ、ずいぶんと頭皮が後退されていますね・・・。

 

目力も弱くなったのではないでしょうか?

 

ブログで離党表明?

民主党から民進党に所属し、現在は立憲民主党に所属しています。

 

立憲民主党に移る直前に「離党!?」を匂わせる内容の記事が、自身の公式ブログに掲載されました。

 

その気になる文章が

民進党がまとまって「脱原発」とリベラル路線の立場をとらないのなら、自身と同じ考えの仲間でまとまるしかない。

という趣旨の文がみられます。

 

離党しても受け入れ先があるのか?

 

新党を結成したとしても、国民の支持を得られる可能性は低いと考えられるので、
そのまま民進党から出ることはないと思っていましたが…。

 

しかしその後の10月に枝野幸男氏が立憲民主党を立ち上げてくれたおかげで命拾いしたようですね。

 

 

2017年に行われた衆議院選挙ではまさかの立候補者不足で議席を明け渡してしまいました。

 

野党第一党として、自民党の思うがまま政治を動かされないよう、国民目線でしっかり国政を見守ってほしいものです。

 

 

<ads by google>

 

罪とは?

 

菅氏に関係する「」とは、問題が起こった際の自身のパフォーマンスにあるようです。

例を挙げるとすると、一つは「カイワレ」。

大阪で「Oー157食中毒」が大規模に発生した際に、当時厚生大臣だった菅氏は「カイワレ大根が原因食材である可能性を否定できない」発言。

 

しかし、それを明確にするまでもかなりの歳月がかかりました。

この発言から、多くのカイワレ農家や業者が畑・店をたたむこととなり、自ら命をたった方もいるなど、悲しみをさらに広げる結果となりました。

 

そして、東日本大震災発生による福島県の原発事故。

 

菅氏が現地視察を強行したため、事故の被害を最小限に抑えるための作業を進めることが出来なかったというのです。

(詳細は難しい話なのですが、原子炉格納容器の弁を開け、放射性物質を含む蒸気を排出する作業をさす「ベント」が出来なかったというのです。)

大事になると思っていなかったのか、思い付きともいえる行動が、多くの被害者を出すきっかけとなったといわれています。

残念な話です。

 

 

<ads by Rakuten>

 

息子は?(長男編)

菅氏の息子は二人。

長男は、社会・政治運動家の菅源太郎さん。

 

父親の地盤を引き継ぐのかと思い調べてみますと、2度ほど選挙に失敗。

 

2003年と2005年の衆議院議員選挙に出馬するも落選。

2009年にも出馬の意思があったようですが、立候補させてもらえなかったみたいです。

 

(しかし、同年のクリスマス・イブに結婚されていますので、この年には幸せなこともあったのですね。)

世襲議員に対してただでさえ逆風があるのに、この先も国会議員になる夢はかなわないのではないかと・・・。

息子は?(次男編)

 

そして、次男は獣医師になっているそうです。

 

父親が長年議員をやっていて、お金持ちで恵まれた環境があるのですから、世襲議員の道を選ぶよりも、

次男さんのように、専門職の道を選んだ方が幸せではないかと、私は思います。

 

 

<ads by google>

 

女子アナと不倫?

2010年6月、菅氏に不倫問題が発覚。

不倫していたといわれるお相手が当時女子アナとして活躍されていた戸野本優子さん。

菅氏が泊まるホテルの部屋に出入りする姿を週刊誌にキャッチされました。

菅氏の言い訳は「一夜を共にしたが、一線は越えていない」という話。

その後、その女性を民主党への出入り禁にしたという話です。

「あれほど薄汚い男だとは思わなかった。」と、戸野本さんはコメント。

他に、赤坂にお店をもつ方との間に隠し子がいるのでは?という噂もありました。

今も昔も、政治家って懲りないんですね・・・。

湯水のように使えるお金があるから、ダメ人間になってしまうのでしょうね。

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。