田畑智子ヌヘアードとは?岡田義徳の子供は?実家は?鍋・南瓜とは

2019年3月31日女優

女優として活躍の田畑智子さん。

 

清楚な雰囲気を感じますが、実家は老舗の料亭を営んでいるそうです。

 

自然と出てしまう品の良さは、育った家庭環境にあるようですね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

田畑智子のヌヘアードとは?

 

田畑智子さんの名前を検索すると一番に出てくる観連ワードが「ヌヘアード」。

 

造語ですよね。。。

 

2011年に発売した田畑さんの写真集関連の話のキーワードのようです。

 

2011年というと、田畑さんの年齢は30歳の頃です。

 

最高にきれいな自分を作品として残したいと思ったのかもしれません。

 

芸術的な写真集となっています。

 

 

 

 

岡田義徳とのなれそめは波乱万丈!

 

2015年11月、田畑さんは、救急車で緊急搬送されました。

 

この事実から、報道が先走ってしまい、自ら命を絶つような行動をとってしまったのでは?と夕方の情報番組内で放送されてしまい、騒然となりました。

 

しかし、母親より「そんな事実はない、心外。現在は娘は回復している。」という趣旨のコメントがネットニュースで流れ、見ている方も安堵しているところではないでしょうか?

 

かぼちゃを切っていた際に包丁が滑って親指の根元を切ってしまったというお話です。

 

情報番組に出演していた水野美紀さんは田畑さんを心配しつつ、かぼちゃはチンしてから切りましょう~とのコメント。

 

この事件から、田畑さんは「南瓜」の関連ワードが出るようになりました。

 

かねてより俳優の岡田義徳さんと熱愛、結婚するのでは?との噂がありました。

 

岡田義徳さんとの交際は、2011年頃に「半同棲では?」とスクープされています。

 

当時、互いの事務所は「友人の一人」というコメントを出されましたが、その後も二人で過ごす様子がキャッチされていたようです。

 

岡田義徳さんとの距離が縮まったきっかけは、2011年に公演された舞台「わらいのまち」でした。

 

お互い、近所に住んでいたことや、独特の存在感のある役柄を多くこなしているということもあり、惹かれあうものもあったことでしょう。

 

しかし、2015年末に破局を決意とのネットニュースが流れました。

 

この事件を機に、選んだのは結婚ではなく、破局の道でした。

 

互いに人気俳優となり、お仕事ですれ違いが多くなってしまった事が大きな要因のようです。

 

まずは、田畑さんの健康がしっかりと回復することを願うファンも多かったのではないでしょうか?

 

 

<ads by Rakuten>

 

岡田義徳結婚!子供が誕生!

 

2016年暮れに、この年末年始に二人が結婚するのでは?という状況が反転の報道が流れ始めました。

 

先の報道後、一度は住まいを別にしましたが、すぐといっていいほど、通い交際となり、またお互いに時間を共に過ごすライフスタイルに戻りました。

 

そして、2018年にビッグニュースが!

 

元日に岡田義徳さんと入籍したことを報告!

 

結婚前に、様々な出来事があったことは、災い転じて…の話となったようですね。

 

おめでとうございます!

 

こちらの記事もどうぞ!

田畑智子と岡田義徳と復縁!結婚はいつ?実家は老舗料亭「鳥居本」!

 

さらにおめでたいことは続き、2018年の11月には第一子である、男の子供が誕生。

 

旦那様の岡田さんは、イクメンという記事も見られました。

 

育児と仕事の両立大変かと思いますが、田畑さんの輝きは変わっていませんね。

 

 

 

 

実家は?とは?

 

田畑さんのご実家は、京都祇園にある老舗料亭の「鳥居本」です。

 

一説には、小学4年生のころから料理をしているのだとか。

 

現在ではかなりの料理の腕前ですが、弘法も筆の誤りといいましょうか、かぼちゃを切るのを失敗してしまいました。

 

田畑さんは「鍋」というキーワードでも多く検索されているのですが、今度はやけどでもしちゃったのでしょうか?

 

調べてみますと2019年に日本テレビ系列で放送の「メレンゲの気持ち」にゲストとして出演した際に、ぶたしゃぶのレシピを紹介し、そのゴマダレが注目を集めたようです。

 

田畑さんのお気に入りのゴマダレは「岡山・倉敷鉱泉 きんごましゃぶしゃぶのたれ」なのだそう。

 

<Ads by rakuten>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岡山・倉敷鉱泉 きんごましゃぶしゃぶのたれ (360ml)
価格:540円(税込、送料別) (2019/3/5時点)

 

 

 

気になる方はぜひ、ネットショップで検索してみてくださいね。

 

今回はここまでです。

これからも、田畑智子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!