島尻安伊子沖縄北方担当相の出身地は沖縄?旦那と子供は?

政治家として活躍の島尻安伊子氏。

しまじり

2015年10月に行われた内閣改造にて、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)に任命されました。

「島尻」という苗字からも、沖縄出身なのかと思いましたが、調べてみますと、違うようです。

島尻安伊子氏の出身地は、宮城県仙台市なのだそうです。

上智大学卒業後は、外資系の証券会社へ入社しました。

破綻してしまったリーマンブラザーズに入社したといわれています。

その後、沖縄へ移住し、沖縄に住んでいた旦那様と結婚し、「島尻」姓となったそうです。

続いては、旦那子供は?についてです。

<Ads by Rakuten>

島尻氏の旦那は、同じく政治に携わる活躍をされているという島尻昇さん。

子供は4人いるそうです。

男の子が3人、女の子が1人なのだそうです。

一番上が、2015年現在25歳と言われる長男。

一番下の子供は15歳の女の子なのだそうです。

にぎやかな家庭のようですね。

少子化に悩む日本ですから、政治家が率先して子だくさんというのは良い示しと思います。

母親が入閣することで、さらにお仕事は東京中心となりそうです。

その分、父親が母親代わりもしているのかもしれませんね。

今回はここまでです。

これからも、島尻安伊子沖縄北方担当相が国民のために活躍してくれることを期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!