風見しんご えみるちゃんの事故とは?嫁と次女は?涙のとは?身長は?

2017年10月11日タレント・モデル

タレント、歌手として活躍の風見しんごさん。

 

 

1

 

 

本名は、大下 義博さんといいます。

 

 

芸名の由来は、1973年から74年ころ放送されていた「仮面ライダーV3」の主人公である「風見志郎」からきているそうです。

 

 

2

 

 

風見さんの少年時代からのあこがれの存在だったのでしょうね。

 

 

では、本題です。

 

 

風見しんご えみるちゃんの事故とは?についてです。

 

 

悲しい事故は、2007年の1月に起こりました。

 

 

風見しんごさんの愛娘である、長女のえみるさんが、自宅近くの横断歩道を「青」で横断中、トラックにひかれ命を落としました。

 

 

当時、長女は小学5年生。

 

 

風見さんは、近所の方から事故の話を聞き、現場に駆けつけました。

 

 

現場は自宅からわずか100mという距離。

 

 

家を出たばかりの娘の身体に、2トントラックのタイヤが、のっていたそうです。

 

 

居合わせた10数人でトラックを持ち上げ、娘を引出し救急車で病院へ搬送。

 

 

一時的に心拍が回復したそうですが、奇跡は起こることなく、えみるさんは命を落としました。

 

 

えみるさんが、「ケンカが嫌い」だったという意思を尊重し、風見さんは加害者側を強く責めるような話はしなかったそうです。

 

 

それから風見さんは、全国各地を回り、交通事故撲滅のために公演をおこなったり、交通安全のイベントに参加し、啓蒙活動を続けています。

 

 

2016年には、えみるさんがご存命だったら、成人式を迎えるはずでした。

 

 

1

 

 

何気ない日常に突如として起こってしまった、悲しい事故。

 

 

最愛の娘との別れ。

 

 

本当にあってはならない話ですね。

 

 

続いては、次女は?についてです。

 

 

風見さんは1994年に結婚されました。

 

 

風見さんのおさんとなった方は、タレントとして活躍されていた荒井晶子さん。

 

 

1994年には「ミス日本」に選考される経歴がある、とても美しい方です。

 

 

お嫁さんとの間には、えみるさんの次にもう一人女の子が誕生しています。

 

 

次女は姉と7歳違いで、事故が起こったときはまだ3歳だったそうです。

 

 

2015年には、お姉さんよりも年齢が増えました。

 

 

次女は、事故後に近所の方に名前をきかれると「えみる」と答えていたそうです。

 

 

なぜそう答えるのか聞くと、「えみるちゃんがいなくなってから、お父さんお母さんが悲しんでいるから、「えみる」になれば悲しまなくなるから。」と答えたそうです。

 

 

また、9歳を過ぎても、姉妹で楽しそうに遊んでいる光景をみると、激しく泣いていたそうです。

 

 

家族の不慮の事故、時間が経過しても何一つ悲しみの記憶が薄れることがないようです。

 

 

本当に、本当に、交通事故はあってはならないものですね。

 

<ads by Rakuten>

 

続いては、涙のとは?についてです。

 

 

風見しんごさんを検索すると「涙の」というワードが見られます。

 

 

「涙の」の後には、「take a chance」がつきます(笑)。

 

 

涙のtake a chance」は、風見さんのブレイクダンスが、高く評価されることにもなった曲です。

 

 

日本でのブレイクダンスのブームは風見さんが作ったといっても過言ではないそうです。

 

 

動画サイトなどでは、キレキレの風見さんのダンスが見られますので、ぜひ検索してみてくださいね。

 

 

続いては、身長は?についてです。

 

 

風見さんの身長は、169cmなのだそうです。

 

 

同年代の方の中では、平均的な身長ですね。

 

今回はここまでです。

これからも、風見しんごさんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!