つるの剛士の嫁と子供は?タトゥー?山田との関係は?高校は?にじとは?

2017年10月11日タレント・モデル


俳優・タレント・ミュージシャンとして活躍のつるの剛士さん。

 

 

ツルノタケシ

 

 

「ウルトラマンダイナ」の出演で、子供からそのお母様からも人気を集めました。

 

 

1

 

その後、2007年フジテレビ系列で放送の「クイズ!ヘキサゴンII」に出演。

 

 

「おバカタレント」として、お茶の間に爆笑を呼び、一躍、さらなる人気を集めました。

 

 

同番組で結成されたアイドル的な歌手ユニット「羞恥心(しゅうちしん)」のリーダーを務めていました。

 

 

2

 

 

その後、2009年にカバーアルバム「つるのうた」でソロ歌手デビュー。

 

 

歌唱力の高さが評価され、現在もミュージシャンとしてアルバムをリリースし、ヒットを飛ばしています。

 

 

そして、育児に積極的に参加していることから「イクメン」タレントとしても活躍の幅を広げています。

 

 

では本題です。

 

 

つるの剛士さんの子供は?についてです。

 

 

つるのさんは、2003年に結婚されました。

 

 

さんは、元スタイリストとして活躍されていた方です。

 

 

なんと出会って3か月でのスピード結婚!

 

 

当時おさんには付き合っていた人がいたそうで、一目惚れしたつるの剛士さんが猛アタックの末、授かり婚となりました。

 

 

その後も家族は増え、なんと子供は4人いらっしゃいます。

 

 

つるのさんは、芸能界きっての子だくさんとしても有名ですよね。

 

 

2004年に、長男の詠斗(えいと)くんが、

 

2006年に、長女のうたちゃん、

 

翌年の2007年に次女のおとちゃん、

 

そして、2009年には、三女いろちゃんが誕生しています。

 

 

なんと、つるのさん自身も長男で、下に妹が3人の4人兄弟なのだそうです。

 

 

ちょっと、珍しい不思議な話ですね。

 

 

4人目を授かった2009年には、「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を受賞されました。

 

 

育児休暇をとった男性芸能人としても、注目され反響をよびました。

 

 

子供たちの学校は、長男と、長女は、私立の学校に通っているそうです。

 

 

次女はインターナショナルスクールに通っていて、三女のいろちゃんは残念ながらみつかりませんでした。

 

 

夫婦が仲良くしていることが、子育てによい影響を与えているということです。

 

 

 

 

次にタトゥーしてる?についてです。

 

 

つるのさんと奥様は、星を見ることが大好きなのだそうです。

 

 

星好きが高じてか、つるの剛士は腕のところに、妻は足首に星のマークのタトゥーをしているそうです。

 

 

おそろいのタトゥーをしているのですね。

 

 

ちなみに結婚記念日には、靴をプレゼントしあっているそうです。

 

 

これは「一緒にこれからも歩んでいこう」という意味がこめられているそうです。

 

 

なんとラブラブで羨ましい限りです(笑)

 

<ads by Rakuten>

 

続いて山田との関係は?についてです。

 

 

つるのさんに関係する「山田」というと、元グラビアアイドルで、現在はタレント・女優として活躍の山田まりやさんのことのようです。

 

 

3

 

 

山田まりやさんが、つるのさんの元カノだったという噂です。

 

 

交際のきっかけは、1997年―1998年に放送されていた「ウルトラマンダイナ」での共演。

 

 

プライベートでデート中に、事故をおこしてしまい、交際が明るみになってしまったそうです。

 

 

しかし、その後破局を迎え、現在はお互い別の方と結婚。

 

 

現在は、山田まりやさんも1児のママとして幸せな日々を送っていいるようですね。

 

 

お互いよき結婚相手がみつかり、幸せそうな家庭を築くことができよかったですね。

 

 

続いて高校は?についてです。

 

 

出身高校は大阪府立泉北高等学校です。

 

 

大阪での偏差値ランキングでは23位で偏差値も63みたいですね。

 

 

「オバカキャラ」で売っている時期もありましたが、実は頭がよかったんですね。

 

 

高校時代からバンド活動をされていたそうで、その歌唱力には納得です。

 

 

 

続いては、にじとは?についてです。

 

 

にじ」とは、つるのさんがカバーした曲の中の1つです。

 

 

新沢としひこさん作詞、中川ひろたかさん作曲で、主に幼稚園などで歌われている優しい雰囲気の童謡ということです。

 

 

震災で日本じゅうが悲しみで包まれている時期に、娘がお風呂で歌っていたのを聴いて、大変励まされたそうです。

 

 

娘の歌に癒されたことを、生かし、被災地での「出張おんがく授業」を行った時に、「にじ」を歌われました。

 

 

被災された方々も「にじ」を聞くことで、つるのさんが感じたような心の癒しに、少しでもつながったかもしれませんね。

 

今回はここまでです。

これからも、つるの剛士さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!