霧島れいかのカップ画像!結婚した旦那と子供は?誰と似てる?何が下手?

2017年11月23日女優

女優として活躍の霧島れいかさん。

 

 

キリシマレイカ

 

 

エキゾチックな美しさが魅力の女優さんです。

 

 

個人的には、EveryLittleThingの大ヒット曲「fragile」に出演されていたのが心に残っています。

 

 

3

 

 

霧島れいかさんは、高校卒業後すぐに芸能界入りしたわけではなく、一度OL勤務を経験されています。

 

 

その後、名古屋のモデル事務所セントラルジャパンに所属し、芸能活動をはじめたという経歴をお持ちです。

 

 

25歳の時に女優を夢見て上京し、現在は尾木プロダクションに所属しています。

 

 

尾木プロダクションといえば、石黒賢さんや仲間由紀恵さんも所属する大手芸能プロダクションです。

 

 

出身は新潟県で、2017年8月に45歳となりました。

 

 

45歳にしては、美しすぎる…!

 

 

今回は、そんな霧島さんについて調べてみました。

 

 

 

 

霧島れいかのカップ画像!

 

 

霧島さんのカップが分かるようなセクシー画像はあまり見かけませんが、実は映画「ノルウェイの森」で大胆なラブシーンに挑戦しています。

 

 

原作は、村上春樹さんが執筆した、発行部数1000万部を超える大ヒット作の同名の長編小説。

 

 

文学的要素の強い作品ではありますが、霧島さんの大人の魅力をじっくり担当できます。

 

 

では、ご覧ください。

 

 

霧島れいかさんのカップ画像!←こちらから。

 

 

スタイルも抜群ですね。

 

 

 

 

結婚した旦那子供は?

 

 

公にしているわけではないようですが、霧島さんは2009年ごろに結婚しているという情報がありました。

 

 

雑誌のインタビューで既婚である旨を話しているということです。

 

 

美しく女優キャリアもある霧島さんを射止め、結婚した旦那様がどんな方なのか気になりますが、残念ながら情報がありませんでした。

 

 

霧島さんに出会えるぐらいですから、旦那様となった方は、なにかしら芸能関係にかかわっている方なのかもしれませんね。

 

 

2015年11月に出演されたトーク番組にて離婚されたことを明かしています。

 

 

離婚の時期などは語られていませんが、ネットニュースでは「結婚期間は6年」という話なので、今年離婚されたのではないでしょうか?

 

 

円満離婚ということで、周囲から見ても現在も仲の良い関係を続けているのだそうです。

 

 

そして、子供についての情報は一切出てきません。

 

 

ですが、出演作品を時系列で見てみると、本当に絶え間なくお仕事されていることが分かりますので、子供はいない可能性の方が高いようです。

 

 

女優さんではあまりプライベートを多く語らないタイプもいますので、霧島さんはそういうタイプの方なのかもしれません。

 

 

プライベートもミステリアスな、霧島さんの魅力に惹かれますね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

似てる

 

 

アイドルグループSKE48・AKB48(期間限定)に所属する松井珠理奈さん。

 

 

4

 

 

先日の「AKB48  41stシングル選抜総選挙」では自身初の5位入賞で見事選抜入りを果たしました。

 

 

そんな松井さんと霧島さんが似てるのではないかという噂が…

 

 

先ほどの松井珠理奈さんの画像では、元気いっぱい、太陽のような笑顔!という印象で、クールビューティーには程遠い感じです。

 

 

では、もう一枚こちらの松井さんの写真ではどうでしょうか?

 

 

マツイジュリナ

 

 

二人とも、クールビューティーな魅力にあふれていますね!

 

 

他にも女優の麻生久美子さんにも似てるといわれています。

 

 

アソウクミコ

 

 

麻生久美子さんの涼しげな瞳のあたりが似ているでしょうか?

 

 

どなたも、どちらかというとクール系の雰囲気のあるイメージを感じました。

 

 

 

 

何が下手

 

 

「霧島れいか」と検索すると、なぜか出てくるキーワードに「下手」という文字が見られます。

 

 

一体、何が下手だったのでしょう?

 

 

実際に合わせて検索してみたところ、「下手に手を出せない美しさ」という話や「下手すれば若い女の子に(見える?)…」というような表現で使われています。

 

 

「下手」だけ見ると、マイナス的な表現ですが、霧島さんについては、逆のプラスの意味で使われているのですね。

 

今回はここまでです。

これからも、霧島れいかさんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!