甲本ヒロト病気・薬とは?弟はアノ俳優!現在の活動は?結婚は?

 

「THE BLUE HEARTS」のヴォーカルとして一世を風靡し、若者に絶大な支持を受けた甲本ヒロトさん。

 

 

1

 

 

1963年3月生まれの現在51歳です。

 

 

 現在は「ザ・クロマニヨンズ」のヴォーカルとして活動しています。

 

 

 

2

 

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

甲本ヒロト 病気とは?についてです。

 

 

多くの方が、甲本さんの名前と合わせて「病気」・「」というキーワードと合わせて検索されているようです。

 

 

どちらも、心配なキーワードですが、どういうことなのでしょうか?

 

 

まず、彼のヴォーカルスタイルは海外のパンクロックなどから影響を受けて築き上げたもののようです。

 

 

 

ですから独特な歌い回しやステージでのアクション、インタビューなどでの発言から病気なのでは?を使っている?と思う方もおられるようですね。

 

 

彼が影響を受けた海外のパンクロック、特にヴォーカリストなどは独特なパフォーマンスのアーティストが多いようです。

 

 

 

したがって彼のパフォーマンスはあくまでも彼独特の「表現」と捉えた方が良いかと思います。

 

 

あたりまえですが、これほどの有名人がを使っている事実があれば、すでに囚われの身となっていることでしょう。

 

 

実際に何か病気にかかった経歴があるのか調べてみましたが、現時点では特に記事となっていませんでした。




Ads by google


 

 

今も変わらず、パワフルな活躍をされているところをみると、病気とは無縁の強さを感じますね。

 

 

 

 

 

次にはアノ俳優!に行きます。

 

 

 

これに関してはご存知の方も多いのではないでしょうか?だって似てますもんね(笑)。

 

 

 

甲本ヒロトさんのさんは俳優の甲本雅裕さんです。

 

 

4

 

 

1965年生まれの現在49歳。

 

 

 

今やテレビや映画では欠かせない存在の俳優さんの一人ではないでしょうか。

 

 

 

私は最初、このお二人が兄弟だと知ったとき、てっきり甲本ヒロトさんの方がだと思っていたんですよ(笑)。

 

 

 

なんとなく甲本雅裕さんの方が落ち着いて見えたというか(笑)、お兄さんっぽい感じがしたんですよね。

 

 

 

ヒロトさんの方がヤンチャなって感じで。

 

 

 

甲本雅裕さんは結構落ち着いた感じの役柄が多いからかも知れませんし、ステージ上でピョンピョン飛び跳ねてるヒロトさんの姿を見ると、どうしてもイメージでそう思い込んでしまっていた部分もなきにしもあらずです。

 

 

 

ロックシンガーの兄と俳優の

 

 

 

土俵は違えど同じ表現者として、お互いに刺激しあっている部分はきっとあるんでしょうね。

 

 

 コチラの記事もどうぞ!

甲本雅裕と甲本ヒロトの関係は?金井勇太は息子?ナンチャンと似てる?

 

 

 

 

では、現在活動は?についてです。

 

 

 

先記したとおり現在は「ザ・クロマニヨンズ」というバンドで活動されています。

 

 

 

ただ、甲本さんの歌い回しは独特なものがありますから、バンドは違いますが個人的には「THE BLUE HEARTS」で活動してた頃と彼の表現の仕方は何も変わっていないと思います。

 

 

3

 

 

ブルーハーツの頃からのファンと、ザ・クロマニヨンズからのファン、幅広い年齢層のファンに愛されていますね。




 
Ads by rakuten


 

 

 

 

 

最後に、結婚してるの?についてです。

 

 

 

これもいろいろな噂が飛び交っているようですが、実際結婚はされてるようですね。

 

 

 

その結婚のお相手は高校時代の同級生とか。

 

 

お嫁さんが、一般人ということで、ほとんど情報がありません。

 

 

私生活まで、ロッカー的な生活なのかはわかりませんが、奥さまはロッカーに心の安らぎを与えているのでしょうね。




Ads by google


 

今回はここまでです。

これからも、甲本ヒロトさんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!

Ads by google


3 Responses to “甲本ヒロト病気・薬とは?弟はアノ俳優!現在の活動は?結婚は?”

  1. クロマニヨンズファン より:

    >>障害や病気ではないということで、安心しましたね。。

    世界中の病気や障害を持った方々に謝ってください。
    まず、障害ではない、という表現について、「障害を抱えた」や、「障害のある」という表現でもキツいと感じる中で、この障害だという表現は甲本さんという人間自体が障害であるというニュアンスを含んだ書き方だと受けられます。
    次に、安心したとは、誰の目線で言っているのですか?親や主治医でもない一般の方であるとお見受けしますが、何の懸念をもって安心したと言えるのですか?

    長文失礼しました。たかが他人のブログですが、偶然拝見させていただいた際に引っかかる点があったのでコメさせていただきました。

    • 噂の芸能情報管理者 より:

      クロマニヨンズファンさん、コメントありがとうございます。

      当記事により、大変不快な思いをされたようで、申し訳ありませんでした。
      できる限りの訂正を行っています。

      この記事を書いた頃は、甲本さんと合わせて「障害」というキーワードでも多く検索されていました。
      このため、題名および記事にいたしました。

      「病気」については、活動に影響のあるような一般的な「病気」ととらえていただければと思います。

      そして、「障害」については、世にいう「障害者」という方々に対して、個人的に何か卑下するような気持ちを持っているわけではありません。
      「障害」というマイナスな言葉が使われていることに問題があるのだと思います。
      個人的に「障害」ではなく、「能力」の違いがあると思っています。

      しかし、世間では精神面での違いや、身体的な違いから差別があることは否定できません。

      自身が高校生の頃、目の悪い同年代の方に地下鉄の席を譲ろうと声をかけました。
      すると「いつも、誰かが譲ってくれるとは限らないので、座りません」と言われました。

      その後、空いた席に二人で並び、少々の雑談をさせてもらいました。
      その話の中で、「将来的に盲導犬と歩くことは考えているのか?」という質問をしたところ、
      「犬連れで入れない所もあるので、全く考えていない」と言われました。
      私「最近は”盲導犬可”のシールを張っているお店、かなり増えましたよ。」というと

      「私たち、一切そんなシール見えません」といわれました。

      高校生であったこともあり、この言葉は衝撃的でした。
      本人は生まれつき目が見えなかったので、見えないことに不便と思わないという趣旨の話もされていました。
      もちろん、大変なことも多いのだと思います。
      しかし、それは私の目線だったのだと、当事者にとっては「障害」と思っていないのだと…。

      不慮の事故により、人生の途中で障害者となったかたでも、オリンピックに出場し、
      多くの方に喜びと感動をもたらせてくれる方もいます。

      長くなりました。
      「病気」や「障害」の文章、誤解を与え、不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
      今後も、差別的な発言は厳重に注意し、読んで楽しめる記事を多く作成できるよう努めたいと思います。

      貴重なお時間をもって、当ブログにコメント頂きありがとうございました。
      今回のコメント、大きな気づきを頂いたと感謝しております。

      またぜひ、お立ち寄りくださいませ。

      追記)私は、ブルーハーツの「青空」という曲が数ある名曲の中でも、一番心が打たれた曲です。
      思春期には心の大きな支えとなった曲でもあります。

      自身の作品が多くの人の人生に影響を与えているなんて、本当に素晴らしい人物だと思います。
         

         

    • 通りすがり より:

      いちいち噛み付かんでもよろしいかと。
      質問者さんは素直な疑問を誰かに質問しただけで、客観的に考えればわかるはず!

Leave a Reply