シーナこと鮎川悦子の夫と子供は?葬儀は金子マリが行う?レモンティー!

2017年10月10日

ロック歌手として活躍のシーナ(本名:鮎川悦子)さん。

 

 

1

 

 

日本のロック界を牽引してきたベテランロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカルとして活躍。

 

 

4

 

 

 

残念ながら、2015年2月14日に子宮頸(けい)がんのため、61歳という若さで亡くなりました。

 

 

2014年も大活躍されていただけに、突然の訃報にファンも驚きと悲しみに包まれました。

 

<ads by google>

 

では、本題です。

 

 

シーナこと鮎川悦子子供は?についてです。

 

 

 

であり、バンドの中心的存在でもあるギタリストの鮎川誠氏が16日のバンド公式サイトで、通夜と告別式の日程を明らかにしました。

 

 

2

 

 

当初は家族葬を予定していましたが、ファンからの熱い要望を受け、最後のお別れにはファンの参列も、とである鮎川誠氏は考えを変更したそうです。

 

 

ファンにとってはシーナさんとのお別れをする最後の機会を与えてくれた鮎川誠氏の心づかいに、感謝する人も多いことでしょう。

 

 

ところで、亡くなったシーナさんには三姉妹の子供がいらっしゃったのをご存知でしょうか?

 

 

長女はモデルの陽子さん。

 

 

5

 

 

次女の純子さんと知慧子さんは、両親の血を引き継ぎ「DARKSIDE MIRRORS」というロックバンドで活動中。

 

 

6

 

 

 

ちなみに、陽子さんと純子さんは双子です。

 

 

父親の鮎川誠さんは、アメリカ人の父親と日本人の母親のハーフですから、子供たちはクォーターになるんですね。

 

 

美人3姉妹です。

 

 

子供たちを育てながら、夫婦で共にロックの世界でステージに立ち続けたなんて凄いですね。

 

 

<ads by google>

 

 

続いては、葬儀金子マリが行う?についてです。

 

 

同じく歌手として活躍の金子マリさん。

 

 

8

 

 

今回のシーナさんの葬儀を、同じヴォーカリストでロック界では旧友でもある金子マリさんが取り仕切るそうです。

 

 

金子マリさんとは、友人と言う関係以上に、かなり深い絆があったようです。

 

 

金子さんの元夫でやはり有名なミュージシャンの故ジョニー吉長氏は夫婦だった頃から下北沢在住で、鮎川・シーナ夫妻も下北沢在住。

 

 

また、金子さんの二人の子供は、若者に絶大な人気を誇るバリバリのロックバンド「RIZE」のドラマー金子ノブアキさんとベーシストのKenKen(金子賢輔)さんです。

 

<ads by Rakuten>

 

鮎川・シーナ家の三姉妹と同じ小学校に通っていたそうなんです。

 

 

たまに横断歩道で緑のおばさんとして旗を持って子供たちを誘導しているシーナさんと金子マリさん二人の姿があったそうですから、想像するとちょっとレアな光景ですよね。

 

 

私生活でも、特に子育ての面でも交流があったのですね。

 

 

さらには、金子マリさんの実家が葬儀屋で、現在その葬儀屋の代表を務めていることも、今回の役割を担うきっかけとなりました。

 

 

親友の早すぎる死に、大きな悲しみにくれながらも、大役を引き受けたのですね。

 

<ads by google>

 

続いては、レモンティー!についてです。

 

 

シーナ&ロケッツといえば代表曲でもある「レモンティー」です。

 

 

この曲のおかげで一時期レモンティーが流行ったなんてことも聞いたことがあります。

 

 

もうあの曲をシーナさんが生で歌うところを観ることは出来ませんが、ファンの心の中には永遠に残るロックの名曲として語り継がれて行くことでしょう。

 

 

シーナさんこと鮎川悦子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

今回はここまでです。

次の記事もおたのしみに!