吉田羊 バイト禁止に借金?年齢を非公開とした理由は?婚約者がいる!?

女優として活躍の吉田羊さん。

1

2014年後半から現在まで、ドラマやCMそしてバラエティーと、吉田羊さんを見ない日は無いというぐらい人気を集めている女優さんです。

これほどの人気を集めるようになったのは、2014年7月頃にフジテレビ系列で放送された木村拓哉さん主演のドラマ「HERO」の出演が大きなきっかけとなりました。

現在の輝かしい活躍の前には、マネージャと二人、苦労を重ね乗り越えた経験があったようです。

では、吉田羊さんの現在までの道のりをたどってみましょう。

個人事務所を運営し、現在も吉田さんのマネージャ―を務めるYさん。

自身が個人事務所を立ち上げた際、所属させる俳優を発掘のため舞台を見て回っていた時、吉田さん出演の舞台に出会いました。

吉田さんの圧倒的な演技力の高さに、マネージャは一目ぼれ。

特定の事務所に所属していなかった吉田さんは所属を決めました。

しかし、所属にあたっての契約内容は、吉田さんにとって、女優で絶対に成功しなければならないと言えるほど、追い込まれるような内容でした。

それは、「バイトの禁止」。

当時、舞台女優として活躍はしていましたが、それだけでは生計が成り立たず、ホテルのウエイトレス、引っ越し業者、チラシ配り、そして葬儀の受付と様々なバイトをしていたそうです。

契約にあたり、バイトからの約20万ほどの収入が打ち切られることになった。

しかし、家賃の支払いやその他の生活が成り立たなくなるため、マネージャーは事務所からの借金という形で、まとまったお金を吉田さんへ渡したそうです。

しかもこの社金返済には、女優業のみの収入でしか返してはいけないという約束を決められたそうです。

この事務所から借金、なんと2014年に放送の、「HERO」出演時まで残っていたんだそうです。

この契約は、現在の活躍につながる、吉田さんが女優業に集中することができる内容となったことでしょう。

マネージャーは、吉田さんが必ず成功すると信じ切っていたからなのでしょうね。

それからは、吉田さんはオーディションを受け続け、マネージャーは売り込みに奔走しました。

そして、2007年10月、フジテレビ系列で放送の昼ドラマ「愛の迷宮」デビューを飾ります。

始めは、舞台の癖があり、大きなリアクションをしてしまい、テレビ画面からはみ出すNGをしたこともあったそうです。

それからも、マネージャは売り込みを続け、お正月には、羊のコスプレを基調とした年賀状業界へ送っていたそうで、これが業界関係者の目に留まり、2008年に放送されたNHK朝ドラ「瞳」の出演のきっかけとなったそうです。

<Ads by Rakuten>

このドラマ出演が、吉田さんが女優としてまた一歩大きく飛躍する作品となりました。

たまたま、吉田さんの演技を中井貴一さんが見ることがあり、演技力の高さに感銘し、中井さんはNHKに問い合わせを入れたそうです。

ナカイキイチ

自身主演のドラマ「風のガーデン」に出演するよう計らったのだそうです。

さらに中井さんは、脚本・演出家、そして自らも俳優として活躍の、三谷幸喜さんに吉田さんを紹介しました。

ミタニコウキ

メーテルがいた!と、三谷さんに伝えたそうです(笑)。

メーテルとは、ご存じ名作アニメである「銀河鉄道999」に登場の超美人の人物ですね。

メーテル

確かに、中井さんが似てるという程の雰囲気ありますね。

そして2009年、三谷さん脚本の舞台「returns」に吉田さんは出演。

三谷さんは、吉田さんのセリフ覚えの速さに驚いたそうです。

そこからさらにお仕事が広がりました。

しかし、まだまだ現在のような知名度はありませんでした。

そこで、依頼される役の幅を広げるための秘策の一つとなった「年齢の非公開」。

一見、年齢不詳の吉田さん。

この策は見事に的中。

母親役から、時代劇では町娘の役、泉ピン子さんよりも年上の役柄、仲間由紀恵さんと同級生などという、幅広い年齢のキャスティングに抜擢されることとなりました。

この女優誰?どんな人だろう?と吉田さんの公式HPを訪れてくれた方たちのために、マネージャ二人で手掛けた動画を数多く掲載しました。

このような様々な地道な努力が実を結び、吉田さんを一躍有名にした作品の依頼が舞い込みます。

2007年フジテレビ系列で放送のドラマ「HERO」です。

放送を見て、ゴールデンタイムに全国に流れていると思うと、胸がいっぱいになり、吉田さんもマネージャーも涙が止まらなかったそうです。

そして、現在の幅広い年齢層に大人気の女優となりました。

15年以上の友人関係である、落語家の春風亭昇太さん。

1

主に、飲みともなんだそうです。

吉田さんについて、「綺麗だけど普通というのが魅力」と語っています。

さすが落語家、言い回しがステキですね。

お互い独身の二人。

とある番組で共演した際、吉田さんが「50歳まで独身だったら結婚しよう」と逆プロポーズ!?

春風亭昇太さんは、照れながらもうれしそうな様子でした。

ということで、昇太さんが吉田さんの婚約者(の一人!?)ということになるのでしょうか(笑)。

これまでも、これからも吉田さんの活躍を支える同年齢のマネージャは、吉田さんとの関係について…

母のように吉田さんを叱ることもあり、時には子どものように吉田さんに叱られることもある、そして大ファンの一人でもあるという不思議な関係と語っています。

二人で一人前という気持ちで、互いに支えあっているようです。

親子、兄弟以上ともいえる、深いつながりを感じますね。

今回はここまでです。

これからも、吉田羊さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする