尾崎世界観の本名は祐介?彼女はあいみょん!父親や母親は?大学は?

クリエイター・声優・キャラクター

歌手、小説家として活躍の尾崎世界観(おざきせかいかん)さん。

 

1984年生まれで、出身地は東京都葛飾区。

 

 

学歴は、小学校が上千葉小学校といわれています。

 

学歴で小学校まで判明している芸能人って少な目なのですが、尾崎世界観さん属する「クリープハイプ」で作成した「お花茶屋」という曲があります。

 

尾崎世界観さんが、東京都葛飾区のお花茶屋で育ったことから作られた曲なんだそうで、その学区が上千葉小学校となっています。

 

そして中学校についてですが、小学校同様に住んでいた学区から葛飾区立双葉中学校といわれています。

 

高校は都内にある岩倉高校といわれています。

 

現在は男女共学ですが、尾崎世界観さんが在籍しているころは男子校だったそうです。

 

高校時代に現在のバンドの前身となるグループを結成しています。

 

しかし、活動維持のためにバイトをするも、ライブ会場に支払うノルマが高額であったことなどで、バンドメンバーとも不仲となり、一人弾き語りの活動時期もありました。

 

そんな中「DaisyBar」の店長と事務所社長が尾崎世界観さんの歌に感動し、ノルマなしで毎月の出演を依頼。

 

 

 

その後、お客さんが友人だけではなく一般的なファンも増えてきたそう(笑)。

 

2009年より現在のメンバーで活躍を続けています。

 

 

尾崎世界観の本名は祐介?由来は?

 

尾崎世界観さんの本名は、尾崎祐介さんといいます。

 

なぜ、祐介を「世界観」という名前にしたのかというと、バンドや曲について周囲から「世界観がいいよね」という評価を聞くことがあり、

 

世界観という抽象的でありきたりな言葉に疑問を抱きながらも逆手に取り、名前に取り入れることにしたのだそうです。

 

一度聞いたら忘れないインパクトのある名前ですね。

 

 

彼女はあいみょん!

 

2019年6月、尾崎世界観さんに熱愛報道がありました。

 

熱愛報道のお相手は同じく歌手として活躍のあいみょんさん。

 

 

2016年のFM802 X TSUTAYA ACCESS!」のキャンペーンソングの作詞・作曲を尾崎世界観さんが担当。

 

「栞」という曲が完成し、このキャンペーンソングを歌うメンバーのひとりにあいみょんさんがいました。

 

お互いの世界観がマッチしたのでしょうか?尾崎世界観さんが四国でのライブ活動を終え、都内に戻りあいみょんさんの自宅へ直行する様子や二人歩く様子が週刊誌にキャッチされました。

 

互いの事務所のコメントとしては交際については認める話はなく、プライベートは個人に任せているという話でした。

 

ビッグカップルの結婚の話、期待してしまいますが、ご本人からの発表があるまで温かい気持ちで見守りたいですね。

 

<ads by Rakuten>

 

父親や母親は?

 

尾崎世界観さんの父親は和食の料理人であることをフジテレビ系列で放送の「セブンルール」で話をされていました。

 

子供の頃の父親の印象としては、とっても怖かったけど、よく競馬場へつれていってくれたのだそう。

 

そして母親はスーパーマーケットで働いているそうで、コロナ禍で感染が心配で仕事を休んで欲しいと伝えましたが、休むわけにはいかないと働いていたのだそう。

 

一般的によくある普通のご家庭で育ったようですが、人並外れた感受性や表現力のある大人に育ちましたね。

 

 

大学は?

 

始めの方で学歴についてお伝えしていますが、大学については記載がありません。

 

調べてみますと、大学へは進学せず、音楽活動を続け、2016年には自伝的小説「祐介」を発表し、2020年には「母影」が芥川賞候補作品となるなど、音楽とはまた別の物書きとしての才能も発揮されています。

 

そのうち、俳優などさらにマルチな活躍を見せて欲しいですね。

今回はここまでです。
これからも、尾崎世界観さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)