大方斐紗子レペゼンとは?若い頃画像!NHKでは?旦那や息子は?

女優

女優として活躍の大方斐紗子(おおかたひさこ 旧姓:内山)さん。

 

1939年生まれで、出身地は福島県。

 

 

学歴は福島県立福島女子高校(現在の福島県立橘高校)を卒業。

 

お芝居や演劇が好きだったということで、高校時代は演劇部に所属。

 

高校卒業後、俳優を目指し上京。

 

父親に将来俳優として活躍したいと伝えると反対されると思ったそうですが…

 

「人は本当にやりたいことをやるためにはどんな努力でもするものだ。私が生きているうちは応援する」といわれたそうです。

 

当時としては、かなり理解のある、素敵な父親ですね。

 

そして当時からかなり難関といわれていた「劇団俳優座」の付属養成所の試験に見事合格し、3年間学びました。

 

次に「青年座」に入団、その後フリーとして活躍し、垣根なく国内外の演出家の作品に数多く出演。

 

舞台初主演作は2007年の「ハロルドとモード」でした。

 

大方斐紗子さんの年齢が68歳となる年に、舞台初主演作にであったなんて、なんだかすごいエピソードですね。

 

 

大方斐紗子レペゼンとは?

 

レペゼン」とは、2020年12月末に解散した「レペゼン地球」という名のDJグループです。

 

 

そして2021年元旦、「Candy Foxx」という新プロジェクトで「世界一のエンターテインメント」を目指すとして始動。

 

1stシングル「GOSHI GOSHI」をリリースし、このMVに大方斐紗子さんが登場しています。

 

 

Youtubeで公開したところ、4日ほどで1000万回再生を突破するという注目度を集めました。

 

大方斐紗子さん、本当にどんなお仕事も引き受けるんだなぁ~と感じる作品です(笑)。

 

大方斐紗子さんのキレッキレの動きや「GOSHI GOSHIダンス」ぜひご覧くださいね。

 

 

若い頃画像!

 

芸歴はゆうに60年は超える大方斐紗子さん。

 

若い頃の活躍の画像、どのくらい見られるでしょうか?

 

では、ご覧ください。

 

大方斐紗子さんの若い頃画像!←こちらから。

 

「愛の賛歌」を歌う画像などもみられましたが、大方斐紗子さんは女優として活躍の他に歌手活動もされています。

 

2017年に公開されたディズニー映画「リメンバー・ミー」に登場した、ひいおばあちゃん「ママ・ココ」の声を担当。

 

「あぁ、あの歌声は大方斐紗子さんなの!?」と驚く方も多かったよう。

 

映画後半の歌声に多くの人が感動し、涙しましたね。

 

フランスのシャンソン歌手「エディット・ピアフ」の歌に女優としてつらい時期に心を支えられ、強いあこがれから、大方斐紗子さんは40歳代半ばの頃、渡仏。

 

パリ・モンマルトルで、「エディット・ピアフ」の曲を日本語に訳した曲を歌い、シャンソンの本場で拍手喝采をうけたそうです。

 

 

80歳となる年に行われた「エディット・ピアフに捧ぐ」のコンサートを見た方の感想には「まるでエディット・ピアフが憑りついているようだ。」と絶賛。

 

演技でも歌でも多くのファンを魅了されているのですね。

 

<ads by Rakuten>

 

NHKでは?

 

 大方斐紗子さんの名前を検索すると「NHK」という関連ワードが出てきます。

 

NHKだけでもかなりの出演作品があり、どの作品の大方斐紗子さんが注目されているのかよくわからないほどです。

 

NHKのテレビドラマの登場をさかのぼると、1978年に放送された「その町を消せ!」という作品に中学二年生の主人公の母親役で登場しているのが一番古いドラマのようです。

 

大方斐紗子さんの評価としては、「圧倒的な存在感」「短い出演時間でもインパクトある」「作品に安心感・安定感がでる」「すごい」というワードがよく見られます。

 

本当に名女優ですよね。

 

 

旦那や息子は?

 

大方斐紗子さん、旧姓は内山さんということから、ご結婚されていることは間違いないのですが、いつ頃結婚されたのかは不明です。

 

旦那様もどんなお仕事をされている方なのか、出会いなどなれそめも不明。

 

息子というキーワードも見られ、大方斐紗子さんの過去のインタビュー記事に息子の授業参観へ行った話がみられたので、確かにいらっしゃるようです。

 

記事の後半には「息子も今は同じ道を歩んでいる…」と、答えていらっしゃるのですが、息子さんがどなたなのかたどり着くことができませんでした。

 

 

旦那や息子にはたどり着けませんでしたが、父親が大方斐紗子さんのいとこという方のツイートがありました。

 

素敵なご親戚がいて本当にうらやましいです。

今回はここまでです。
これからも、大方斐紗子さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)