平沢勝栄復興相で初入閣!息子は?安倍晋三の家庭教師?事務所や秘書は?

政治家・財界人・実業家

政治家として活躍の平沢勝栄(ひらさわかつえい)氏。

 

1945年生まれで、出身地は岐阜県大野郡白川村です。

 

 

生まれは岐阜県ですが、幼稚園~小学校2年生までは群馬県前橋市にある城南幼稚園、城南小学校に通っていました。

 

その後、福島県へお引越しし、安達町(現在の二本松市)にある油井小学校・中学校を卒業しました。

 

中学時代はバレーボール部に所属していたそうです。

 

高校は、二本松市にある自宅からは学区外でしたが、県内有数の進学校であった福島県立福島高校へ進学し、片道一時間半をかけて通学、卒業されています。

 

高校時代は特別待遇奨学生に選ばれ、月額3000円を受け取り、学校までの定期券代や学習参考書などを購入していたそうです。

 

そして大学は、東京大学法学部を卒業。

 

卒業後、警視庁に入庁されました。

 

警視庁時代は皇宮警察やイギリス大使館へ赴任し、一等書記官を務めるなどで様々な経験をされたそうです。

 

1971年人事院の長期留学制度を利用しアメリカ留学しています。

 

ということで平沢勝栄氏は英語が堪能。

 

さて、平沢氏が議員になったきっかけですが、イギリス大使館に赴任している頃に後藤田正晴氏がイギリス・ロンドンを訪れ、平沢氏はイギリスの経済や政治など後藤田氏に説明したそうです。

 

その縁で帰国後、当時内閣官房長官を務めていた後藤田正晴氏の秘書官となっています。

 

後藤田氏はイギリスを訪問した時に、平沢氏の日本語は福島訛りがあるが、英語の方は堪能だったことから印象深かったそうです。

 

お国言葉も日本文化の一つ。

 

しっかりと標準語に直すことなく、方言も大切にしたいですね。

 

 

 

平沢勝栄大臣復興相で初入閣!

 

2020年の菅義偉総理大臣誕生で、とうとう初入閣するという声が多く聞かれていました。

 

満を持しての復興相として初入閣を果たしてます。

 

堪能な英語を生かして、福島や熊本、そして北海道など震災や台風被害を受けた地域の特産品を海外へアピールしてもらいたいものです。

 

いまだ傷跡残る被災地の住民や地域の早い復興を願うばかりです。

 

活躍を期待しております。

 

 

息子は?

 

平沢勝栄氏自身は世襲議員ではありませんが、地盤を引き継ぐ次世代の息子か娘は、いるのでしょうか?

 

子供は息子さんがいらっしゃるようで、医師としてお仕事をされているそうです。

 

娘さんについては、いらっしゃると伝えている記事も見られますが、確証に至りませんでした。

 

<ads by Rakuten>

 

安倍晋三の家庭教師?

 

平沢勝栄氏は、二年ほど、安倍晋三氏の家庭教師を務めていました。

 

平沢勝栄氏が東大に入りたての頃、生活費を稼ぐために様々なバイトをしました。

 

当時の家庭教師代の相場は、週に一回で三千円、週二回で六千円ぐらいだったそうです。

 

しかし安倍家は「週三回で九千円」という破格の金額だったそうで、他のバイトよりも厚遇という内容だったので、平沼氏は飛びつくように応募。

 

後に、安倍晋三氏は平沢氏が家庭教師じゃなかったら東大に入っていたといい、それに対し平沢氏は私が教えてなかったら今頃網走刑務所だったとジョークをとばしています。

 

仲が良いのですね。

 

 

事務所や秘書は?

 

平沢勝栄氏の事務所は都内に3か所あります。

 

議員会館内と、葛飾区と江戸川区にあります。

 

秘書についてですが、第一秘書として奥様が務めていらっしゃるそうです。

 

有能な奥様なのですね。

 

今回はここまでです。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)