相島一之の病気はガン!嫁と子供は?似てる俳優とは?ツイッターは?

俳優として活躍の相島一之さん。

立教大学在学中にかつては野際陽子さんも在団していたという「劇団テアトルジュンヌ」入団。

俳優プラス、脚本にもチャレンジしていたそうです。

1987年から1994年まで「東京サンシャインボーイズ」に所属。

そして現在の活躍にいたります。

では、本題です。

相島一之病気は希少ガン

相島一之さんは自身の年齢が47歳となる、2008年にガンであることがわかりました。

しかもそのガンは日本で年間の推計患者数が1000~1500人という希少がんの「GIST(ジスト・消化管間質腫瘍)」という病気。

2008年1月に血便に気付き、「痔」かな?と思い始めは痔の専門病院に受診しました。

しかし、ドクターにこれは痔ではなくやっかいな病気だと診断され、NTT東日本関東病院へ転院したところ、直腸にガンを発見。

しかも、腫瘍の大きさは直径10cmにもなっていたのだそうです。

「GIST」という病気は胃や腸の表面ではなく筋肉の部分ににできるため、自覚症状が出にくく、発見が遅れやすい病気なのだそうです。

相島さんの腫瘍は野球ボールくらいになっていたそうですが気づかず、最悪の場合、骨盤内を全摘しなければならないと伝えられたそうです。

「GIST」には「グリベック」という抗がん剤が特効薬という説明を受けましたが、当院では対応していないという事で「がん研有明病院」へ、さらに転院しました。

運よく「グリベック」が効果を表し腫瘍が4cmと小さくなったので、同年8月に手術することになりました。

腫瘍と直腸、肛門の筋肉の約4分の1を6時間かけて摘出という大手術が無事に成功。

治療中はもう俳優業にもどれないかも?と思ったこともあったそうですが、浸潤なく転移もなしということで、現在の活躍に至っています。

大病をしたことで、これまでやってみたいと思っていたバンド活動や落語を始めるきっかけとなりました。

2010年から「相島一之 & The Blues Jumpers(ザ・ブルース・ジャンパーズ)」というバンドを組んで活動されています。

今後も幅広い活躍を期待したいですね。

はどんな人?

相島さんは45歳の頃に、9歳年下の奥様と結婚されました。

若い頃はあまり結婚願望がなかったそうで、自身の父親が41歳の頃に結婚していたことから40歳位から結婚を考え始めたそうです。

そのタイミングで、現在の奥様に再会しました。

奥様は劇団「東京サンシャインボーイズ」の制作を担当していた人物。

劇団が1994年に解散してからしばらく会うことがなかったそうですが、久々に出会うととっても美しかったことに気づき、交際を申し込んだそうです。

それから5年ほどの交際期間を経て、結婚。

奥様は、脚本家、演出家の福島三郎さんのマネージメントの仕事をされているそうです。

福島三郎さんは、1995年まで東京サンシャインボーイズに所属していたというので、そのつながりなんでしょうね。

しかし、結婚から2年後に先ほどお伝えしたガンの一種の「GIST」であることがわかりました。

大手術後、様々なことを思い悩んでいた相島さんの大きな支えとなったのは奥様でした。

術部から小腸がピョコっと出ているのを見て奥様は「なんか、カワイイね」「チョウさん、元気?」と声を掛けと話したそうです。

とにかく、笑い・笑顔を絶やさず、献身的に付き添ってくれたことで、本当に心が救われたと当時の心境を振り返るコメントが見られます。

<Ads by Rakuten>

子供は?

ガンとの闘病後の2年目に長男が誕生しています。

そして、相島さんが52歳のと時には長女が誕生。

一男一女の子供の父親となっております。

結婚前は、子供がいる知人から「子供の為なら命も惜しまない」という話を聞いて、そんな馬鹿な~と思っていたのですが…

我が子を授かってからは、その気持ちがわかる!そうで、観覧車に乗った時には落ちても体を張って子供を守る!とか、その場その場で子供の命を救うことを考えてしまうそうです。

どっぷり親バカっぷりを発揮されているようですね。

→次ページ 似てる俳優とは?ツイッターやブログはあるの? についてです。

error: Content is protected !!