丸川珠代の夫と子供は?何が嫌い?目のほくろが消えた?実家は?

政治家として活躍の丸川珠代氏。

出身地は兵庫県神戸市ですが、選挙区は東京都から出馬されています。

前職は、テレビ朝日でアナウンサーをされていました。

女子アナ時代は、朝の報道番組から、「朝まで生テレビ」や、「TVタックル」など朝から晩まで、メディア出演されるほどの人気ぶりでした。

では、今回の話題です。

まずはじめに、「丸川珠代子供は?」についてです。

丸川珠代氏のというと、同じく自民党党員の大塚拓氏です。

丸川姓は、旧姓なので、戸籍上は「大塚珠代」ということです。

大塚拓氏というと、あの「ハッシュパピー」ブランドでおなじみの「大塚製靴株式会社」の御曹司として育った方です。

この件に関して、大塚氏は「父方のご実家が営んでいた」という表現をされています。

調べたところ、現在の大塚製靴の代表は、山田晋右氏となっています。

次男(拓氏の伯父)がご実家を継いだということですが、子供は娘一人であったため、娘婿が現在の社長を務めています。

拓氏のお父さんは三男で、大塚製靴会長職を務めた経歴も見られますが、他にも三菱電機および、三菱のスペースソフトウェア―の職歴も見られます。

今回は丸川氏に焦点を当てていますので、夫の話はこのくらいで切り上げます。

そして子供は2017年現在、男の子が一人。

2012年に誕生しています。

息子が引き継ぐ地盤は、父親の衆議院の席かそれとも母親の参議院の席なのでしょうか?

40代ぐらいの政治家が、自身の子供の未来を思って、本気で政治に取り組んでくれれば…と願うところです。

が、自分たちの子供の未来が安泰なら、志はあっても「ま、いっか。」と金権大好き年寄り政治家に巻かれてしまうのかな?

続いての話題は「何が嫌い?」についてです。

丸川氏について、なにかしら「嫌い」と思う部分があるようです。

一つ目は「発言が嫌い」というもの。

ヤジ将軍と呼ばれるほど、あれこれいうので嫌われているようです。

過去には、「愚か者!」と叫び、後日「愚か者Tシャツ」が販売されました。

他に、時の首相であった鳩山由紀夫氏に「ルーピー!」と叫んだこともありました。

後日、鳩山夫妻をモデルをしたといわれる「ルーピーTシャツ」が販売。

このTシャツ販売当時は、海を渡ったアメリカでも注目をあつめていたそうです。

多少なりとも、丸川氏のヤジは経済効果があったといえるのかもしれませんね(笑)。

丸川氏について他にも「嫌い」といわれていることの一つに「キツネ顔」というのも見られました。

人の顔は人それぞれ好みがあるので、これ以上深く掘り下げませんね。

最後にもう一つ、2017年現在、東京都知事を務める小池百合子氏が、丸川氏は嫌いと思っているのでは?という話です。

2人の共通のお仕事というと、2020年に開催される「東京オリンピック」。

丸川氏はこの競技大会の担当大臣を務めています。

小池百合子氏が都知事選を戦う際、自民党の公式公認を待たずに立候補。

自民党は小池氏の対立候補として増田寛也氏を立候補させました。

小池氏は丸川氏に対し、同じキャスター出身ということもあり、丸川氏の選挙戦には応援演説に伺うこともありました。

丸川氏が大手製薬会社の社長とのお付き合いが発覚し、報道陣が騒いだ時には、小池氏は「柳に風よ。」と慰めていたそうです。

しかし、小池氏が都知事に立候補した時には、増田寛也氏の応援演説時に小池氏に対して痛烈な批判をしています。

で、結局小池氏が都知事となったさいには、手のひらをかえすように、媚びを売り始めたそうです。

ま、私でも嫌っちゃうかな、この行動。

小池氏にこれまで良くしてもらったんですから、せめて増田氏の応援演説控えればよかったのに・・・。

口から飛び出したものは戻せません、口は禍の元ですから、発言にもう少し気を付けてもらいたいですね。

人間、40歳も過ぎると、生き方が多少なりとも人相に現れると思います。

生き方が「キツネ顔」を作り上げたのかな??

<Ads by Rakuten>

続いては、「目のほくろが消えた?」についてです。

丸川氏、若い頃には泣きほくろありましたよね。

最近の画像を拝見すると、このチャームポイントともいえる泣きホクロがみあたりません。

色々と探したのですが、ほくろ除去したというような本人のコメントは見つかりませんでした。

もしかすると、皮膚がんなど病気の可能性が高まったから除去したのか、年齢的にお化粧が厚塗りとなったため、見えなくなっちゃったのかのどちらかでしょう(笑)。

ホクロあってもなくてもさほど、政治に差し障りはないので、この話題はこの辺で。

続いては、実家は?についてです。

丸川氏のご実家は、はじめにお伝えした通り兵庫県神戸市にあります。

ご両親は医者で、実家は耳鼻科として開業していたそうです。

しかし、開業していたのは母親。

両親は丸川氏が6歳の頃に離婚。

まだ幼い子供のそばに、できる限り一緒にいたいと想ってか、母親は勤務医を辞め、開業医となったようです。

お父さんの方は、医療センターのセンター長を任されるようなインテリドクター。

ちなみに丸川氏には妹がおり、アメリカの大手複合企業である「ゼネラル・エレクトリック」のエンジニアとして活躍されているのだそうです。

とてもクレバーなご一家。

親からも引き継いでいるであろう才能をしっかり国民のために発揮してもらいたいものです。

今回はここまでです。

これからも、丸川珠代さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!