木村多江の初主演は悪女役!旦那と子供は?実家は?離婚の噂?

2019年3月30日女優

女優として活躍の木村多江さん。

 

幸薄い役が天下一品」という、褒められているようなどこか素直に喜べないような評価があります。

 

実際の人生においても、21歳の頃に父親が急逝(享年49歳)。

 

バイトを3つも掛け持ちし、睡眠時間1~2時間という過酷な状況下で家系を支えた時期がありました。

 

苦労を乗り越えてきたからこそ、芯に迫る演技ができるのでしょうね。

 

 

 

 

では、本題です。

 

木村多江の初主演悪女役!

 

2017年木村多江さんが悪女役で初主演との見出しの記事を見つけました。

 

「あれ?過去にも木村さんの主演作あったよな~」と思いましたら、民放の連続ドラマとしては初主演だったのですね。

 

数多くのドラマに出演されていたので、今回が初主演だったとは驚きました。

 

ちなみに過去の主演作というと、

 

2005年フジテレビ系列で放送の

金曜エンタテイメント  「蓮丈那智フィールドファイルI (凶笑面)」の蓮丈那智 役

 

2008年NHKで放送の「上海タイフーン」の野村美鈴 役

 

2013年WOWOWで放送の「石蕗南地区の放火」の前田笙子 役

 

そして、映画では

2008年公開の「ぐるりのこと」の佐藤翔子 役

 

2010年に公開の「東京島」の清子 役 です。

 

木村さんの代表作の一つに「リング」の貞子役がありましたが、貞子は主演ではなかったのですね。

 

作品中の印象深さからすると、主役級なのですが・・・(笑)。

 

2017年10月、日本テレビ系列で放送のドラマ「ブラックリベンジ」で、敏腕記者の今宮沙織(本名:寺田美幸)として登場。

 

あらすじとしては、沙織の夫は、身に覚えのないスキャンダルをねつ造され、精神的に追い詰められたことで自ら命をたちました。

 

夫が書いた遺書にあった人物を、スピード感のある展開で次々と追い詰めていく「痛快な復讐劇」なんだそうです。

 

放送時間は23:59~ということですので、秋の夜長に悪女役の木村さんの主演作品にどっぷりはまってしまいそうです。

 

 

 

 

旦那子供は?

 

木村さんは2005年に結婚。

 

旦那様は大手広告代理店にお勤めの一般人なのだそうです。

 

結婚に至るまでの爆笑エピソードとして、当初旦那様に交際を申し込まれたとき、断るつもりだったのに、なぜか「私でいいですか!?」といってしまったそう。

 

まさかの返事ミス・・・(笑)。

 

こんな出会いも、運命だったのですね。

 

後は、旦那様の熱烈アプローチにより、木村さんが34歳となる年に結婚となりました。

 

そして、子供についてですが2008年に長女が誕生しています。

 

妊娠がわかった時は、大奥を降板、上海タイフーンの撮影を一時中断せざるを得なくなった事を謝罪しています。

 

2017年には女優の武井咲さんが「授かり婚」を発表。

 

これに対し、「出演CMやドラマ・映画の降板などの違約金が10億にのぼるのでは?」という記事も当初見られました。

 

しかし、実際にはJTBや資生堂など武井さんに祝福を表明しており、全体的に祝福ムード。

 

子供を授かるということは、奇跡の一つです。

 

特に少子化の進む日本ですから、子供の誕生は祝福ムードで温かく見守りたいですね。

 

 

<ads by Rakuten>

 

 

実家は?

 

記事の始めに、父親の急逝によりバイトを3つ掛け持ちしていたことをお伝えしましたが、木村さんの学歴を見ると、かなりお嬢様育ちだった感じを受けます。

 

Wikiには昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業と、大学のみの記載となっています。

 

小学~高校は一貫教育の白百合学園を卒業されているそうですから、やはりお嬢様なのは間違いありません。

 

色々調べましたが、家業を営んでいるようなご実家だったのか、他のお仕事にお父様がついてたのかは確証に至りませんでした。

 

お父様がなくなられた当時は、弟がまだ学生ということで、出費がかさむ状況だったそうです。

 

自分の身を削っても、何とか大切な弟を学校卒業させたいという強い信念があったのですね。

 

 

 

 

離婚の噂?

 

2010年頃、木村さんが離婚との噂が沸き起こりました。

 

もちろん、2017年現在も離婚という話はアリマセン。

 

誤った情報の原因はなんとWikipedia。

 

Wiki編集者の一人が、2010年頃に2009年に離婚と雑誌の来歴にあると加筆。

 

後日、別の方の話だったと、離婚の話は否定し、お詫びとともに訂正されています。

 

プライベートでは、ご主人が娘さんのお弁当をつくった事もあるなんて温かなエピソードも見られます。

 

変わりなく、旦那様の愛に支えられての女優活動のようですね。

 

今回はここまでです。

これからも、木村多江さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!