中島みゆきの年齢と結婚は?父親と弟の職業は?糸の魅力?縁会って?

その独特な歌声と人々を感動へと誘う楽曲が有名なシンガーソングライターの中島みゆきさん。

1

ラジオのパーソナリティーとしても有名ですよね。

歌声とラジオで話すときの声の高さにかなりのギャップがあります。

低めのトーンで深く広がっていくような歌声と、ラジオのトークでは、とても高めの声でお話されます。

では、はじめに中島みゆきさんの年齢結婚は?についてです。

中島さんの年齢は1952年2月23日生まれの現在62歳。

とても60代には見えません!お若いです。

芸能人、歌手の皆さんってやはり人前に出るお仕事ですから年齢を感じさせず、いつまでも若さを維持できるのでしょうかね?

羨ましいです(笑)。

そんな中島みゆきさんですが、一度も結婚はしていないようですね。

過去にはやはり同じシンガーソングライターの松山千春さんとお付き合いしていた?なんて噂もあったようですが、真意の程は定かではありません。

以前、中島さんがテレビ番組に出演した時に「チャンスを逃した」なんて自身で発言してるようですから、過去には当然そういう結婚に結びつきそうな出会いもあったのでしょうね。

お相手はどなただったのでしょう。

数ある、中島さんの歌の中にはご自身の経験を歌ったものもあるのかもしれませんね。

続いては、父親職業は?についてです。

中島さんの父親職業はお医者さんでした。

自ら開業医として産婦人科を営んでいたそうです。

地元では「赤ひげ先生」として親しまれていたようです。

中島さんは1975年に日本武道館で開かれた世界歌謡祭に出演して「時代」という曲を歌うんですが、その時に父親は病に倒れていたそうです。

50代前半で亡くなっています。

さんですが、やはり職業はお医者さんで外科医だそうです。

人生半ばで亡くなられた父親の意志を、ある意味でさんは継いだ形になるんでしょうか。

中島さんは現在、その弟さん夫婦と協力して全員で同居しながらお母様の介護をしているらしいです。

介護は大変かと思いますが、家族に囲まれた温かな生活をされているのですね。

<Ads by Rakuten>

続いての魅力?に関してです。

 中島さんを良くご存知ない方には「って何?」と思われるかも知れませんね。

1998年に発売された両A面シングルのうちのひとつが「」という曲です。

この両A面シングルの2曲は、1998年にTBS系列で放送のテレビドラマ「聖者の行進」に使われています。

その魅力に関してはファンの方なら良くご存知かと思いますが名曲ですね。

その証拠に現在でも様々なアーティストの方がこの曲をカバーして歌っています。

中島さんは他のアーティストさんへの楽曲提供も多いですよね。

ちなみに個人的には「世情」という曲が好きです(笑)。

中島さんの曲が、その時の心を慰めてくれたり、支えとなっている方も多いことでしょうね。

続いては、縁会って何?についてです。

縁会とは、「えんかい」と読むのですが、2012年10月から2013年2月に行われたコンサートツアーのタイトル、それが縁会と名うたれています。

2

このコンサートの模様は2014年にライブアルバムとDVDで発売されています。

是非、チェックしてみて下さいね。

ちなみに、同じ「会」ということで、1989年から中島さんはライフワークともいえる「夜会(やかい)」という演劇とコンサートを融合した舞台を上演されていますね。

現在でも不定期ですが上演されてるようですよ。

チケットは毎回完売で入手困難なプレミア度の高い舞台となっています。

ファンなら一度は拝見したい、夢の舞台ですね。

まだまだ中島みゆきさんの活躍は続きます!

では、今回はここまでです。

次の記事をお楽しみに!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!