佐々木莉佳子可愛くない?劣化?母と姉は?ハーフなの?水着画像!

2017年10月10日

アイドル歌手、女優として活躍中の佐々木莉佳子(ささき りかこ)さん。

 

 

3

 

 

デビューのきっかけは、2011年3月に起こった東日本大震災。

 

 

宮城県気仙沼市に住んでいた佐々木莉佳子さんも、自宅兼、父親の経営する「水産会社」を流されるという被害に遭いました。

 

 

多くの人が、多くの事を失う、日本並びに世界が悲しみに包まれた大規模災害。

 

 

被災当時9歳だった佐々木莉佳子さんも、ショックでふさぎ込む毎日だったそうです。

 

 

父親が、莉佳子さんの気持ちを奮い立たせる何かをと考え、気仙沼ローカルアイドル『SCK45(後に「SCK GIRLS」と改名)』のオーディションへ応募。

 

 

見事合格し、しかもグループのセンターとして活躍していました。

 

 

2

 

 

2014年には、ティーン誌「ピチレモン」の専属モデルのオーディションで、応募総数約1万人の中から、見事グランプリを獲得しました。

 

 

同年には、元AKB48でセンターを競っていたほど人気のある、前田敦子さんと大島優子さんと肩を並べるほどの美少女が登場したと注目を集めました。

 

 

2015年は、女優業のお仕事も増えるでしょうか?

 

 

期待の注目美少女です。

 

<ads by google>

 

では、本題です。

 

 

佐々木莉佳子可愛くない劣化?についてです。

 

 

2015年1月現在、「佐々木莉佳子」と検索すると、なぜか出てくる検索ワードが「可愛くない」。

 

 

これほどかわいい子の名前が、なぜこんなワードと合わせて多く検索されているのでしょうか?

 

 

調べてみますと、どうやら佐々木さんのコメントに「可愛くない」理由があるようです。

 

 

佐々木さんが、ピチレ学園入学の時は「オカルトやホラーなど怖いものが大好きです!」とコメント。

 

 

そして、つんく♂さん司会のハロプロ系メンバーが出演する番組で、「実は私〇〇なんです」というお題に、「お父さんのお風呂上がりの匂いが好き!」と答えています。

 

 

確かにどちらも、見た目の可愛さからすると、ビミョ~な発言でしょうか(笑)。

 

 

アイドルとして「右にならえ」で、可愛いものが好き!と発言してしまうよりは、個性があるので、その方が芸能界で長く活躍できるのかもしれませんね。

 

 

<ads by google>

 

 

そして、「劣化」画像を探してみました。

 

 

それはこちら!

 

 

3

 

 

 

いやいや、これは劣化ではなく、変顔!

 

 

佐々木さんの劣化画像を探しても、本当に見当たりません。

(よければ↑クリックしてみてくださいね)

 

 

なぜ、このワードで検索されているのかは、まったく不明でした。

 

<ads by Rakuten>

 

 

続いては、は?についてです。

 

 

2013年の3月末より、莉佳子さんは、ハロプロ研修生に加入。

 

 

それまでは気仙沼から週末に上京しレッスンを受けていましたが、同年4月より母親とともに、東京で暮らしているそうです。

 

 

父親は自身の経営する水産会社があるので、気仙沼から娘の活躍を応援しているのでしょう。

 

 

水産会社の再建に父親も奮闘されていることでしょう。

 

 

 莉佳子さんには、お兄様も一人いらっしゃるので、父親とともに気仙沼で応援しているのでしょうか?

 

 

 父も娘もお互いの頑張りが、良い刺激になり、励みにもなりますね。

 

<ads by google>

 

続いては、ハーフなの?についてです。

 

 

佐々木さんの父親は日本人、母親がフィリピン人のハーフです。

 

 

11

 

 

 

日本とフィリピンが生んだ、奇跡のハーフ美少女ですね。

 

 

 

続いては、水着画像!についてです。

 

 

多くの方が、美少女の水着画像をお探しのようです(笑)。

 

 

が、さすがにまだ水着画像は見当たりませんでした。

 

 

 2014年に中学生になったばかりです。

 

これから、ローティーン中心のファッションリーダーとしても、注目を集めそうですね。

 

今回はここまでです。

これからも、佐々木莉佳子さんの活躍を期待しています。

次の記事もおたのしみに!