赤木野々花アナ不愉快慢心醜い?全身画像!結婚は?サイズ・タオル回し?

アナウンサー

アナウンサーとして活躍の赤木野々花アナ。

 

1990年生まれで、出身地は岡山県岡山市。

 

 

学歴は、岡山市立京山中学校、岡山県立岡山城東高校、慶應義塾大学総合政策学部を卒業されています。

 

母親が弦楽器のビオラ奏者だった影響か、元々は演奏家を目指していたそうで、学生時代には岡山市のジュニアオーケストラに所属し、ハープを担当されていました。

 

 

特技のハープはなんとアイリッシュハープを3歳から、グランドハープを小学生から習っていたそうです。

 

赤木野々花アナがハープを始めたきっかけは、母親がハープ奏者にあこがれを抱いていたことと言われています。

 

大学3年の頃にアナウンサーになりたいと思いはじめましたが、今から学んでも語彙力が足りるのか、間に合うのか不安だったそうです。

 

夢は叶い、2013年にNHKに入局し、初任地は徳島放送局でした。

 

2015年4月より大阪放送局へ異動し、2017年から東京アナウンス室に異動し、現在に至ります。

 

努力家ですね。

 

 

赤木野々花アナ不愉快・慢心・醜い?

 

赤木野々花アナの名前を検索すると「不愉快・慢心・醜い」というかなりネガティブな関連ワードが見られます。

 

一体、赤木野々花アナのどういったことに、この3つのネガティブワードが関連しているのでしょうか?

 

色々調べてみますと、「不愉快」や「慢心」といったワードは、アンチが掲示板やツイートしている内容からきているようです。

 

アイドル同様に、女子アナも「推しアナ」をお持ちの方がいるようで、その方が出演している番組を降り、新しい女子アナに交代すると、

 

降板したアナの「推し」達が交代したアナに対して「口撃」(!?)を仕掛けることがあるようです。

 

そして、「醜い」というキーワードについても、上記のような理由もあるようですが、文字が醜い(「見にくい」の誤字?)ということをツイートされている方がいました。

 

 

女性的ですが、力強い素敵な文字ですよね。

 

人気の女子アナは光り輝くぶん、どうしても影ができてしまうものなのでしょうね。

 

 

全身画像!

 

スタイル抜群の赤木野々花アナですが、やはり全身画像について注目を集めています。

 

では、ご覧ください。

 

 

 

まだまだ物足りない方は、赤木野々花アナの全身画像←こちらからどうぞ。

 

<ads by Rakuten>

 

結婚は?

 

別名「フェロモン女子アナ」という赤木野々花アナ。

 

普通にリポートしていても、「艶っぽい~」と言われます。

 

1990年生まれですので、アラサーとなりました。

 

おせっかいな話ですが、そろそろ結婚の話が気になりますが、これまで熱愛話、あったのでしょうか?

 

いろいろ探しましたが、さすがお堅いNHKを選んだ赤木さん、彼氏の影や交際話、掲示板などにも見つかりませんでした。

 

でも、そろそろいいお話、ありそうな予感…(笑)。

 

わかり次第追記しますね~。

 

 

サイズ・タオル回し?

 

赤木野々花さんの関連ワードに「サイズ」と「タオル回し」というキーワードが見られます。

 

どちらも赤木野々花さんの抜群のスタイルに関係するワードのようです。

 

サイズについてですが、身長は158とやや小柄ながらバストはEカップなのだそうです。

 

2020年に放送されたNHKの歌番組「うたコン」で放送事故級と後にいわれてしまった話が「タオル回し」。

 

当日の衣装は体にぴったりとしたピンクのワンピース。

 

湘南乃風の曲が流れた際に、お決まりの「タオル回し」を赤木野々花さんが始めたのだそう。

 

コロナ禍のため、無観客で行うため、少しでも盛り上げようと思ったのか全力で「タオル回し」をおこなったところ、やや激しい動きとなってしまったようで、くぎ付けになってしまった視聴者もいたのでは?

 

NHKでフェロモン女子アナTOPともいえる赤木野々花さん。

 

いろいろな面で注目度をあげていますね。

今回はここまでです。
これからも、赤木野々花さんの活躍を期待しています。
次の記事もおたのしみに!

記事のポチっと拡散感謝です~(*´ω`*)